戻る
200412 いわた
2002 12
2003 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 最近

つぶやき→rakugakiboxをフォローしましょう  撮影した写真とか→Picasa , Figure , Instagram  ついろぐ→  Google+→  インタビュー→

拍手のお約束
  • メッセージの文字数は最大160(半角320)です。
  • 文字数の足らない場合は何回かに分けて送って頂ければ、こちらで結合してレスします。
  • 改行は出来ません。
  • 名前の入力の必要はありませんが、書いて頂けると嬉しさ倍増です。
  • レスには、名前は出しません。

  • 2004年12月31日(金) - マツケンサンバでシメ - 

    ちゅーわけで2004年も終わり。

    今年はね、色々あったよ。公私ともに。全部ここで書けんけど。まぁいくつか挙げると、

    ・ねこみみもーど
    ・くじら
    ・ToHeart2
    ・なんこつ

    いや、そんなんどっちかってーとどうでもいい事やし(しかも年末に集中してるし)。

    まぁこのHPに関係深いところとしては、ワンフェスディーラーとしての「らくがき塗料箱」が無くなったことですかね。活動体制の見直し。これは私にとっては大きな事。

    で、今年も原型いじりつつ紅白を見るという、いつも通りの大晦日を過ごす。しかし原型全然進まんわ。なんかいじってもいじってもなかなか納得出来なくてさ。完成が見えん。

    あと、なんとなく2ちゃんのTV実況板で紅白のスレを見てたんだけど、

     ○○キタ──!!
     マツケンマダ〜?

    の2つだけでものすごいスピードでスレが進んでいくのに笑ってしまった。

    私もマツケンを楽しみにしていた1人ですがね。ちゃんと4分割とかやってくれるところ、NHKもちゃんと勉強してるなぁ。と感心してしまったよ。しかしこの紅白で初めてマツケンサンバを見た人はどう思ったかな。

    私としては後藤真希&松浦亜弥のバックダンサーの子が全員キュアホワイトに見えて仕方がなかったのだが、どうかね。白い服に水色のフリフリ付けてたらそうだろう。着てる子達の年代からしても。まぁどうでもいいけど。

    さ、今年は朝まで生テレビとか見ずにさっさと寝よう。

    あ、それと今年の年越しそばもどん兵衛だったよ。柚原このみの「却下であります」が聞こえてきそうだったよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月30日(木) - こまき - 

       _ ∩
    ( ゚∀゚)彡 委員長!委員長!
     ⊂彡

       _ ∩
    ( ゚∀゚)彡 こまき!こまき!
     ⊂彡

       _ ∩
    ( ゚∀゚)彡 まなか!まなか!
     ⊂彡

    小牧愛佳、感動のエンディングでございます。

    ヤバイよ!ヤバすぎだよ!久しぶりだよ!ゲームやってこんなに悶えるのは!

    「萌え」を通り越して「悶え」だ!コノヤロー。今日1日ToHeart2のプレイだけで終わっちゃったぞコノヤロー。原型なんも進んでねーよコノヤロー。ご飯食わずに手元の菓子だけで食いつないじゃったじゃないかコノヤロー。

    この小牧愛佳への悶え愛をどうしてくれる!このまま昇天させてくれるのか?

    ヲイお前ら!ここ読んでるヤツ全員の義務だ。

     買 え !

    このゲームをやらずに死んじゃいけませんよ!年金払わなくてイイからこのゲームヤレ!(問題発言)


    -- まぁまぁ 落ち着いて --

    シナリオ的にはなんか映画みたいな終わり方で、ちょっと臭かった感があるが、コレがまたイイんだよね。結構共感出来る部分もあってさ。

    いろんな事に頑張るのは、本当はその人が頑張れる性格だからなんだけど、本人が頑張るためにはなんか理由が必要で、勝手に自分で理由を作っちゃってて、で、その作った理由が結構自己中心的な物だったりして、そのために自分は立派な人間なんかじゃないって思いこんじゃう。わかるなぁ。

    委員長は最後には自分の奉仕が報われて助かった。けど世の中、報われない奉仕の方が圧倒的に多い。けど、やっぱり本当にピンチになったとき助けてもらえるかどうかって言うのは、日頃の行いが物を言うのは本当だと思う。けど「もしもの為に人に恩を売っておけ」という考え方とは違うよ。

    その他にも、シナリオの中に色々と考えさせられる部分があった。全部はネタバレになるので書けないけどね。

    ちなみに私は、自分がオタクだっていう劣等感をはねのけるために、いろいろ役立とうと頑張っていたりするんですが...。皆さんが頑張る理由は何でしょう。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月29日(水) - 委員長 - 

       _ ∩
    ( ゚∀゚)彡 委員長!委員長!
     ⊂彡

    というわけで、ToHeart2進めております。むっはー、ヤバイっす。委員長、かわいすぎ。髪型とか後ろ側どうなってるのかすっげー気になるし。パーツ分割とか難しそうだ。

    2人だけの部屋があるあたりで、Hはここでやるんだな。と先読みしそうになるが、15禁なのでそれはないかと我に返る。

    今年いっぱいは原型のみでひきこもるつもりだったが、ときどき委員長で勘弁。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月28日(火) - TH2 - 

    昨日の忘年会の余韻も残りつつ。やる気のない仕事の時間が過ぎるのを待つ。

    仕事終了後は職場で軽くパーティ。まぁ、どこでもやっていることだろう。

    終了後、気の合う者同士で2次会へと繰り出すと言うのが普通だが、ここ5日くらいの出来事による疲労と思い出がそうさせない。まっすぐ家路に付く。

    昨日の晩に録っておいたビデオ(げんしけんとムスメット)を見つつ、眠くなるのを待つ...。

     今 日 は T o H e a r t 2 の 発 売 日 じ ゃ な い か

    忘れてたーっ!買わなきゃハドソン。でも近所で夜ゲームを売っているところ知らない。ダメ元で駅前のジャスコに行ってみたが、あるわけ無い。

    仕方ないので会社の最寄り駅のゲーム屋まで行く。1日に同じ道を2往復することほどの屈辱感はない。それは、自分の計画性のなさが生んだ結果なのだから。

    お店到着。えーっと、

    ・DX限定版
    ・初回限定版
    ・通常版

    ナニコレ?別に通常版で良いんだけど...。けどなんか、ここまで来て普通の物買って帰るのもシャクに障る。かといってDX限定版なんていう、いかにもメーカーに踊らされているっぽいのもシャクに障る。

    DX限定版はToHeart1のPS2版がついているらしい。イラネ。マジイラネ。今更1をやろうなんて思わないし、そういう、過去の栄光にすがりつこうとするのはナンかカッコ悪いぞ。

    でもまぁ愛の表現として限定版は買っておきたいところ(別に愛無いけど)。けど限定版て大抵そうだけど、無駄にパッケージがでかくて置き場所に困るんだよなぁ。パッケージの絵は通常版の方が好きだしな。でもまぁ見たところ大きさも同じみたいだし、パッケージの絵なんて雑誌でも手に入るさ。初回限定版を持ってレジへGo!

    店員「こちらでよろしいですか」

    でかっ!レジへ持っていったそれはダミーだった。店員が裏から持ってきたそれは通常版の4倍以上のパッケージ。しかし今更イヤとは言えない。ええ買いますとも。

    店員「9980円になります」

    って違うよ。それはDX限定版じゃん。って言ったら、通常版を持ってきて

    店員「コレですか?」
    いわ「イヤそれは通常版で、私が欲しいのは限定版」
    店員「じゃぁコレ?」
    いわ「イヤそれはDX限定版でね」
    店員「ではコレですか?」
    いわ「それは通常版」

    不毛の会話が続く。並んでいる後ろの客の視線がイタイ...。ま、商品が3種類あることを説明すれば早い。

    と言うわけで初回限定版を買って帰る。開封すると

    ・ToHeart2通常版そのもの(箱の中に箱)
    ・カレンダー(雑誌の付録で十分だ)
    ・設定資料集(説明書がでかくなっただけで書き下ろしとかない)
    ・サントラ(Leafってそんなに良い曲でもないし)
    ・段ボール(スペーサ)

    が入っていた。箱の裏にもう1本PS2のゲームが入るスペースがあったが、DX限定版はここにToHeart1は入るんだろうな。しかしToHeart2通常版そのものが入っていることから、限定版イラネと思ったら、付属品全部捨てれば完全に通常版になる。イイ仕様だ。ていうか、限定版余ったら回収して通常版として出荷し直せるっていう腹なのかなぁ。

    で、プレイ。

    PS2として開発されたこともあって、テンポが良くて快適に進むなぁ。演出もPCじゃ厳しいと思う処理もすんなりいくし。PS2にして正解かな。オープニングアニメも気合い入ってる(ときメモみたいだ)。

    特に、音声が付いている文章で、音声が終わらないウチに次の文章を表示させたとき、先の文章が表示されても音声が止まらないというのは、なかなかイイと思った。速く読みたいけど音声は全部聴きたいっていうユーザーの気持ちをよく分かってらっしゃる。処理的には、音声再生ルーチンをバックグラウンドにするだけの事で、そんなに難しい事じゃない。PCでも簡単に出来るハズだから、今後は当たり前の仕様になって欲しいものだ。

    で、

     委 員 長 キ タ ──────!!

    ツボにキタ。あとイラネ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月27日(月) - 忘年 - 

    仕事は14時で終了。その後市場に行ってカニを購入。実家に送って正月は自ら食うぞ。

    しかし今日は寒い。最高気温マイナスだ。マジで怒りたくなるくらい寒い。で、

    札幌 → 神戸
    -6℃ → 9℃

    空港での荷物チェック、なんこつが入っているだけに気が気でない。スパチュラ、いけるかと思って入れっぱなしにしたが、やっぱりダメ。引っかかった。けど、預けなくても良かったぞ。手荷物として持ち込めたよ。どうも空港によって基準が曖昧なようですなー。

    今回はB777に乗ったが、さすが最新鋭ですな。全席にある液晶モニタ、あれだけ数があると総電力がどれくらいなのか気になるなぁ。シートも心地良いし、今後は狙って乗ってみようかな。

    その後、神戸で同期の忘年会。盛り上がり。そして2次会も。…しょっぱかった。

    終電無くなってタクシーで帰宅。うー、23日からずっとまともに睡眠時間が取れてない。明日仕事納め。もうひとがんばり。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月26日(日) - ヒキコモリ健康法 - 

    明日出張だが、休日移動ってやつ。

    神戸 → 札幌
    11℃ → 0℃

    今まで空港の荷物チェックで引っ掛からなかったスパチュラ(ステンレス製粘土ヘラ)が引っ掛かった。刃物ではないのだが、持ち込み禁止。今まで通ったこともあったんだけどなぁ。仕方がない預けるか。

    控えの書類見たら「種類:デザインナイフ」って書かれてあった。これはデザインナイフじゃないよというツッコミの前に、「デザインナイフ」という名称がすんなり出てくるあたりがなんか不自然な気もする。こんな仕事やってると刃物の名称にも詳しくなるのかな。

    北海道は雪景色。空港でこんなのが置いてあった。「転ばないコツおしえます」という札幌市の発行物。冬場に北海道に来ると滑って転ぶ人が多いと聞く。転ばない歩き方があるのだとと北海道人は言うが、なるほどその極意を余すところなく伝授ってわけだ。なるほどわかったぞ。

    サンセットを眺めつつ、千歳から札幌へ移動...。休日なのでみずさんと遊ぶのだ。待ち合わせは札幌駅南口、謎のオブジェ前。ドーナツ状のその中をくぐれば、バイストンウェルに行けると言う噂だ(俺の中だけで)。

    謎オブに到着。みずさん、いない。先に着いていると思ったのだが...。すでにバイストンウェルへ行ってしまったのか?今ごろオーラバトラーで戦っているのか。仕方ないな。

    しばらくすると戦いを終えたらしいみずさん登場。おつかれさま。

    とりあえず札幌ゲーマーズへ。この前買わなかった、みさくらなんこつ本「ヒキコモリ健康法」限定版をゲットするためだ。まだあるかな。

    …なかった。orz

    気を取り直してすすきの方面へ。ううっ、寒い。

    みず「今日は暖かいほうでしてね」

    そういう名雪みたいなことは言わないでくれよ。

    ところで、KANONのあのミニスカ制服を見たとき、北国でアレはないだろうと思ったが、そうでもないみたいだ。ふつーにミニスカ履いてる人いっぱいいるし。俺が間違ってたよ。

    というわけで、先ほど習得した転ばない歩き方で札幌市内を歩きつつ、メイド喫茶へ。この前見つけられなかったところへ行こう。今回はばっちり発見。

    コスプレカフェ「ロミオとジュリエッタ」
    ねるとんパーティ「ロミオとジュリエット」

    紛らわしいモン二軒並べるなよ。とりあえずジュリエッタへ潜入。

    メイド「お帰りなさいませ〜!えーっと、なんとお呼びしましょう」
    いわた「え?そういうシステムなの?」
    メイド「ご主人様とかなんでも結構ですが」
    いわた「じゃぁご主人様で」

    イケネ、突然だったので。素になっちゃったよ。「お兄ちゃん」にしとけばよかったか。

    メイド喫茶というより、バーみたいなシステムかな。メイド...ていうかコスプレ嬢は客の人数の割に多めで、カウンター越しに会話を楽しむというのが正しいすごし方なのだろう。けど、私はみずさんと会話ばかりしてたから全然しゃべらなかったな。周りにいるヤツ等はほとんど常連で、結構しゃべりかけてたがなんかウザかったな。もうちっと中身のある会話してくれ。

    店内はレトロなコーヒーショップだが窓のない店内で、大人の隠れ家っぽい感じ。でも店内に飾ってある物のほとんどがガンダム系ってどういうことよ。いきなり壁にジオン軍の旗が貼ってあるし、何か偏ってる気もする。うーん、呼び名は「大佐」にすればよかったかな。

    とりあえず、みずさんは「チョコパフェ(ギャロップ級)」私は「黒い三連星」を注文。あと、メイドブレンド(コーヒーのこと)。コーヒーは目の前でサイフォンで入れてくれる。手つき、かなり危なっかしいが、それもご愛嬌というヤツだ。

    しばらくみずさんといろいろ話した後、店を出る。店の外までお見送りをするあたりはなんかスナックっぽいな。レシート見たらしっかりサービス料(「漢気」という名称)を取られていた。しまった、もっとサービスしてもらうんだった(何を?)。

    その後、メロンブックス。「ヒキコモリ健康法」ないかな。

    …あった。

    通常版だけど。スゲーな普通に平積みしてある。北海道ばんじゃい。

    その後らーめん横丁で味噌バターコーンラーメンを食う。これまで札幌初日の晩は必ずラーメンを食ってきたが、今回も記録更新だ。

    中央公園は電飾されてイルミネーション。神戸ルミナリエと違って、今日はクリスマスも終わって清い気持ちなので、綺麗に思えた。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月25日(土) - サイン会 - 

    (昨日の続きでお読み下さい)

    …午前7時。美佳先輩終了。

    とりあえずハッピーエンドだったようだが、「最終試験くじら」との接点まるでナシ。煮え切らん。あまりくじらの核心には関係ない人だったみたいだ。いきなりハズレっぽい。

    ま、いいか。自分のゲームじゃないしな。

    はぁ...朝日が眩しいぜ。隣で寝てたHitくんも目を覚ましてきた。

    とりあえず、部屋を片づけたり洗濯した後、出かけることにする。いざ、大阪日本橋へ。昨日、「最終試験くじら」の関係でsofmapのHP調べてて見つけた情報なのだが、今日「いとうのいぢ」さんのサイン会があるらしい。(この人→http://fujitsubo-machine.jp/~benja/

    「PEACE@PIECES」ってゲームが「最終試験くじら」と同じ発売日で、前からこの人の作画いいなぁって思っていて、気が向いたら買おうかなと思っていたのだが、今、気が向いた。行くぞ、sofmap日本橋2号店!

    …で、sofmap着。整理券が配られる13時直前でゲームを買い、会場へ向かう。で、ビビる。部屋いっぱいの黒だかり。なめてました。こんなに人気あるんですか?いとうのいぢさんって(失礼)。

    買った証拠のレシートと、ゲーム同梱の画集(コレにサインする)を見せると整理券がもらえるシステムだが、私はさっきゲームを買ったばっかりなので、画集を取り出せない。けどな、こんな事もあろうかと道具を用意してあるのだよ。

    カバンの中からデザインナイフを取りだし、商品を保護している薄いビニール(ポリ?)を箱の口の部分だけ綺麗に切り取り。そしてスパチュラを使って箱にダメージを与えないように口を開き、画集を取り出す。どうだい?うまいだろ。…一緒に並んでいる周囲の目が痛かったもするが。

    整理券貰ったら外に出て腹ごしらえ。戻ってきたら当たり前だが凄い人。Hitくんは店の外で待つことにして、私は列に並ぶ。なんか位置的に、のいぢ先生見やすい前の方で待機になったのが、ここでまたビビる。

     いとうのいぢって女の人じゃん。

    ゴメン、男だと思ってた。私は絵を見れば、おおよそ描いた人の性別は分かるつもりだったが、今回はやられた。キャラの顔つきは男性の作画っぽいけど、服装のデザインは確かに女性っぽいところはあるかもと思った。そう言うことかい。それでこんなにサイン会に人が並ぶというわけだ。

    外のHitくんにメールを打つ

    いわ:いとうのいぢが女だと言うことを今知った。
    Hit :写真撮ってきて。
    いわ:禁止。
    Hit :残念。じゃアスキーアートで似顔絵送って。
    いわ:こんな感じか→ ゜Д ゜
    Hit :うむ。よくわかった。
    いわ:わかるなよ。

    携帯メールでAAは無理です。とりあえず綺麗な方という事にしておこう。

    しかし長いなー。計ってみると1人45秒のペースではけている様子。前にいる人の数からざっと計算すると、1時間を超えるという事が判明。俺はな、徹夜明けなんだよ。別のゲームで。

    でも、人数多いからってペースを上げて事務的にこなすのかと言うと、そうでもないみたい。1人1人の名前もしっかり書いてたし、いいひとだと思ったよ。

    2時間近くサインを書き続けてかなり気の毒な気もした(冬コミ前だし)けど、やっぱ嬉しいハズなんですよ。私もイベントじゃフィギュア売ってる人なワケだけど、やっぱ買ってくれた人は好きになりますよ。出来る限り、その人達の顔を見て覚えたいし、ありがとうって心の底から思えるわけです。多分、今目の前でサイン書いておられる、のいぢ先生も同じはず。サインを貰ったことよりも、一生懸命サインを書き続けるその姿を見て、なんかやる気が出た。

    それと、のいぢさんもこのメーカーさんも関西の方なんですね。口調が関西弁だったもの。それで日本橋でサイン会やってるのか。普通は秋葉原とかやるもんねぇ。

    とりあえず、この前のマツケンサイン会(2004.11.21)のリベンジは果たしたと言うことで。店を後にする。ほとんど衝動的に行ったのだが、かなりの体力を使った。徹夜明けだし。

    コトブキヤで例のうたかた7話のフィギュアが売っていたので即買い。ダイズを振って目が揃ったら割引というキャンペーン中だったのだが、これが見事に大当たり、3000円くらい割引された。ラッキー。

    あとはなんこつの同人誌あさったり。HitくんはドラクエVIIIを衝動買い。とりあえず、くじらクリアしてからにしとけよ。前からそうだが、この2人で日本橋に来ると、金遣いが荒くなる。よく言う「お友達とショッピング」というのはこういうのを言うのだよ。まぁ、買う物はアレだが。

    そんな感じで、梅田で別れて帰宅。昨日からバカクリスマスだった。でもある意味いままでで一番楽しかったかも知れない。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月24日(金) - メリーくじら - 

    **「メリークリスマス。八宝菜いっぱい作ったの。食べに来ない?」
    いわ「あり得ない。」
    **「じゃ、神戸まで行っていい?」

    そんなメールが来るクリスマスイブ。オレは1人会社を終えると、神戸バーバーランドへと向かって買い物を済ました。

    **「いわたさーん、神戸遠いよぅ。」
    いわ「はいこれ。」
    **「こ、コレは...。」

     最終試験くじら

    ハイ、もうお気づきですね。ヤツでした。(Hit)

    今日やりたいけど、滋賀県にエロゲー屋が無いと言うから京都のsofmapにでも行ったらどうだと提案したが、結局閉店時間に間に合わなかったらしい。仕方ないので私が神戸のsofmapで閉店ギリギリに滑り込んで確保しておいた。というわけ。

    しかしヤツが神戸までたどり着くのはもっと後だったため、私は「最終試験くじら」の入ったsofmapの袋を手に提げて、クリスマスムード満点の駅前でひたすら待ち続けた...。

    袋から突き出たポスターがイタイ感じです。しっかり「くじら」の文字が見えるし。

    その後合流して寮に突入。とりあえずインストールしてプレイ...が、ウチのヘボマシンじゃOPアニメもカクカクで...。やはり早急に新しいPCが必要だな。

    けど、ここに来た客人、横で寝てるんですけど。例によって寝場所取られました。私はどこで寝ればよいのだ?なんか前にもこんな事があったような。

    とりあえず、くじらするか。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月23日(木) - くじら - 

    本日「最終試験くじら」が発売したみたいですね。

    D.C.作った「サーカス」の最新作らしく、結構期待されていたみたいですが、私もこの作品の魅力に取り付かれております。

    ・意味不明のタイトル
    ・「くじら」の毛筆文字とその下に描かれた清純そうな少女とのギャップ
    ・「最終試験」というからには「一次試験」「二次試験」は何なんだという疑問
    ・気になるタイトルへのわだかまりを解消しようとプレイしたくなるが、多分くだらない事なんだろうと予想出来る危険な香り

    ステキです。こんなタイトルを考えつくセンスに脱帽です。私も自分のHPのタイトルをこんなイカしたタイトルに変えてみたいと思いますよ。

     敗北人生 らくだ

    とか。かろうじて「らく」が原型をとどめております。

    ちなみに本日は出勤だったのですが、定時後、人生の最終試験とはなにかについて学びました。それと「最終試験くじら」のゲーム内容については全く興味はございません。あしからず。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月22日(水) - 表面処理 - 

    そろそろ年末ですねー。皆さんは年末、というか年越しというとどんなイメージをお持ちでしょうか。私はフルスクラッチを始めてからこの7年間、年末というのはひたすら原型作りというのが定着しておりまて、そう言うことしか連想出来ない脳になっています。まぁ、盆と年末はコミケのイメージしか持てない人が多いのと同じですよ。

    ところで、この季節になると「表面処理が〜」という電波をどこからともなく受信するんですが、よく考えると

     表面処理とはなんぞや。

    「表面を処理する」。処理というのは一般的に作業的な内容に対して使う言葉です。つまり表面を「処理」していると言うことは、創作的な思考をしていないと言うことです。

    多分、これ以上ディテールを詰めることが出来なくなった後、表面処理という段階に進むんだと思います。だから、より細かい所まで考えることが出来ないと、まだ曖昧なところがいっぱいある段階で表面処理という段階に進んでしまいます。そうなると表面処理で行う作業量が多くなります(消去すべき凸凹の量が多いってこと)。

    実際、自分はスキルアップして行くにつれ、全体にかかった時間に対して表面処理に費やした時間は短くなった気がします。まぁ、あくまで気がするだけですが。

    つまりは考え方の違い。やっている事は同じでも、それが処理だと思ってやっているか、創作だと思ってやっているどうか。ペーパーをかけるその1ストロークですら、自分の考える形状を変化させる微妙なものであり、全てが創作の一片だと考えるなら、表面処理というのは原型製作には本来存在しないのかも知れません。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月21日(火) - うたかた(終) - 

    愛しのうたかた様が最終回でした。

    ていうかまだ12話ですが?と思ったら13話はOVAだとよ。そういうサイバーフォーミュラ方式はやめてクレよ。

    最終回はかなりハァ?な内容だった。けどまぁ簡単に言うと、

    鏡の向こう側の世界にいるもう1人の自分に常に我々は監視され、試されている。だから鏡に映った自分を好きになりましょう。

    ってこった。ほとんど共感出来んぞ。

    自分を好きになると言うのは自分の生き方に自信を持つことであって、鏡に写った自分ってのはなんか違うような気もする。

    けど、哲学することがこのアニメの趣旨じゃなくて、目的はヒロインに色んなコスチューム着させて皆で萌える事なんで、深く考えるだけ無駄でしょ。エヴァンゲリオンの最終回を議論するのと同じくらい不毛じゃ。


    関係ないけど、ローゼンメイデンの翠星石を立体化してぇー。夏フェスあたり誰か作ってそうな気もするが。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月20日(月) - ハイビジョン - 

    「ねぇ、クリスマス遊びに来て。」

    そんなメールが来る月曜日。ただ、気に入らないのはそのメールの発信源が男だと言うことです。えぇ、ヤツです。(以下略)

    で、話は変わりまして、ジュースの自販機で、午後の紅茶に被さっている松浦亜弥の写真が、蛍光灯に近づきすぎてすっかり色あせているの見ると、どんなに綺麗に出来たものでも、いずれ色あせ、形は無くなってしまうんだなと実感する。自分の気持ちを形にしたくて作品を作っても、それが未来永劫ずっとその形を保ってはいられないのだ。

    しかしデジタルデータであればそれはずっと劣化せずに保存することが出来る。最近ではそう言う理由から美術絵画を高解像度スキャンをして保存しようなんて言う動きもあるみたいで...。美術館に行くとそのスキャンデータをこれまた高解像度モニターで見ることが出来る閲覧サービスがあったりする。

    けどね、コレって便利なようだが。何かが違わないか?

    たとえて言うなら、ハイビジョンテレビに映し出された、うら若き乙女の脱ぎたてのパンツの映像を見てハァハァ出来るかという問題と同意かと。

    え?ハァハァ出来るって?ならそれはそう言うことだ。多分あなたはモニターに映し出された美術絵画に本物と同じ価値を見いだすことの出来る人だよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月19日(日) - 落ち着きを取り戻す - 

    かなりやる気のない休日だった。

    ここ数日、右のまぶたが痛くて、特に朝起きると酷かったのだが、ぐっすり昼まで寝てたらなんか治ったっぽい。その代償はプリキュアを見逃すという大きな物だったが。

    さて、昨日三宮行ったし、なんか天気が冴えないのでバイク乗る気もない。久しぶりに外へ一歩も出ない休日を過ごした。

    原型いじったが、そんなに大きな進展は無し。なんか色々変えようかといじくりまわすウチに結局元に戻ってるというか、そんな感じ。けど多分、その形で納得出来る為には、そう言う一進一退も必要なんだろう。形は同じでも、得る物はある。けどそれを買う人にとってはあまり変わらない事ではある。

    そういえば、うたかたの7話で登場した、慶子さん原型のフィギュア、12月発売とか言ってたけど、まだ出ないみたいね。むっちゃ欲しくてたまらん。ここ最近フィギュア見て興奮する(性的衝動じゃないよ)なんて無かったからさぁ。まぁ買っても塗らないんだけどね。いやもちろんヒマあれば塗りたいんですが。

    ところで、PSP9が本気で調子悪い。というかMe上で動かす事自体がもうダメっぽい感じ。起動すると絶対にOS全体が不安定になる。現状、jpgファイル1つ見るのも一苦労な状況。マジで前のVer.を入れ直したい気分。けど、最新Ver.はコレはコレで便利な機能もあるわけで。やっぱ新しいPCが早急に必要だ。

    次は絶対静かなマシンをって事で、自作で水冷とかPentiumMとか考えていたけど、VALUESTAR TXあたりを買ってしまった方が良いかもね。NECが開発した密閉型水冷ユニットというのも結構萌える。

    師走になって逆に落ち着いてきた感じ。精神的にも落ち着いております。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月18日(土) - ルミナリエ - 

    「おはよう、今からそっちに遊びに行くね。」

    電話から始まる1日

    「一昨日作ったみそ汁が残ってるの。持っていっていい?」

    ほほえましい会話。ただ、1つ気にいらないのは、電話の向こうで喋っているのは男だって言うことだ。ええ、ヤツです。ヤツが来る。Hitです。

    と言うことで、本当に部屋まで来た。結局みそ汁は持ってこなかったが。ヤツは最近1人暮らしを始めたのだが部屋の整理がつかず。それで参考のために私の部屋を見に来た。オタで、モデラーで、サラリーマンで、独身で、1人暮らしの快適な暮らしとは何かを私の部屋から学ぶらしい。

    駅でHitくんを迎えてから、ジャスコ地下で食料調達。そしてそこのお菓子売り場の食玩コーナーで見た物。

    「密教曼陀羅」

    ボークスの新商品。いいんですけどね。置くのは自由ですから。でもここの売り場に来るのは主に子供連れの主婦とかですよ。どう考えたら密教曼陀羅が売れるんだ。

    「お母さーん、コレ買ってー。」

    と密教曼陀羅を差し出す子供とか見たくないんですけど。大日如来像とか阿修羅像のフィギュアとか集める子供とかがいると考えているのか、このスーパーは。どう考えたってプリキュアの食玩の隣に置くような商品じゃないだろ。

    案の定、1つも売れてない感じ。仕方ないので私がいくつか買っておいたよ。


    部屋についてからは、ゲーム大会。Hitくんが持ってきたゲームをプレイしてみる。

    [エースコンバット5]

    前にも書いたが、あんまり面白くない。標的の数がやたら多い割にはミサイルの数が少なく、クリアに最低限必要な標的だけを選んで破壊していかないと行けない。僚機を使えば持ち弾以上の敵を倒せるが、あまり役には立たない。ストレスの貯まる仕様になったものだ。コレなら前作の方がまだ良い。

    つまりは「とにかく破壊しまくる爽快感」「目標以上撃墜することのご褒美」「ウマい人がやれば、短い時間でミッションを終わらせられる」という事がないため、プレイに対して積極的な考えが持てないんですな。

    [ガンダム VS Zガンダム]

    何かと話題のゲームだが、初めてちゃんとプレイしてみた。けど、同じ3Dロボット対戦だったら、バーチャロンの方が圧倒的に面白いと思った。まぁ、アニメに出てきたMSを操縦出来るって事が楽しいのであって、ゲーム性は二の次か。私は何となく、ガザCが好きになってしまったよ。

    しかし違うアニメのロボットが対戦出来るのならば、この先も色んなMSを出して欲しいものですな。Gガンダムとか。そして隠しキャラで東方不敗。画面上には2ドットくらいの大きさしか見えないけど、接近戦最強とか。素手でサイコガンダムとか倒して欲しい。


    晩飯食うために三宮へ出かける。と思ったら大変だった。神戸ルミナリエでめっちゃ人が多い。ヤレヤレと思っていたら、Hitくんが見に行きたいとわめき始めた。行きたいのか?オレと2人で。

    電飾を見るためだけに60分とか並びたくないんですけど。綺麗は綺麗だけどさ。震災の復興でなんたらかんたらだからと説得されたが、それならなおさら並んで見る物と違うのではないか。街の風景の一部として溶け込むことが重要であって、大阪万博の月の石とかとは意味が違うだろう...。ま、それによる経済効果で神戸が活性化するならそれでも良いが。

    結局行かなかった。遠くから見えるのを見ただけ。Hitくん大興奮だったが、私は冷めてたなぁ。人間、遠くに来るとテンションが上がるものなので、仕方ないか。私も遠くに行ったときは似たよう反応すると思うし。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月17日(金) - 制限と価値観 - 

    最近新しいPC欲しいなぁとか思っているんだけど、PCの速度って言うのは慣れで、遅いPCを使っているとだんだんそれになれてきてしまって、特に不快とは思わなくなってしまう。

    いや、それは逆か。速いPCを触ってみたりすると、自分のPCが遅いことに気付いてしまうんですな。実は会社の個人用PCが新しくなって、OSもXPになった関係で、どうしても、おウチのPCの遅さが気になってきているワケですわ。

    ちなみにお金がないわけでもなくて、新しいPCを買ったら、データを移行させたりアプリをインストールし直したりとかいう作業がとてもメンドクサイからやりたくないって言うだけのこと。

    PCだけじゃないんだけど、なんか最近「物欲」って物が凄く低下している気がしてね。物を買ってもそれを置いておく場所がないから。物を買うことで自分の居住スペースが犯されるくらいなら無い方がマシって考えが先に浮かぶ。

    お金は人を変えると言う。確かにその通りなのだが、居住スペースによっても人は変わるね。自分に制限があるとしたら、それを回避するための価値観というのが自然と生まれてくるんじゃないかな。そして、制限がないと価値観というのは作れないのではないのかな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月16日(木) - 言葉の裏にあるもの - 

    今日はホルモン焼の店に行った。日曜日にこの日記に書いた「今週はホルモン焼でも食いに行こうかな」を実行に移したわけ。

    でもこの店、庶民的な作りをしているのにもかかわらず、値段、メニュー、一切書かれていない。聞かれるのは味付けのみ。確かにおいしかったが、この「客に媚びてない感じ」がおいしいと錯覚している部分もあるのかも知れない。ワンフェスに行くといらない物まで買ってしまうのと似たようなモンだよ。

    さて、ホルモンの話は面白くないので話変えます。勝手にサイトを紹介。

    http://yellow.ribbon.to/~aka7/index.html

    言葉の使い回しとか結構好きなサイトなんですが、ここでやってる「オタクだからこそ女の子をまもります」の中身を読んでみてください。

    この文章、オタク擁護を真面目に主張しているように見えますが、その根拠になっている部分がかなりイタイ感じになっているところが笑えますよね。コレ、多分筆者本人は狙って書いていると思うんですが、その辺の「わざと真意を外してる」感じを、どれくらいの読者が読みとれているのかなぁ。と思ったりします。

    書いた本人は遊んで書いているハズなのに、その言葉の表面だけををそのまま読みとられてしまうのは「お笑い芸人は頭が悪い」と思うのと同じようなモンです。

    私もWeb上で、時々そういう文章を書いてます。ギャグで書いているんだけど、誤解されたらイタイな...と思ってたら、ホントに誤解されたりしながら。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月15日(水) - 自立 - 

    ベースに固定しなくても自立するフィギュアを見て「スゴイ」とか言う人がいるけど、ハッキリ言って意味ないヨ。(ドールマスターってマンガでそんなのあった)

    実は、自立させることなんてそんなに難しくない。足首の角度さえ調整すれば、よほど偏った形状でない限りは立たす事が出来る。

    それに、アニメ/マンガのキャラクターというのは、基本的に頭が大きくて、髪の毛がとても大きい。フィギュアはその髪の毛が粘土やパテで作られるワケだから、それがかなりの重量になる。よって、ロングヘアのフィギュアなんかは実際の人物に比べてかなり重心が後ろになってしまうわけ。

    だから、デッサンが取れていれば自立するなんて言うのも大嘘。むしろデッサンが取れているのなら、後ろに倒れるハズ。

    更に人体というのは全ての箇所で比重が一定ではないわけだし、着ている衣服の形状によって重心はずれて来るわけだから、自立しているのは単なる偶然に過ぎないわけだよ。

    けど、私の作るフィギュアは大抵、自立するように作ってあったりする。なんでかって言うと、原型仮組みして眺めるときに、自立すると楽だから。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月14日(火) - 重要度 - 

    ところで、Eメールってのはどんなメールソフトで開いても情報の欠落がないように書くべきだよな。

    けど、この辺詳しくない人は、自分のメールソフトについている機能は全部Eメールの機能だと思っちゃってるんだよね。

    仕事でもそうで、一生懸命文字に色つけたり下線引いたりして、重要なところを強調表示してる人がいるけど、多分それは相手が使っているメールソフトで見たら、全部消えてタダの文字になっていることだろう。

    同様に、この辺の標準でないEメールの機能として「重要度」の表示があるよね。メールヘッダでいうところのX-Priorityの事。あれって凄く意味ないと私は思っているんだけど、みなさんは使ってますか。

    そのメールが重要かどうかっていうのは読む人が決めることであって、送る側が設定しても意味をなさないと思うんだよね。ていうか、そんなに重要な連絡なら相手が読むかどうかの確証のないEメールなんかでしちゃダメよ。電話でしましょう。

    ていうか、迷惑メールであるDMにも「重要度:高」の属性がついてきたりするから、すでにそれを見て重要かどうかの判断が出来なくなってきている。よく手紙で「親展」って書かれた封筒送られてくるけど、アレを重要だとは思わないとの一緒。

    そころで「重要度:低」ってのにも当然設定出来るんだけど、コレこそ使う人いないよなぁ。重要度を低くして、本当に重要度の低いメールを打ったらそれでいいのかというとそれも微妙だ。

    --------------------
    差出人:いわた
    件 名:(無題)
    重要度:低
    本 文:

     こくまろちんぽみるく。

    --------------------

    重要度低すぎ。送る価値がない。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月13日(月) - ナイフの持ち方 - 

    そういえば最近怪我してない。

    怪我と言っても大きな物ではなくて...。モデラーなら付き物の切り傷のこと。ナイフを使う作業をする以上、手を怪我するリスクは避けられないわけで。

    私はフルスクラッチ始めてからは、月に1回くらいはどこかしら切ってた。半年に一回くらいは激痛が伴うくらいの深い怪我を良くしたっけ。傷口にはパリパテ剥離用のメンタムを付けて、マスキングテープを指にぐるぐる巻いて止血したりしたなぁ。でも、鋭利なもので切ったキズってすぐにくっつくから、手に傷痕なんて全然残ってない。いつ、どれくらい怪我をしたのか、もう忘れてしまった。

    けど、ここ数年は怪我をしていないなぁ。要は、熟練したって事。大体、どういう風に力を込めるとヤバイかって言うのが体で感じるようになったっていうか。

    あと、ナイフの持ち方。これは人それぞれで、他の原型師の作業を見ると、自分と全然持ち方が違ってたりして驚く。多分正解はなくて、自分のスタイルを確立してある形に行き着くんだろうな。

    ちなみに私の持ち方は...。左手に原型を持って、デザインナイフを右手に鉛筆のように持つ。ここまでは普通なんだけど、左手の親指でナイフを押すんですなー。ナイフを逆方向に向けることもあるけど、そのときは右手の人差し指で手前に押し込む。

    つまり、動かす方向に対して必ず反対側からも指を添えてて、両側から力を調節しているんですな。つまり、両手で1つのナイフを動かしている。これで、力を込めすぎて滑ってナイフが行き過ぎて手に突き刺さることもなくなるという...。

    みなさんはどんな持ち方してますか?まぁ、どのような持ち方でもいいんだけど、怪我をしないような持ち方を心がけて欲しいものです。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月12日(日) - ホルモン - 

    WHF有明だった。夕方まで気付かなかったよ。なんだかんだで12月の有明って毎年行ってたんだけどな。今日はマジで何にもしてなかった1日なので、行けば良かったかも。

    ところで今日のあるある大辞典は性ホルモンがテーマだった。なんか、性ホルモンの分泌量を正常に保つことで、若返るんだそうな。というより、ホルモンバランスが崩れると老けるというのが正確か。

    で、性ホルモンの分泌を促す方法が4つあるとかで。

    ・興味

     趣味など好きなことに熱中すると、性ホルモン分泌。
     (解釈)同人誌とかフィギュアを作ることに熱中。

    ・恋

     ときめくことで、性ホルモン分泌。リアルな恋でなくてもバーチャルでも良い。
     (解釈)バーチャルな恋ならいつもしてます。

    ・感動

     映画などで感動することで血流がアップ。
     (解釈)エロゲーで感動。

    ・筋肉

     男性の場合、筋肉を使うことで性ホルモン分泌。汗ばむ程度の運動でOK。
     (解釈)常に汗ばんでいる人、多いよね。

    というわけで、オタやってると、ホルモンバランスが良くなって若くいられるんじゃないのか!…精神的にもガキっぽいし。

    まぁ、何にしろバーチャルな恋でも体に良いらしいと言われただけでも救いだと思わない?「バーチャルで萌え→フィギュア作る」これは健康の為なんですよ!

    …さ、今週はホルモン焼でも食いに行こうかな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月11日(土) - PSP - 

    なんか、世間ではPSPが超話題みたいですね!私もそのブームに乗って買ってきましたよ。PSP!え?明日発売なんですか?おかしいなぁ。普通に買えたよ?

    今までver.6を使ってたんですが、一気にver.9です。編集のアンドゥが個別選択出来るっていう機能が便利ですよねー。

    え? Paint Shop Pro の話じゃないんですか?

    10年くらい前からPSPって言ったらコレの事じゃないですか。このHPの写真は全部PSPで編集されているんですよ。便利なんですよ...。

    〜という、本日のオチを頭に書いておいて〜

    昨日は疲れてたのでちょっと横になったらそのまま12時間眠ってしまった。おかげで体力全快絶好調である。天気も良いし、六甲へ突入するよ!ちょっとバイク乗るにしては寒いんじゃないの?てな格好だが、今のテンションなら大丈夫だ。

    今日はバイクとのシンクロ率も高め。ブンブン回すぜ。12月も半ばって事で六甲に来る車も大分少ない。快適快適〜。

    ところで、対向車線を走るバイクで、ツナギ着てて膝開いてる人を良く見るのだが、ヤツは速いのだろうか?対向車線で相対速度が出てるから凄く速そうに見えるのだが...。今日、一般の車の後ろを走っているのを見たが、それでも膝開いてた。…やっぱ遅いんじゃないの?

    まーいいや。三宮についてから、色々物色して、それからSofmap神戸店に行ってPSPを買う。Ver.9重いわ。新PCを作りたくなる動機がまた1つ出来た。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月10日(金) - 移動時間 - 

    1泊で帰ってきた。遠距離出張ってのは実働時間は少ないけど、かなり疲れる。多分精神的なものなんだろうなぁ。

    ところで、飛行機とか新幹線みたいな高速交通機関でもって遠くに行くと、不思議な感じを受ける。ついさっきまで数百km離れた土地にいたと思うと。これが、車やバイクで長時間かかって遠くの土地に着くと、「遠くに来た」っていう実感があるのだが。

    しかも、実際かかった時間よりも、移動した時間によって感覚も変わる。たとえば、大阪から東京まで行くとして、新幹線なら2時間半。飛行機だと1時間。けど、空港に行き来する時間も入れると、多分飛行機の方が時間がかかる。けど、飛行機の方が圧倒的に距離感が近い。

    たぶんね「大阪にいる」→「乗り物に閉じこめられてる」→「東京にいる」という3段階に感覚があって、「乗り物に閉じこめられている」時間が長いほど、遠くに来たという感覚がするんだよ。特に飛行機だと今自分がどの辺を飛んでいるのかっていうのが分かりにくいから一気にワープしたような気がするんだよねぇ。

    似たような話で、昔電車で行ったことがある土地にバイクで再び行くと、なんか感動がある。今まで自分の中で、駅と駅という線でしか土地がつながっていなかったのが、バイクや車で来ると日本地図という面で土地が連続してつながっていると言うことが実感出来るからだ。本当にそこにそれがある!っていう実感がね。

    だから、時間がかかってでもバイクで目的地に行くなんて事を良くやるんだよね。都会に住んでいると、車とか持ってなくても不便がないのだが、どうしでも私は自分の意志で移動しないと、移動した実感がないのだ。フィギュア作りなんて、わざとメンドクサイことをやりたがる自分の性分かも知れませんね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月9日(木) - とらのあなマイレージ - 

    出張で新潟に来ています。

    新潟って何があるんだっけ?今は地震の話題しかないが…とりあえず、メイド喫茶がある事だけは確認済みだけど。今回は行ってる暇はない。(場所も時間もチェック済みだが。)

    JALの最終便が取れなかったので今回はANAに乗った。マイル貯まんねーじゃん。今後こんなこともあるかも知れない。それと、来年出来る神戸空港からはJALは飛ばないらしいという某スジからの情報もあって、ANAのマイレージカードを空港で作ってみたり。

    ANAって久しぶりだが、なんかJALに比べると「必死感」が伝わってきていい感じだ。便数で勝てないからサービスで勝負。ANAのマイルカードはEdyカード機能がつけられるらしい。最近近所にampmが出来て、Edyカード買おうかなって思ってたからちょうど良かった。それに今入るとICカードリーダライタがタダで貰えるって入会勧誘のおねーさんに言われて、思わず入っちゃった。

    Edyで200円使うと1マイル。10000マイルで10000円のEdy変換だから、飛行機に乗らなくても200万円で1万円オトク!…これだけじゃあんまり意味ないか。

    マイルっていろんなところでためられるみたいだけど、どうせならゲーマーズとかとらのあなのポイントをマイルに変換できませんかね(笑)。これならあっという間にたまるよ。とらのあなで同人誌買う→マイルたまる→コミケにタダで行く。ほ〜ら素晴らしい好循環。普段旅行なんかしない地方のヒキコモリ君も半年に1回は東京に来るんだから。マンガと飛行機でサービス互換するのは意味があるぞ。

    けどさ、飛行機のマイレージカードの案内の中で、ゲーマーズとかとらのあなとかが書かれていて「同人誌でマイルがたまる!」とか美虎ちゃんがニッコリ笑っていたら、いきなり飛行機のグレードが下がった感じがするな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月8日(水) - 血液型 - 

    「あるある大辞典」毎週見てる健康いわたです。

    以前あるあるで血液型による性格分類の特集をやってたが、なんか同じ話題を取り上げた番組が最近多くて、その内容が差別やいじめにつながるとかでBPOに色々文句が来たみたいですな。

    あるあるには悪いが、私は血液型と相性ってのはあまり関係ないと思ってる(少しはあると思うけどね)。なぜなら、私はA型なんだけど、ウマが合うなっと思う人達の中にはかなりB型が多いからだ。血液型的にはAとBって相性最悪のハズなのに。

    自分の性格考えても、A型っぽくない部分がかなり多いし。実際自分がA型だって言うと驚かれる事が多いしね。多分かなり薄いA型なんだろうな。男っぽい性格の女がいるように、B型やO型っぽい性格のA型がいたっておかしくはないでしょ。

    ただ、自分がやっぱA型だなって思う時もあってね。自分の作ったフィギュアを見たときだな。どうしても緻密で神経質っぽい造形になってしまう。そう考えると、絵や音楽のような表現物はその人の隠れた本質を表すのかも知れないなぁ。

    まぁ、フィギュアで出てくるのは、自分の本質ってわけじゃなくて、一面に過ぎないのかも知れないわけで...。やっぱ自分は自分か。そう考えると、血液型で性格分類するのは無理あるかもね。

    ただ、自分と違う性格の人を認められるようになるために、とりあえず性格を分類して考える方法は間違ってはいないだろうな。ベストではないにしても。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月7日(火) - 抽象オブジェ - 

    抽象画は好きですか?

    と聞くと、好きと答える人はまぁ少ないだろうね。ほとんどの人は「分からない」って言うんだけど、そんなに難しく考えなくてもいいんだ。

    例えば「模様」って言うのはどうだろう。それが具体的に何を表しているかなんて分からないが、多分好きな柄、嫌いな柄くらいの事は、普通にみんな自分なりの基準を持って判断出来る。けど、そこに明確な理屈なんてない。視覚で感じて判断しているのだ。抽象画もそれと似たような物だよ。

    これが抽象も立体物になるとちょっと評価しづらいかも知れないが、例えば、フィギュアの髪の毛の造形というのは、抽象オブジェそのものだなといつも思う。綺麗に切りそろえてあったり、不規則性を持たせたり、しなやかなカーブを描いたり、風を表現してみたり、実に多様な表現がそこにあると思う。

    それは「毛」という実に抽象的な物体を、立体として捉えようとする作業であり、抽象オブジェの制作と似ていると思う。そして、それを見てイイと思って買い求めたりするんだから、そこにはなんらかの判断基準と文化がある。

    それは、彫刻にも人形にもない、フィギュアだけが出来る世界だよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月6日(月) - ビタミンCっぽいフィルター - 

    加湿器買いました。

    って1年前にも書いたな(2004.1.23)。正確には加湿器壊れました。まだ保証期間中だったのでタダで直るんだろうけど、なんかイマイチ能力不足で買い換えたかったので、あっさり捨てた。

    やっぱ超音波式はダメだなという勝手な結論を付けて、原理が単純なスチーム式にしておいた。加湿能力は前の倍以上だし、まぁそこそこ小さいサイズの物で、使い勝手の良いところで1つ選んだ。

    ちなみにマイナスイオン発生器付き。本体下部についているボタンを押すとマイナスイオンが出てくるらしい。けどね、出てるかどうかなんて目に見えないし、効果も数値で見えないし。なんかトルマリンゴ並に胡散臭い。

    マイナスイオンってカタログに書いてあれば売上が伸びそうなこのご時世。実はボタンとLEDだけで、何も動いてなかったりして。「マイナスイオンっぽいボタン」かも。

    さらにビタミンCフィルター搭載らしい。…って何よ?ビタミンCって食べて摂取するものじゃないの?説明書にも一切説明無し。とにかくビタミンCフィルター搭載らしい。しかもそのフィルターが黄色なのも胡散臭い。ビタミンC=酸っぱい=レモンだからそうなってるんだろうが、ビタミンC自体が黄色なワケじゃないだろう。おそらく「ビタミンCっぽいフィルター」だな。なんか他製品と差別化するための必死さが伝わってくる感じだ。

    まぁ、加湿器としての性能と使い勝手が良ければそれで良い。今度のは壊れないでくれよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月5日(日) - マルセル・デュシャン - 

    一夜明けて、晴れ。けど依然風は強い。

    六甲行くか...?風が強くてふらつきやすいだろうし、昨晩の風で道路は砂と落ち葉でいっぱいだろう。その程度の危険は最近どうって事はないが、あまり気持ちよくは走れないだろうな。ただ、先週はバイクに跨っていないので、今日はなんとしても乗りたいところ。乗ってないと体が衰えるしね。

    とりあえず午前中は原型を作って過ごす。午後になって、そろそろ出ようかと思ったとき、あることを思い出した。確か今、大阪の美術館で今マルセル・デュシャンの企画展示してたはず。

    予定変更。電車に飛び乗る。場所は国立国際美術館。WHF大阪やってた会場のすぐそばである。http://www.nmao.go.jp/ チケット売り場に向かったら、見知らぬ人に声をかけられた。チケット1枚余ってるからあげるって。おお!ラッキー。

    ところで、このHPを見ている人で「マルセル・デュシャン」を知っているという人は多分皆無だろうと思うがどうだろうか。私は、最近読んだ現代アートの本で知ったのだが、一応、20世紀初頭の芸術家です。けど、普通の絵はほとんど描いてなくて、便器を台座の上に置いただけの作品とか、雪かきを天井から吊しただけとか、仕掛けのある機械みたいな物をガラス板に描いただけの物とか、まぁ、何の予備知識も無しにこれらを見たら、さっぱり分からないものばかり。私もある程度覚悟を持ってこの展示に挑んだのだが、それでもそのワケの分からなさには打ちのめされそうになった。

    けどま、壁の説明文とか読んでぐるぐる回っているウチに何となく分かったけどね。デュシャンの作品に一貫して言えることは、これまでの美術品に対する考え方を変えようとしていること。デュシャンは設計図と展示方法を示すだけで、必ずしも本人が作品を作成するワケじゃないのだ。だからいくらでも作品の複製が出来る。美術品が一品物だという考え方を覆した。作品にオリジナルとコピーの差はないってことを主張した。

    まぁ、デュシャンの面白さをここで語っても仕方ないのだが、「作品の複製」って事を日常的に行っている私からすると、ちょっと色んな事を考えてしまう。デュシャンは作品は設計図から作れるって事を主張した。実際、設計図を作品として出版している。つまりは大事な物はそれを作るための情報であって、出来たそのものではないと言うことだ。

    じゃぁガレージキットっていう物は、作品の何を買っているんだろうね。それを買ったって、展示してあるものと同じ物は出来ない。複製品としてはとても中途半端な物だ。

    しかもメーカーが作っているガレキなんかは、見本完成品の塗装は原型師本人ではない。この場合、原型師の作った作品というのはそのパーツでバラバラになったその状態なのであるから、組む前の状態こそ、原型師の作品なのではないかと思えてくる。

    なんだっけかな、何年か前に、海洋堂が出したFSSのガレキで、植毛された入れ物にご丁寧に1つ1つパーツが綺麗に並んで入ってたのがあったでしょ。アレなんか組まれる前の方が価値にあるものに見えなくもない。

    デュシャンは「作品の本質とは何か」を鑑賞者に対して問うた。そして問われて私はそんな事を思ったのだ。まぁ、そんなこと考えても何の得にもならないが、無駄なことを考えて楽しむのも、また人間と言うもので。


    その後、三宮。本屋に立ち寄った。

    最近、球体関節人形の写真集みたいな本が一気に増えたような気がする。多分映画「イノセンス」の影響だと思うが...。まぁ、私もそれに影響されて人形の写真集を何冊か買ったし、人形作家の名前もいくつか覚えてしまって、人形を見ただけで作家の名前が言えるくらいになってしまったわけで。多分同じような人が増えているんだろうなぁ。

    まぁ、イノセンスが発端だったワケじゃない。スーパードルフィーの登場の方が影響力大きいんじゃない?まーとにかく、今世間ではフィギュアと言うより、人形が凄い勢いでブームになって来てて、そのうち私の中でも「フィギュア」が「人形」に食われるんじゃないかと不安に思えてくる。まぁ、フィギュアはフィギュアのいいところがあるんだが、その「フィギュアの良いところ」って何かを自覚しないと、価値ある物が作れない様な気がしてきた。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月4日(土) - イライラ - 

    ここ数日、鼻と喉がイマイチ過敏になっているというかそんな感じ。風邪でもひいたのかというとそういうわけでもなさそうで。

    こんな時は家でおとなしくしているのがいい。ていうか原型進めないとヤバイ時期だし。しかも雨降りそうな雰囲気だったから外出たくなかったし。

    髪の毛の詳細を詰め始めたけど、なかなか気に入った形状にならなくて1日費やすも完成せず。…こんな調子でやってたらいつになっても出来んかもね。まぁ、それでもいいんだけど。申請とかあるわけじゃないから。ただ、ワンフェス2回連続で新作なしってのは、なんか嫌なだけ。

    年末年始って事もあって、いろいろ計画を立てねばならず。何か知らんが、冬って毎年忙しい気がする。常に何かに焦っている気がしてならない。この気分はワンフェスに起因していると思うが、なぜか夏よりも冬の方が焦る。なんでだろう。

    それにしても午後から凄い大雨で、台風のように外がびゅーびゅーうるさい。おかげで部屋にいても落ち着かないし、体は全快じゃないし、原型は進まないし、ストックのお菓子が切れて腹減るし1日イライラしっぱなし。コンビニに行くにも気合いが必要なくらいヤバイ天気だからな。

    明日は午後から雨は止むみたいだが、風は強そう。バイク乗れんか...。ますます鬱。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月3日(金) - なんこつくらしゃい2 - 

    同期で飲み突入。

    幹事「さぁ、どんどん好きなのを頼んで」
    いわ「なんこつ」

    反射的に注文。おいしく頂きましたよこんな感じに。↓

    なんこつ!なんこつなんこつ大好きいぃっ!
    んはあああ、おいしいっ…おいひいぃ…なんこつおいひいよおぉっ…。

    今日も酔っぱらってるし、大目に見てくれ。いいだろ、もう。

    その後、古本屋にいってなんこつの本を同期に買わせました。おやすみ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月2日(木) - なんこつくらしゃい - 

    組合関係で集まりがあって、その後、飲みへ突入。

    幹事「さぁ、どんどん好きなのを頼んで」
    いわ「なんこつ」

    反射的に注文。おいしく頂きましたよこんな感じに。↓

    なんこつ!なんこつなんこつ大好きいぃっ!
    んはあああ、おいしいっ…おいひいぃ…なんこつおいひいよおぉっ…。

    今日は酔っぱらってるし、大目に見てくれ。いいだろ、もう。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2004年12月1日(水) - イソフラボン - 

    「イソフラボン」と「みさくら本」って似てるね。

    どっちも健康っぽいし。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    ※:日記の拍手はJavaScriptを使用しています。
    TOPへ