戻る
最近 いわた さん
2002 12
2003 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 最近

つぶやき→rakugakiboxをフォローしましょう  撮影した写真とか→Picasa , Figure , Instagram  ついろぐ→  Google+→  インタビュー→

拍手のお約束
  • メッセージの文字数は最大160(半角320)です。
  • 文字数の足らない場合は何回かに分けて送って頂ければ、こちらで結合してレスします。
  • 改行は出来ません。
  • 名前の入力の必要はありませんが、書いて頂けると嬉しさ倍増です。
  • レスには、名前は出しません。

  • 2017年4月29日(土) - つきの話 - 

    やっぱsurface買おうかなぁ。

    PC版にしかない「黄昏の森」という改造版ステージがやりたいんだよなぁ。

    自室がミニ四駆のパーツだらけになってしまって何とか整理棚を作ろうとか。それとは別に家の壁に整理棚を作ろうとか。いろいろ環境改善の事を考えつつ1日が終わる。

    ところで、息子が剣道を習い始めた。先週私も見学してきたのだけど、子供たちが「めーん、どう、こてー、つきー」と掛け声をかけながら練習していた。これ見て、剣道の突きは高校生以上じゃないとダメじゃなかったっけ?とか思う今日この頃。

    たしか危ないから。という事だったと思うが。私が子供の頃、「六三四の剣」という剣道マンガが流行って。その主人公の父親が試合で強力な突きを食らって死亡するというエピソードがあって、剣道の突き=危険という印象が私に刷り込まれた気がする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月28日(金) - 金曜から夜更かし - 

    明日からキュウレンジャー。じゃなくて九連休。早速マインクラフトで夜更かしするダメな感じ。

    村人が増えすぎてiPadだと動きが怪しい。新しいハードを買おうという気がしてくる。パソコンの世界でも思うけど、ハードウエアの売り上げを牽引するのは間違いなくゲームでしょうな。他の目的なら、動作が遅くても我慢するだけの事だが、ゲームで動作がもたつくとゲームオーバー直結ですからね。

    ニンテンドースイッチも全然興味ないけど、マインクラフトが出ると知ってほしくなったしなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月27日(木) - 教科書にある! - 

    小1の息子の図画工作の教科書開いたら、村上隆の作品が載ってた。いつの間にやら教科書に載るくらいの芸術家になっていたんだなぁ。

    どうしても村上隆っていうと、爽快な笑顔で精液を上空にぶっ放している等身大フィギュア(My Lonesome Cowboy)の代表作がチラついて仕方ないんだけどな。もしかしたら、人間にはいろんな側面があるという事を後で知り、アートの世界に興味を持たせるという巧妙な罠かもしれない。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月26日(水) - マイクラグッズ - 

    マインクラフトは子供にも大人気で、おもちゃも販売されている。実物大武器なんかは、なりきり度が高くてごっご遊びが楽しそうではあるが、実用的な物の方が飽きにくいだろうという事で、ちょっと買ってみた。

    チェストとたいまつ。チェストは収納箱として使えるし、たいまつはLED灯になっていて、斜めに壁に取り付ける事も出来る。

    チェストはゲーム中のようにヒンジ構造で開くものではなくて、フタをかぶせるだけの物だが、フタと本体のクリアランスがあまりなく、意外と開閉に手間がかかる。まぁ、それほど使用頻度が多くない物を入れておけばいいか。

    たいまつは明かりの色がイマイチ。点灯部分のカバーが黄色で、おそらく中のLEDは白色なんだろうが、LEDが青味がかっているので、多少緑寄りの黄色っぽい感じで、たいまつの火の色って感じがしない。電源は単四電池三本なのだが、なんで入手性の良い単三にしてくれなかったのかなぁ。電池の交換にはドライバーが必要だし、なんか使いにくい。

    こうなるとLEDを電球色に変更して、充電式乾電池から昇圧して点灯できるように内部を改造したくなってくる。でもどうやら接着組み立てされているらしく、非破壊分解が無理そうだという事が分かり、なんかテンションが下がった。

    ていうかこれ、テクスチャのドットパターンは塗装で再現されているのだけど、所々が塗料が剥げている所があってイマイチ。なんかここまで来ると、全部プラ板から自作したほうが綺麗な物が出来るんじゃないかという気がしてきた。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月25日(火) - 俺の馬が - 

    マインクラフトで飼っていた馬が消えたのがショック。

    名札付けて柵で囲んでいたのに消えたから多分バグだ…。サドルも一緒に消えたし。こんなに辛い思いをするなら馬など要らない…。ってなんだか現実のペットみたいだな。

    やっぱiOS版は不安定だよな。マイクラのためにSurface欲しくなってきた。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月24日(月) - いらない情報を排除せよ - 

    最近マインクラフトとかミニ四駆の情報を集めていると、多くの情報がYouTube上にある事が多い。

    これも時代の流れか。自分のやった事を文書としてまとめるよりも、作る過程を撮影してアップする方が楽チンだからだろう。これによって、説明が苦手な人でも有益な情報を提供することが出来るというメリットはあるのだけど、情報を検索する側としてはもう少し何とかならないのかと思ったりもする。

    再生した結果、自分の欲しい情報じゃなかった場合のガッカリ感と言ったら。再生時間分の人生を無駄にした感が半端ない。Google検索も、動画の中身まで検索して、どの動画のどの部分にそれらしいものがありそうですよという所まで教えてくれればいいのにね。これって動画の音と映像の中にある言葉を認識して検索の対象にするだけの事で、そんなに難しくないんじゃないかと思うんだけどね。開発はしてそうな気がするんだろうけど、今のところそういう賢い検索がされているようには見えない。

    YouTubeは広告が収入源だから、無駄に再生してもらわないと困る。っていう背景もあるのかなぁ。動画内部検索が有料機能だったら、私は払ってもいいかなと思うんだけどどうだろうか。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月23日(日) - ほしいブレッド - 

    例のミニ四駆ラップタイマー自作の件で、20×4行のLCD表示器で10周分のラップタイムを表示させようと思っている。LCDを買ったのはいいのだが、ブレッドボードに超繋げにくくてイライラ。

    7×2列のピン穴が基板に開いているのだけど、これをブレッドボードに直接挿そうとすると隣り合うピン同士を絶縁できないからダメなんだよね。ブレッドボードの中央の列ってICを指す事を前提にしてて、2列分ピンが設けていないのだけど、ここも使えるボードってないのかなぁ。

    と思ったらあった。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/musashino_proto/655127.html

    この記事はちょっと古いから商品開発中となっているが、すでに通販で手に入る。
    https://wakutuku.com/shop/breadboardmaniac/
    アマゾンでも売っているみたいだ。

    欲しいわ。けど今回のような2列端子をブレッドボードに挿すだけなら、
    http://ehbtj.com/electronics/breadboard-adapter/
    こういうのを作ればいいし。

    そもそもメス-オスのブレッドボードケーブルを使えばいいだけの事なんだけど。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月22日(土) - 欲しいヤツ - 

    20周年記念で今回もプレゼント企画とかできるかなとか思って在庫を調べたら、中華さん1個と時乃さん7個あった。欲しい人いるようでしたら企画してもいいけど。

    なんか通販とか見てたらちょっと見とれた商品。
    http://alphamax.jp/ja-JP/Products/detail/ax0156ayano

    このポーズの座りフィギュアは作ろうとすると難しいんだよね。このフィギュアはかなり高いレベルでまとまっていてすごいと思う。

    完成品フィギュアはあまりほしいと思ったことが無いのだけど、これは買ってもいいと思ったのだが…。今のフィギュアって結構高いのね。っていうか昔はガレージキットで1万円越えなんて珍しくなかったのだが、その後完成品フィギュアが4000円くらいで出回るようになってからまた金銭感覚が変わったか…。

    ワンフェスで展示されていたそうですね。元ネタ知らないけど。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月21日(金) - 2017はこれか…。 - 

    ミニ四駆ジャパンカップ2017のコースが発表されとりますな。

    今回もダブルバウンシングストレートか…。今年はこれの攻略がメインになるんでしょうな。

    ていうか新型シャーシの画像が出てる!FMシャーシのようですな。プロペラシャフトとクラウンギアの構成がどうなっているのか気になる…。バンパーの形もなんかこれまでと違う…。ていうか、FMにしたときにカッコイイデザインのボディが発表されるといいなぁなんて思うけどね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月20日(木) - 自分ならでは - 

    今日はマインクラフトやっただけでした。やっと村見つけたんで…。

    まぁこの20年いろいろやってきたんだけど、今後も何かを作る。という所に関しては変わらないだろうし、本職が電気系エンジニアで、趣味が模型でフィギュア原型師という側面を持つ自分ならではの事をやって、何かしら面白いことが出来たらGoogle検索に引っかかりやすい形でここに書き止めていく。という事を今後も続けていくだけですね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月19日(水) - あれから10年… - 

    本日、当サイトらくがき塗料箱は開設から20年が経過しました。

    ご存知の通り、元々フィギュア製作を取り扱うサイトとしてオープンした物の、最近は日記以外の更新も無く、フィギュアの話題もほとんどなく、ただ私が日々考えたり遊んだりしている事を書き連ねるだけになってしまっています。

    私がサイトを開設した1997年は、インターネットがまだ一部の人にしか使える状態ではなく、個人でWebサイトを作る事が少しずつ流行り始めた時代でした。その後、HTMLの自動作成ツールが普及、ブログが流行り、2ちゃんねるが流行り、mixiが流行り、Twitterが流行り、facebookが流行り、フィギュア関係はfgで発表する事が普通になり、やってみたことはYouTubeで発表する事が一般的になったりと、何かを発信するツールは移り変わった物の、ずっと個人サイトで情報発信する事を続けてきました。特にこだわりがあったわけではありませんが、やめる理由がなかっただけです。

    が、いつのまりやら、20年前以上前に開設した個人サイトで、今も更新が途絶えていないというのは相当珍しい部類になったようで、その記録を今後も伸ばすためにも、全力で惰行運転していきたいです。

    20年も経つと、過去の自分は別人です。20年前の若造が書き連ねていた記録をいま読み返すと、微笑ましくも思ったりもします。サイト開設から10年くらいは、サイトを訪れてくれる人を如何に喜ばせるかという事を常に優先していましたが、今現在もっとも意識している読者、それは未来の自分です。よく、10年なんてあっという間なんて言いますが、私はあまりそうは思っていません。このサイトと日記を読み返せば、今と昔が確実に連続して繋がっている物だという事を実感できるからです。

    さて、20年の思い出については、また機を改めて書くかもしれませんが、とりあえず今日は酒盛りでもしたいと思います。「飛泉漱玉」という泡盛です。

    10年前、つまりサイト開設10周年の時、その記念イベントとしてらくがき塗料箱のガレージキットを一斉に読者プレゼントしました。ある意味ワンフェスの売れ残り在庫処分だったのですが、届けた方からはお礼の言葉も頂く事もあり、予想以上に喜んでいただけたように思います。

    その時、当選の品を届けた沖縄の方からお礼のお手紙とともにお酒が届きました。

    「10周年と言う事なので、ぜひ次の10周年!!20周年記念に飲んでもらえれば…」

    その方が今もこのサイトを見ていただいているかはわかりません。ですが、あれから10年後、本当にこれが開封されたという事だけは、ここに報告させていただきます。

    泡盛は寝かすとアルコールが和らぎ飲みやすくなるらしいですが。ワタクシ、お酒は誘われれば飲みますが家では一切飲まず、酒の良し悪しが分かるような舌を持ち合わせてはいないと思うんですが、大丈夫かな。

    あ、美味しいかも。ちなみに嫁も私と同じく、普段お酒は飲みませんが、これは美味しいと感動しておりました。とてもアルコール30%とは思えません。

    沖縄では子供が生まれると泡盛を寝かせ、二十歳になったら親と飲むという風習があるそうです。なるほど、本日らくがき塗料箱は二十歳。そしてこのお礼の手紙には「次の10年までも楽しく造形の楽しみを伝えてもらえれば、嬉しいです。」と書かれていました。あー、なんかその辺は微妙だったかもでスイマセン。

    ただ、フィギュア製作を今後しないという事はあり得ませんのでまた必ず。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月18日(火) - 神を感じる - 

    マインクラフトやっていると、あっという間に時間が経つので危険です。

    なんか今やってるワールドは砂漠が異様に大きくて砂ばかりだ。マインクラフトって新規にプレイするたびにワールドが変わるんだけど、それを決めているのがSeed値ってヤツ。この値を基にあるアルゴリズムによって地形が作られるわけだけど、考えたヤツ天才だなぁ。

    ところで、広大なマップ情報をランダムではなく、一定のアルゴリズムで作り出すという手法といえば…。ドルアーガの塔を思いだした。あの60階分のマップデータは1バイトの数字を基に一定のアルゴリズムで作り出しているらしく。ラストの60階はその値が255になっているらしい。記憶媒体のコストが大幅に下がった現代においては、こういう手法は古いものかと思いきや、ちゃんとそれが活かされる場面があったというのはなんだか嬉しい気がする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月17日(月) - ソニックマイブーム - 

    ミニ四駆ラップライマーを作るに当たって割り込みタイミングとかいろいろ考えているのだが。

    超音波センサーHC-SR04のEcho出力の長さはどれだけの精度で測る必要があるのかという事を考えた。そもそもこの超音波センサーもマイコンで動いているんだろうから、サンプリング周期が存在するはずなんだよね。データシートを見ると、クロックは40KHzだと書かれている。という事はEcho出力時間は25μs単位でしか増減しないんじゃないかと思われる。

    実際オシロで動きを見ると、だいたい25μsごとに長さがプルプル変化しているように見えるので、間違いなさそう。ということは、25μsだと音は8.5mm進むので、原理上その半分である4.25mm単位でしかこのセンサーは測れないという事になる。

    ところが、スペックを読んでいくと、分解能は3mmって書いてあるんだよね。どういう事だよ。温度が違うとか?25μsで6mm進む速度は240m/s。この時の温度は…計算するとマイナス150℃。あり得ん。

    おそらくは、マイク側の処理能力としては3mm単位で出来るようになっているが、Echo出力は4.25mm単位だという変な設計になっている可能性が高い。なんだかよく分からんが、この時点で1cm単位くらいでしか実質測れない気がしてきた。

    こうなると、床面を走る高さ2cmの物体を検知する。という今回の目的では、センサ精度にあまり余裕がない事が分かる。やっぱり赤外線距離モジュールの方が良かったか…でもこっちも大した精度は無さそうではある。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月16日(日) - クロックと時間 - 

    自分の誕生日でしたが、家で1人でPICのデータシートを読むという静かな1日を過ごした。割と幸せ。

    クリスタルを買っていないので1/100秒が正確に測れないなぁ。タイマー1用の内蔵クリスタル振動子って32.768kHzらしいんだけど、これって1秒を正確に測り取ることは出来ても、1/10秒や1/100秒は測れないってのが何とも歯がゆい。

    それにしても、何度やってもPICのタイマー割り込みの数値の設定は苦手だ。素因数分解が役に立つ数少ない場面だと思う。

    [日記拍手]
    > お久しぶりです。このセンサー安くていいんですが、もし測定距離外から測定距離内に戻っても測定を再開しない場合はこちらのページが参考になります。 http://www.suwa-koubou.jp/micom/HC-SR04/hc_sr04.html

    ある特定のロットの不具合だって聞いているんですが、今回買った物は反射に10ms以上かかってもハングアップすることは無いようです。いずれにしろ、今回の用途は常時床に向けて測定し続けるので、測定範囲を外れることはないし、そもそも反射に10ms以上かかった時点でタイム計測失敗なので問題にならないんじゃないかなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月15日(土) - なんとなくクリスタル - 

    森の中でカレー作りとか。子供の行事に付き合わされ感。

    PICのタイマー1って内蔵クリスタルが使えるらしいけど、これを使えばクリスタル買ってこなくても大丈夫だな…とかいろいろ調べる。森の中のキャンプ場で電子パーツについて検索すると、なんだかいいアイデアが生まれそうな気がする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月14日(金) - ラップタイマー設計2 - 

    大阪出張でした。

    帰りにヨドバシでミニ四駆のコーナーに居たら、男女2組がやって来て、女性が男性に対してパーツの解説をしているという場面に出くわした。ミニ四駆女子って大会でも見かけるけど、彼女に教えてもらうミニ四駆ってどんな感じなのかな。

    移動中にまたラップタイマーについて考える。今回マイコンはArduinoではなくてPICでやることにしたんだけど。PICの内蔵クロックの精度は多分1%以上なので、1秒で0.01秒以上の誤差が出ることになるのでダメだ。外部発振でも、セラロックでは0.5%だから、2秒で0.01秒の誤差が出ることになる。なので、この場合クリスタルを使わないとダメ。ちなみにクリスタルなら精度10ppmなので、16分半は0.01秒以上の誤差なしで測れる。

    Arduinoでやる場合でも内蔵クロックは0.5%誤差のようなので、単体では精度が出ていないことになる。コンマ1秒しか測らないラップタイマーでも、20秒で誤差が発生していることになるので、結構無視できない問題だと思うよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月13日(木) - ラップタイマー設計 - 

    次は超音波距離センサーで実際にミニ四駆を検知させてみるためにいろいろ考える。

    音速は気温で変化するため、一定のしきい値を超えるかどうかでは判断しづらいと思う。起動後に床面との距離を測り、それを基準点にしてそれより近い距離を検知したら物体を検知という事にしたい。

    ミニ四駆の高さはボディなしでも2cmは高さがあるので距離が2cm以上縮まったら検知と見ます。ただ、バンパー部分はそれより低い可能性があるので、確実に検知できる車体前後幅は10cmくらいか。

    1/100秒単位でのタイムを計りたいので、最低1/100秒に1回検測すればよいことになる。全長10cmの物体が1点を通過するのに0.01秒以内で通過するには36km/h以上の速度が必要。超高速設定のミニ四駆でも30km/hを超えるのは難しいので、これで十分。

    超音波距離センサーのEchoの出力時間を測る必要があるが、計算上、距離を1cm単位で計測するためには58.8μs間隔でHighかLowかを監視する必要がある。

    実際にはノイズや誤差を除去するために、これよりも細かく計測する必要もありそうだが、このあたりの計算値をもとにマイコン側の処理を考える必要がある。

    Arduinoとかで作る場合はこんなこと考えてなくても実現できるんだろうけど。よく確認しないと、1/1000秒単位とかで計測出来ているように見えて、そこにはセンサやマイコンの処理能力分の遅延や誤差が含まれていることを知らず、ミニ四駆の設定を変えたら0.005秒タイムが上がった!とか、ぬか喜びしかねないのでね。

    スマホのカメラを使ったラップタイマーなんかはまさにそうだと思うんだよね。機種にもよるが、カメラのフレームレートが30fpsだったら、0.03秒以下のタイム差は測れていないことになる。最近のiPhoneとかは60fpsで動画撮影とか、240fpsスローモーション撮影とかできるようだけど、アプリがこのレートでリアルタイムに画像を取得して画像処理するなんて事はできていないんじゃないかなぁ。

    [日記拍手]
    > 距離計の説明、すごくわかりやすかったです。面白い。

    お役に立てれば幸い。

    データシートのタイムチャートが嘘くさいんですよね。10usのトリガの直後に40kHzの矩形波の音を8回出し、その直後にEchoが出力されているように描かれているんだけど、それならトリガの後200μs後にEchoが出ないといけないが、実際は450μsかかっているし。Echoの出力時間は、音波を出し終わってから反射を検知し始めるまでのようにチャートでは見えるが、実際には音波の出し終わりから反射を検知し終わるまでだろうと思うんだよね。原理上そのはずだし、そうじゃないとデータシートに書かれている距離の計算方法の式と一致しない。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11009/

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月12日(水) - 超音波距離センサーの性能とやら - 

    というわけで、超音波距離センサーという物を試してみることにした。秋月のサイトで検索すると1番上に出て来るHC-SR04っていうヤツを買ってみた。

    気になるのはサンプリング周期がどれくらいとれるのかという事。データシートのタイムチャートを見ると、1回目のトリガから次のトリガまでが60ms必要という感じに読めるんだけど、これだと今回の用途には遅すぎるんだよな。どういうことなのか実物で測ってみた。

    5V電源で、10μsのパルスをTrigに入力すると、超音波を発して跳ね返ってくるまでの間、EchoがHighになる仕組み。Echoが出力されていた時間を測れば、距離が分かるというわけですな。

    センサーから10cmに板を置いた時の状態でオシロで計測した。



    トリガは10μsとあるが、正確にはトリガの立下りを検知してスタートになるようだ。それから450μs後にEchoが出力される。次のトリガ立下りを検出するまでに、Echoの出力が終われば問題ない。

    つまり測る対象までの距離が短いほど、サンプリング周期を短くできるという事。今回710μsのトリガ周期で問題なしだったので、10cmくらいの距離なら1/1000秒間隔で測定できるという事だね。十分な性能です。

    誰かの参考になれば幸い。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月11日(火) - 作ってみるか - 

    先日書いた、ミニ四駆のラップタイマーを自作できないか。に挑戦する事にする。

    自作してみた例をネットで探してみると、赤外線または超音波の測距モジュールを使っている例や、反射型フォトインタラプタを使った例が見つかった。

    測距センサでなくても、物体があるかないかの検知なら赤外線LEDと赤外線フォトトランジスタだけで何とかなるんじゃないかと思って、とりあえず実験回路を作ってみたが。投光器と受光器の間を物体が通るならいいが、地面に反射する明るさを見て物体を検知するのは結構シビアかも。

    純正のラップタイマがこれでやっているようなので、出来るのかと思っていたが、良く考えたら地面と通過マシンを区別するためには3cmくらいの高さの変化を検知する必要があり、相当シビアな調整が必要なような気がする。純性はどんな仕組みなんだろう。調べてみたいが、絶版で製品は高騰しているから買いたくない。

    こうなると測距センサを使った方が確実なようだが、1回計測するのに50msくらいの時間がかかりそうな感じ。1/100秒単位のタイムが図りたいのにこれは遅すぎる。それに高速なマシンだと、1点を通過するに0.02秒くらいしかかからないからマシンを捉えられないんじゃないかな。と思うんだけど、どうなのだろう。これでうまく計測できている人もいるみたいだから大丈夫なのか?

    いろいろ調査してみる必要がありそう。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月10日(月) - 入学式だ - 

    息子入学式でした。

    そして午後からマインクラフト。ようやくネザーに行けたとか喜ぶ2人。なんかダメな気がする。というかさっさとクリアして終わらせたい気分。明日からは宿題やってからやろうなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月9日(日) - 7歳の誕生日は - 

    息子の誕生日でした。でも一緒にマイクラするのが楽しすぎて、誕生日らしいことせず。

    私がやっているのはスマホ版(PE)だが。良くアプリが落ちるのは良いとして、フレンドプレイのプレイヤーが持っているアイテムが原因不明の消滅をすることがあって、結構精神的ショックがデカいです。

    それより、一番の問題は時間があっという間に経つことでしょうな。時間を無駄にしていると考えるか、子供との触れ合いと考えるか…。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月8日(土) - 愛すべきコッペル - 

    結局マインクラフトで1日が終わる。

    なんか津川のコッペルの件で、いろいろ反応が。これって意外と需要のある話題のようですね。またなんか 自分の中では一旦終わった話題だったのですが、また新たな取り組みを考えてみたくなりました。

    [日記拍手]
    > 色々と大変勉強になりました。早速半田ごてやら色々買い込んで100Ωくっつけてみました。結果、、、以前ほどではないものの、やっぱり元気に走る^^;。速度に対してのトルクが太くなるということではないですもんね。。。まあ不調になるという訳ではないのでこのままいこうと思います。期待した効果は得られませんでしたが半田付けなど新しい事にもチャレンジ出来てとても勉強になりました!また新しい記事を楽しみにしております。長文大変失礼致しました。

    まぁ、抵抗付けはパワーパックのダイヤル位置に対するトルクの対応を変えるだけで、本質的な改善には至っていませんからね。半田付けもうまくやらないと、本体のプラを溶かしてしまうので、素早くやる必要があって意外と難しいんですよね。

    [日記拍手]
    > 動画拝見しました。 コッペルは「自転車に抜かされた」という逸話があるので、R103レールの円を30秒くらいで走るスローを目指していました。私も47Ωの抵抗をつけてみましたが芳しく無く PWM型パワーパックでは低出力時にヒョコヒョコ走行になってしまいました。結局モーターを外して電装解除しユーレイ貨車に押してもらうことにしました。 電装解除は敗北でしょうか? 車輪やレールの清掃に神経質にはならずに済みます。

    私は津川のコッペルの魅力は、この大きさに動力を詰め込んだことだと思っているので、ユーレイ式にすると、KATOのチビロコでいいじゃん?って気になってしまうんですよねぇ。

    [日記拍手]
    > 追伸 ちなみに「ユーレイ貨車」は 津川の「ワ1形」か鉄コレ1弾の「ワフ」にはこてつ動力を組み込もうと思っています。 アルナインの産業用Bタンクとの重連でも良いかなと。

    低速走行時には接触不良で回路が切れてモーターが止まって車両が停止するので、必ず再発車できなくなります。これを改善するには、車体重量を増してモーターへの電流が途切れても慣性力で走り続けられるようにすることと、車輪の数を増やして接触不良の確立を減らすしかないんですよね。

    ユーレイ式は重量を増すことによる改善なんですが、はこてつ動力はウエイトも付いていて優秀ですよ。私の47Ω付コッペルと速度が同じくらいなので、重連でもうまく走ってくれます。でもワフとはこてつは微妙に車軸間距離が違うんですよねぇ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月7日(金) - 入学前に廃人 - 

    マインクラフト。息子と協力プレイにハマり過ぎて夜更かしが過ぎる。来週から小学生なのに大丈夫か…。

    [日記拍手]
    > 動画アップありがとうございます。低速での安定感に効果的ですね。ちなみに(他動力車との同期を無視した上で)抵抗値をより大きくすれば、より低速向きということなのでしょうか?不勉強でお恥ずかしいのですが、せっかくの機会ご教授願えれば幸甚です。コッペルでスケールスピードが再現したくて、、、

    抵抗値を大きくすると、パワーパックのダイヤルをたくさん回しても速度が上がらなくなります。よってトップスピードは出なくなりますが、速度調整はしやすくなります。あと、高い電圧で制御できるのでレールの接触抵抗の変動を影響を受けづらくなるという効果もあるんじゃないかと思っています。

    私の場合は他の小型車両と速度を合わせたいという事で、貨車を少し牽引した状態で鉄コレの単編成車両と同じくらいの感度になるように調整しましたが、より低速走行を目指すなら100Ωでもいいかも。それ以上だと、ダイヤル最大でも走らなくなる恐れがあります。

    津川のコッペルを低速安定走行させるには、車輪の清掃、レールをピカピカに磨くという事をかなりの頻度で行わないとダメです。ロッドのクリアランス調整、微妙なオイルアップもたまにやる必要があります。またポイントレールは低速で通過は無理です。これらは構造上どうしようもありません。ただ、付属のダイキャスト製ボイラーへの乗せ換えは効果があるので、走行性能を重視する場合はおススメ。またパワーパックはどれでも大して走行に影響はないようです。

    だけど、手間がかかる子ほどかわいいというか、この子がうまく走っている所を見ると、なんか幸せです。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月6日(木) - 動画づくりの週 - 

    昨日のリクエストに応えて、津川洋行のコッペルの走行動画を作ってアップした。

    https://youtu.be/LnheivxVmAc

    動画作るのって時間かかるな。もっと簡単に作れるツールを探してみたくなる。

    [日記拍手]
    > レスありがとうございます。是非ともアップ願えればと思います。欲張れるならばパワーユニットの操作に対してどう反応するのかまで見れたら嬉しいです。

    電圧を表示させたので、1つの目安にはなるかと。動画で使ったパワーパックは単純な直流電圧を出力するタイプの物ですが、PWM型の物だともう少しスロースタートがしやすくなります。

    また、レールと車両がベストな状態で整備されていないと、発車時に接触不良で動かなくなることは多々あります。これは2軸機関車では仕方がないです。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月5日(水) - 回線品質と勉強 - 

    ウチの自宅のネット回線はADSLで、回線が込み合う夜なんかは結構低速になったり、時々つながらなかったりする。でも安いのでそのまま使い続けているという状態。あまりネットを快適にし過ぎると人間堕落するし、これで満足しているのだが。

    今日から息子が、ネット回線で先生と英会話するという教材を試してみたのだが。良く聞いてみると、回線品質が悪くいせいか、音が微妙に切れ切れになったりする。う〜ん。今回初めて、回線を見直した方がいいかもと思い始めた。

    そういえば、受験勉強用の授業を動画配信とかしているサービスもありますよね。実はネット回線品質が学校成績に影響するという時代に突入しているのか。と気づかされる出来事だった。

    [日記拍手]
    > (2016.06.28日記)大変興味深く拝見致しました。抵抗取付後の走行動画などありませんか?

    津川のコッペルは、現在47Ωのチップ抵抗を取り付けて整備済みになっています。取付前の動画は無いので比較動画は作れませんが、現状車両の走行動画なら撮影してアップしてみても良いですよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月4日(火) - 1年生になったら - 

    息子も今月から小学生という事で、ミニ四駆ジュニアクラスに出場できるようにしようと思いつき、自分でマシンを選ばせて自分で組み立てさせるという事をしてみた。

    息子は赤色が好きで、メッキ仕様が好きで、フォーミュラカー好き。という事で、予想通りこんなやつに。とりあえず小学1年の子が自力で作れるかどうか、試してみた。息子は食玩のプラモは作れる程度のスキルはあるが、工具を使うプラモはあまり経験が無い。

    説明書の文字は読めないので、大人が作業内容を教えてあげないといけない。でも以下の点はどうやっても無理だった。

    大型シールをピッタリ貼る事。これは大人でも難しい。失敗するとリカバリーが難しいし、精神的ショックも大きいから、大人がやってあげた方が良いかもね。

    タイヤホイールとピニオンギアの圧入。これは子供の力では無理。仕方がない。

    ネジにローラーとワッシャーを入れて、シャーシにネジ止めすること。ネジに通した物が落ちないように保持しつつ、タップが切られていない穴へドライバー回してねじ込むというのは、子供にとっては難しい。部品が落ちないように保持する部分はちょっと助けてあげないと無理っぽい。

    それでも、自分で完成させたマシンが走るという喜びは味わえたようで、満足そう。ジュニアクラスに出場するぞと意気込んでいたのだが。良く調べたらジュニアクラスって小学4年生以上なんだってね。まぁいいか。将来に向けて先行投資だ。(これから4年以上ミニ四駆やるつもりなのか俺?)

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月3日(月) - 反省会 - 

    昨日のスプリング2017大阪の動画とか作ったりしてた。

    https://youtu.be/w-UQ3aTZi6w
    https://youtu.be/6ibAT4XiyLE

    動画編集してて分かったのだけど、ジャンプ1回でダブルバウンシングを綺麗に超えているマシンでも、次の周ではコースアウトという例が多い。ジャンプ手前はロングストレートだが、公式コースはセクション継目の段差を超えるたびにマシンが揺さぶられるので、ジャンプの進入角度は運任せにならざるを得ない。しかもこのコースはジャンプ前に一旦下るのだから、なおさらだ。そういう意味ではXシャーシで前後にオモリを付けまくって直進性重視!みたいなセッティングにしてみても面白かったかなぁなんて思ったり。

    決勝戦に至っても、チャンピオンズとジュニアは5台中4台がコースアウトだったようで。これを、あえて遅めのセッティングで手堅くコマを進められた人の作戦勝ちと考えるか、単なる運試しゲームだったと考えるかは見る人次第だろうなぁ。

    ただ、運要素がない実力勝負だけの世界だと、ベテラン以外が入り込めない世界になってしまう。適度に運要素を絡めつつ、ちゃんと対策すれば勝てるゲームバランスを保つことが大事ですよね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月2日(日) - 俺の春も終了 - 

    というわけでついにこの日がきた!ミニ四駆グランプリ スプリング2017大阪大会。

    会場ごとに設置向きが異なる、ダブルバウンシングストレートの向きはBA-BAだった。まぁ、前の3会場の向きから今回はこうなると思っていたけどね。2個目がBAになっているヤツはヤバイってことは何となく分かるんだけど。多分東京と大阪にそれが当たったのは、わざとだろうな。

    それを見越したセッティングにして来たつもりだったんだけど。コースアウト続出らしく、結構ヤバイようなのでさすがにスプリントダッシュを使う勇気はなかった。自宅コースの2連ジャンプで一番安定していたハイパーダッシュ3のセッティングに変更。で、結果は4周目でコースアウト。2周目回った時は完走できると思ったんだけどな。5人中4人がコースアウトして、1人だけノーマルモーター並の亀マシンがゴールするという結果に。

    録画を息子に頼んだが、ちょうど目の前にスタッフが立ってしまったらしく、ほとんど映らなかったらしい。次回以降はウエアブルカメラとかの導入も考えたいところ。目視で見た限りは水平に飛んでたように見えた。着地で乗り上げてカーブで横転したパターンだな。

    その後、観客が減ってきたのでようやくダブルバウンシングストレート部分をじっくり見られたけど。基本的に2連ジャンプの場合、いくら制振装置をつけても2番目のジャンプの飛ぶ方向は運任せなので安定しないのだ。中途半端に速いマシンは5周するうちに高確率でコースアウトする。逆にノーブレーキで突っ込んで1回のジャンプで2つのコブを飛び越すくらいの方が安定してた。とはいえ、1周目とそれ以降で進入速度が違うし、速すぎると次の上りスロープで飛ぶし、1発勝負でセッティングを決めるのは困難だろうね。

    ま、とりあえずこのファイヤードラゴンで公式大会に出たいっていう最初の目的は達成できたからいいけど。出来ればスピードコースでかっ飛ばしたかったってのはある。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年4月1日(土) - イザ! - 

    仮面ライダーの映画見に行った。ライダーと戦隊の総コラボ映画でストーリー滅茶苦茶の祭り映画。まぁ、毎年春映画はこんな感じだけれども。過去のヒーローをどれだけ知っているかのクイズを見せられているような気分だった。

    龍騎のソルダが変身前状態で出演していたのは嬉しいようななんか違うような。役者さんが老けてるのは仕方ないのだが、テレビ本編では死んだ事になっているキャラクターなので、もし生きていたらこれくらいのおじさんになっていると考えるとなんか悲しくなる。

    さて、午後からミニ四駆のマシンを仕上げる。クラッシュで傷ついたところを再塗装。デカールとシール類を再貼り付け。デカールは以前教えてもらった裏貼りにしてみた。サイドの白い所に貼っている文字は、デカールではなくてシールにしてみた。この方が綺麗だ。

    1次予選突破できるといいなー。とか言いながら準決勝までの事を考え、勝ち進んでからスピード負けしないように電池を今日買い足したりして。開始2秒で終了して、満充電の電池を持って帰ることになる確率の方が高いんだけどな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月31日(金) - さぁ今年度終わり - 

    鶏肉を食いに行くなど。

    Arduinoの本も読み終わってなんかできそうな気がしたので来週くらいから手を付けてみよう。でもとりあえずまずは今週末のレースだ。セッティングは出来たけど、傷ついてボディを補修しなくては。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月30日(木) - 俺の秘密 - 

    この前の日曜日にエディオンにいましたよね。と、職場の人に言われた。

    ミニ四駆の事は言われなかったので、走らせていないときを目撃されたようだが。この人は1人でミニ四駆してたので「子供と一緒に遊ぶお父さん」を演じてなかった。まぁ別にいいけど。

    [日記拍手]
    > テレビ愛知のローカル番組「大人の秘密基地」。モデラーの情熱が熱くて面白いです。youtube などで一度見て下さい。

    番組紹介の動画が見られますね。どれも私が好きそうなネタばかりですね。それにこの人たち全員スゲー楽しそう。ただ1つ言えることは、これらの幸せを手に入れるためにはまずは広い家が必要という事ですな。そこそこ田舎に住んだ方がいい。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月29日(水) - 手を出してみる - 

    嫁と息子がディズニーツムツムで遊び始めた。どうしてもツムって聞くと、野菜を運ぶ2軸有蓋貨車のイメージしかないぜ…。

    昨日思った事を実行すべきかどうか検討しようと思ってArduinoの本とか買ってきて読み始めた。なるほど具体的にどういう物かが理解できた。1つ2980円ってのを高いとみるか安いとみるか…。頑張ってPICでやったら200円くらいだもんな。

    LCDと距離センサーの制御程度ならPICでやれる範囲内かもなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月28日(火) - またラップタイムで迷う - 

    ミニ四駆のラップタイマー何とかならないかな。

    ミニ四駆のラップタイムは光センサーで物体の通過を検知してタイムを測る専用の物がタミヤから売られていたが、現在は絶版になっている。でも現在はスマホを使ったタイマーが有志で開発されており、それを使うのが定番になっている。

    仕組みはスマホのカメラを使って物体の通過を検知するのであるが、部屋が暗かったりカメラの性能が悪いと誤検知が多い。また、検知の時間精度はカメラのフレームレートに依存するわけで、つまるところ、低性能のスマホでは今一つ。

    一方、振動を検知してタイムを測ろうというアプリがあって、これはかなり高精度な計測が出来る。https://sites.google.com/site/vibrationlaptimer/

    ただ、スタートの瞬間を検知しようとすると失敗するんだな。スタート直後はゆっくりなのでダンボールとかにぶつかっても振動がスマホに伝わらず、空振りになる事が結構起こる。

    ちゅうわけで。ストレスなく計測できるようにするためには、やっぱり専用ラップタイマーを自作するしかないかなーとか思い始めた。検索すると、Arduinoとセンサーを使って割と簡単に出来ましたって記事が見つかる。多分自分にもできそうだ。けどなぁ…個人的には10周分のラップタイムを1画面に表示させたいっていう欲もあって、そうなると結構高額なディスプレイが必要になってしまう。でも安いLCDもありそうな感じ。

    そんなことよりも、遅くても振動検知できる器具を考えてみる方が現実的か。いや新しいスマホかタブレットを買えばいいんじゃないかとか。いろいろ考える。

    ていうか普通の人は3レーンコースで3週分のタイムを測っているんだろうなぁ。私みたいに1レーンコース10周分のタイムなんて知りたいのは私くらいだろう。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月27日(月) - いつもの - 

    久しぶりの日常。

    昨日の走行結果から、またセッティングの見直しとかする。やっぱりARシャーシはスラスト5度では遅くなるので、浅めにセッティングすべしだな。先日発売した金属製のHG角度調整チップセットを早速使ってみる。これは良い製品ですよ。

    角度調整チップはこれまでプラ製の物が出ていたけど、強く締め付けると潰れてしまう事があった。かといって緩めにすると、走っているうちに角度が変わってしまったりするのが悩みの種だった。金属製なら強く締め付けることが出来る。

    でも、あんまり角度調整チップって使っている人を見ないんだよね。ここを変えるだけでタイムが全然変わるんだけど、あまりこの変化に着目している記事を見かけない。レーンチェンジがクリアできる範囲で出来るだけ浅くセッティングするのが肝なんだけど、公式レースのようなバーニングチェンジャーだったら、スラスト角ゼロでかっ飛ばすことが出来るんじゃないかとか思うんだけど、一発勝負の公式レースでは怖くて試せない。次に新橋に行った時にやってみようかな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月26日(日) - 立体での検証 - 

    嫁と息子が宮崎から帰ってくるので空港までお出迎え。

    伊丹空港近くのエディオンにミニ四駆コースがあるので走らせてみた。年末年始に縮小化されていたコースが大きく再設置された。ここは無料で受付も不要という事で、使いやすい場所だ。かなりアップダウンの激しい立体コースではあるが、そんなに意地悪な箇所が無く、見た目以上に楽しく走らせられる。

    ここで走らせて分かったけど、やっぱり自宅の単純なオーバルコースで一番速いマシンが、ここでも一番速いわけではない。やっぱりMAのマシンが一番速かったが、コースアウトしやすいのも事実。来週の大会どうしようかなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月25日(土) - これでいく - 

    一日家にいた。

    ファイヤードラゴン。ダブルジャンプで吹っ飛ばないセッティングを作る。

    上り坂に着地した場合、フロントから着地してリアが叩き付けられ、リア側が浮き上がる。なので後ろにマスダンパーが重要だと分かってきた。でも重ければ制震効果が高いというわけでもなかった。ボールリンクにスライドダンパーをつける二段式にしたりいろいろ試したけど、結局前後のバランスが重要だと分かった。

    今回の場合は5g程度。一応ハイパーダッシュ3ならこれでコースアウトせず安定。まぁ、あくまでこのコースなら。だけどね。あとは傷だらけになったボディを補修して本番に挑むことにしよう。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月24日(金) - 最近の若いもん - 

    帰り遅くなった。いつでも早く帰りたい。

    Yahoo!に出てたある記事。
    http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/011100116/030800005/

    この記事、結局「お礼メール」をしてほしいのかしてほしくないのかよく分からないのではある。まぁそこはどうでも良い。

    携帯メール自体が若者の連絡ツールというイメージだった自分としては、携帯メール普及当時に若者だった人が今、「最近若い子のメールの仕方」を愚痴っているんだと思うと面白い。マナーという物は時代ともに変わるって事なんだろうなぁ。

    まぁいずれにしろ、自分が不快だと思った事をマナー違反だと一般論にすり替えて自分を正義にしてしまうような事はしないように気を付けないとな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月23日(木) - 1人の夜 - 

    自宅のミニ四駆コースの全長を少しだけ延ばして2連ジャンプの挙動を見たが、2回目のジャンプで横転してしまうようだ。

    着地後のバウンドの前後の傾きはオモリの量で調整できるが、左右のブレはどうにもならない。ブレーキは上りスロープ進入口でしか効かないから、上りスロープ中央部に着地してしまうとあとは運任せですな。スピードダウンか、車体を重くするくらいか対策は難しいなぁ。

    そんなことをしながら1人夜は終わっていく。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月22日(水) - 1人ダブルジャンプ - 

    家に一人なので夜が長い。

    ミニ四駆スプリング東京大会の様子がネットにアップされてきているが、熊本大会と違ってコースアウト続出の大荒れだったらしい。決勝戦のタイムも熊本大会よりも遅いものになってた。

    会場が変わるとジャンプ台の向きが変わるってのは面白いね。配置の向きは当日まで分からないから、いくら模擬コースで事前準備をしていても、当日会場で適切なセッティングに変更できる腕が問われるわけだ。

    というわけで連続ジャンプ練習。急きょ小ジャンプ台を作ってみた。本物のコースと同じ寸法は無理だけど、ジャンプの角度は多分同じくらいだと思う。映像からの目測ではB→Aの上り角度は300mm進んで50mm上昇じゃないかな。意外と急ですよ。

    今日は家族がいないので深夜までバンバン走らせられるぜー。でもコースアウトしまくり。まぁ仮に並びがBA-BAの並びだとしてももっと間隔広いんだろうけどな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月21日(火) - さぁどうする - 

    親子3代でパターゴルフをしたりして何となく時間を過ごす。宮崎19℃。暑い。

    で、明日から仕事のため、私は家に帰ってきた。寒い。

    でも嫁と息子はもうしばらく宮崎に滞在するのでしばらく1人暮らし。何かいろいろできるような気がする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月20日(月) - 妻線の痕跡その2 - 

    昨日の成果に味を占めて、別の場所へと向かう。

    かつての西佐土原駅から西に向かうと、なんか昔っぽい物があった。ガードレールが建てられており、道として整備されているように見えるが、実は立入禁止になっていた。老朽化が進んで危険になったのかな。

    嫁の父親の話によると、この区間は妻線の跡として保存しようという意見があるらしく、もしかしたら何らかの形で改修が入るかもしれない。他にもいろいろ見つかるかもと思ったが、ただの暇つぶしだったので、これ以上深追いはしない事にした。

    個人的には、終点の杉安の先にあったという日向軌道、そのさらに先にあった銀鏡軌道という物に興味があるが、もはや立ち入ることができない場所になっているんだろう。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月19日(日) - 妻線の痕跡 - 

    今日から嫁の実家に来ておる。

    さて、本日は午後から宮崎入りと中途半端だったので、夕方少し散歩。この近所にかつて存在したという国鉄妻線の痕跡を探ってみた。

    ググるといろいろ出て来る。
    http://www.hotetu.net/haisen/Kyushu/160130tumasen.html
    http://www.ogaemon.com/haisen/tuma-sen/tuma.html
    http://www1.cts.ne.jp/~kimata/takachiho.htm

    すでに廃線から30年経っているが、なんかそれらしいものが見つかりそう。嫁に教えてもらいながら、かつて存在したであろう場所を歩いてみた。そしたら鉄橋発見。



    なかなかいい感じ。遠景にしてみると、かつての風景が想像できそう。

    よく調べたら、Googleマップにも「妻線鉄橋跡」という名前で載ってた。知る人ぞ知る場所なのかもしれないが、少なくとも嫁の実家の人たちは知らなかった。

    [日記拍手]
    > いわたさんの息子さんが卒園とは、時間が経つのが早いですねえ。おめでとうございます

    そうなんですよ。同じだけ自分も歳取ってると考えると、残された時間はあまりないのかもとか考えたりします。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月18日(土) - この支配からの卒業 - 

    卒園式でした。1人1人将来の夢を言わされる形式だったのだが。息子は、ゲームを作る人になりたいそうだ。エグゼイドの影響か?まぁ実は自分も就職活動の中でゲーム会社受けてるけどね。

    で、ミニ四駆。浅漬けモーターで劇的に速くなったが、この方法は一気に広まった気がする。これまで長い時間をかけてモーターを育成してきた上級者に簡単に追いつけるようになったという事。明日は東京大会らしいが、優勝タイムはかなり速くなってコースアウト率もアップするんじゃないかね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月17日(金) - 安心する結果 - 

    やっと期待した通りの結果が出た。昨日は電池が減り気味だったらしく、改めて別の電池で計測してみると、

    ギア比3.5:1の場合 の速度 (ARシャーシ)
    タイヤ径31mm PD > SD > HD3
    タイヤ径28mm PD > SD > HD3
    タイヤ径26mm SD > PD > HD3

    となり、各モーターのコンセプト通り、減速比が大きいほど高回転型モーターが速くなるという結果に。なんか安心した。ただし、これはモーター慣らし済みで、ネオチャンプ、レーンチェンジの無いオーバルコースの場合。PDとSDのどっちが速いかは状況によって異なるが、HD3より遅くなることはなさそう。

    ちなみにどのタイヤ径でも最速タイムはほぼ同じ記録だった。という事はタイヤ径が小さいから速度負けするという事は無いんじゃないかな。まぁいろんな所を極限まで詰めれば小径ではダメって領域もあるのかもしれないが。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月16日(木) - 分かってきたモーター - 

    今週からミニ四駆のモーターの慣らしとかいろいろ試していて、なんかいろいろわかってきた。

    パワーダッシュ、スプリントダッシュは速すぎて上級者じゃないと制御不能な暴れん坊という印象のモーターだが。先週まで、タイム計測するとハイパーダッシュ3よりも遅いという結果だった。でも月曜に紹介した水に浸ける慣らしを実施したところ、見違えるほど爆速に。これまで速いと思っていたハイパーダッシュが亀のような鈍足に見えるほど。

    これらのモーターは慣らしをしないと下位モーターに劣る性能しか出ないという事だという結論に至ったが、これらは慣らしをしない方が速いと言っている人もいる。たまたま私の買った個体がそうだったのか?

    超速ギアで26mm,28mm,31mmとタイヤ径を変えて単純オーバルコースで計測したところ、どのタイヤ径でもスプリントダッシュが最速という結果に。タイヤ径が大きいとパワーダッシュの方が優勢になると思ったがそうでもない。

    ただこれ、電池の状態によるかも。電池交換したら、パワーダッシュがスプリントダッシュと同じくらいの速さになった。という現象も確認できた。パワーダッシュは大電流が必要で、電池の放電能力によってスピードが左右されやすい。という事なのだろうか。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月15日(水) - まだまだ - 

    熊本大会、オープンクラスの優勝タイムは28秒台だったみたいね。27秒台だったのはチャンピオンズの方だ。コース全長から考えると、優勝争いは平均速度が23km/hくらいのレベルか。現在家のオーバルコースだと自分のマシンは21.5km/hくらいなので、全然足りてない。まぁ、本番は直線部分がもっと長いのでもっと速くなるんだろうけどな。

    今日はタイヤ径を変えていろいろ試してみたんだけど。どのモーターを使ってもタイヤ径は28mmくらいが最速という結果に(超速ギア使用)。モーターが変われば最適な減速比も変わると思ったがそうならないんだな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月14日(火) - 模擬コース? - 

    俺のマシンは速いのか遅いのか分らん。

    SPRING 2017 熊本大会の様子を見ると、オープンクラスの優勝は27秒台だったようだが。マシンはARのパワーダッシュ+大径ペラタイヤ+前後スラダンっぽい。いくらスピード重視のコースとはいえ超大径とかそういうレベルまでではないみたい。

    模擬コースで走らせてみたいなぁ。でも模擬コースで練習してセッティングを出すのってフェアなのかなぁって思ってしまう。大会優勝者の人って大体模擬コース使っているらしいけど。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月13日(月) - 浅漬け - 

    ミニ四駆においてモーターの慣らしっていうのは、1次ブームの頃から言われていた基本的なテクニックだった。でも自分は復帰してからはこれまでこの分野に関しては手を付けてこなかったんだよね。ここ最近まで、モーターのパワー不足に悩む事が無かったからね。

    しかし自分のARマシン。スプリントダッシュやパワーダッシュを使うよりもなぜかハイパーダッシュ3を使う方が速いという状況。これ以上はハイパーダッシュ3をどこまで育成できるかだ。

    こちらの動画を見て驚いた。
    https://youtu.be/cJdeAdUAjbY

    モーターを水に6分つけるだけとは。あまりに衝撃的だったので、早速自分でもやってみた。実際新品の状態よりも1割程度回転数が上がる事が確認できた。これは凄い。今のところ3.0Vで28000rpmだが。頑張れば30000rpmの個体が見つけられるんじゃなかろうか。

    まったく。ジャパンカップは富士通乾電池じゃなくてマブチモーター提供の方が良いじゃないのってくらいモーターを買う事になるんじゃないかな。ちなみにミニ四駆のモーターはマブチ製とSMC製があるらしいけど。

    ところで、実際は昨日慣らしたのだが、十分乾燥させてから今日電源を入れたら、モーターから煙が出てきてビックリした。でも最初だけ。よく分からんが、濡れてた内部が錆びてて、それが燃えたのかもしれない。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月12日(日) - 残念無念 - 

    午後からカワサキワールドのNゲージ運転会に行ったらすでに受付終わってた。なんてこったい。

    例年よりもやけに人多くないか。いつも午後から行くと待ち時間なしで運転できるくらいだったのに。何だかもうかなり不完全燃焼気味。家で一人運転会でもするかと思ったが、それは昨日やったしね。

    ところで、以前買ったKATOのセキ3000。もっと長大編成化したくなったが、すでに店頭から消えてる。長く売れ残っていたのでいつでも買えると思ったが。ある時に買わないといけないのはこの業界…。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月11日(土) - 久々の整備 - 

    明日は鉄道模型の運転会に行くので、久しぶりにNゲージ車両がちゃんと走るかチェック。むぅ、ミニ四駆コースが邪魔だ。

    でもほとんどの場合、不調の原因は車両ではなく、レール表面が酸化している事だったりするんだよな。錆びないレールって出来ませんかね。そうなると表面が金メッキとかになっちゃって雰囲気ぶち壊しか。でも車庫の中とかトンネルの中とか、見えなくて掃除がしにくい場所用に金メッキレールとかはどう?

    ていうか分岐器とか車両の接点部分とかにも金メッキを使ったらいいんじゃないのって思うのだが。ミニ四駆でも銅板を金メッキ化したグレードアップパーツがあるから、鉄道模型でもそういうパーツを売ったら売れるんじゃなかろうか。自分なら買う。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月10日(金) - 皿ビスキター - 

    ミニ四駆の皿ビス買えたぜー!

    ただのビスがなぜうれしいのかは2月2日の日記に書いた通り。発売日は明日だがフラゲしてきた。先月はただのアクリルの箱が争奪戦だったし、まったくミニ四駆のブランド力はどうかしてる。

    この商品は限定品ではないようなので、急いで買わなくてもいいだろうけど。かつて皿ビスがあれば…と思ったことがあるから、買い逃して後悔したくないというか。まぁ実はあれからさらに自分の技術も向上して、皿ビスに頼らなくても何とかできるようになったんだけどね…。

    皿ビスを使おうとすると、取り付けるプレートをサグリ加工する必要があるわけだけど、加工してしまったプレートは取り付け方を変えて再利用しにくくなってしまうから、結局そんなに多用できない気もする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月9日(木) - 安全な乗り物 - 

    先週以来、なんか宇宙開発に関する動画を見ていたら、自分のYouTubeに関連動画がいっぱい出てくるようになってる。

    ロケットや飛行機なんかのメンテクルーのドキュメンタリーな映像とか見てると「わずかなミスが重大事故につながるから、一生懸命メンテしています!」みたいな言い回しを良く聞く。こういう意識の高い人達がメンテしているから安全だ。みたいなことを言いたいんだろうが。私なんかは、1か所くらいミスがあっても重大事故にならないような設計になっていて、初めて安全な乗り物と言えるんじゃないの。と思うのだが。

    航空旅客機なんかは、かならずエンジンは複数積んでいるし、制御系も複数系統積んでいて、1つ壊れても緊急着陸できるように設計されているわけだけど。ロケットって打ち上げ中になんか異常が発見されても、エンジン止めて緊急着陸って出来ない乗物だよな。カウントダウンが始まった瞬間から、このまま宇宙に行くか、死ぬかの2択しかないという、結構デンジャラスな乗り物。

    まぁでも航空機だって、離陸時に滑走路上で一定速度以上に達したら、ブレーキをかけて止まる事は出来ず、そのまま離陸するしかない状態になるっていうから、ロケットはその時間が伸びただけ。と言えるかもしれないが。

    そういえば、ポリスノーツっていうゲーム(メタルギアの人が作ったアドベンチャーゲーム)で、「人類が宇宙に出る事は、魚が陸に上がる事よりも難しい。」とラスボスが言っていたのを思い出した。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月8日(水) - そして再び考える - 

    ふぅ…やっぱり世界一かっこいいぜ。俺のファイヤードラゴン。

    速くできた途端に強気になるバカ。多分次の大会でボロ負けして泣きそうになるんだろうに。

    それにしても、このままだと制振装置が貧弱なのでなんかしたい。ARシャーシは固いので、説明書通りサイドマスダンパーを付けただけでは、オモリの跳ね上がりにくい。サイドバンパー部分だけ剛性を抜くか。提灯系の制振装置を格好良く付けられないか結構前から考えているが、いいアイデアが出ない。

    その答えの1つがバンパー前にマスダンを付ける事だったんだけど、これだと遅くなることが判明したからどうした物か。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月7日(火) - 中径でもいける - 

    ワシのファイヤードラゴン、ARシャーシを緑から元の黒に戻す。黒は剛性抜きをしていないヤツだが、タイムに変化は無かった。やはり、ARの剛性抜きは速くなるわけではない。立体コースでコースアウト率が減るとかいう効果はあるかもしれんが。

    これだけ速ければSPRINGの高速コースに対応できるかなぁ。とか思ったりもするが、やはり中径タイヤじゃ速度負けするかも…。とか思っていたら、YouTubeでSPRINGの模擬コースで、中径タイヤ+ハイパーダッシュのエアロアバンテで過去チャンピオンに勝ったという動画があった。この結果は中径ARが好きな自分としては心強い。https://youtu.be/-iP1AKQSIKA

    アイドル相手で最初は手加減したと思うけど、その後の再戦はガチだったんだと思う。それでも勝ってるもんなぁ。タイムを計測しても速いって店長が言ってるから、たまたまセッティングがハマったんだろうね。リアスラダンって意味あるのかなぁ…。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月6日(月) - スラストとワッシャーとマスダンパー - 

    ワッシャー入れとスラスト角調整したARマシン。オーバルコースでタイム計測してみると、S2と同じタイムになった。総重量もマスダンパー位置も両者同じ。これでARシャーシが遅いなんて言わせない。(自分で言ってただけだが)

    ところで、マスダンパーは前輪の後ろに配置するのが良いと言われているが何故か。それは、この位置にマスダンを置いても遅くならないからだと知った。ちなみにこのARマシンはマスダンパーがあっても無くてもタイムがほとんど変わらない。このサイドに付けたマスダンパーは合計15gある。しかし8gのスクエアマスダンパーをフロントバンパーにつけると、タイムがガクンと落ちる。

    ミニ四駆は軽くすれば速くなる。重くすれば遅くなる。そう思っていたがそんな単純ではなかった。重くても重量物が重心に集中していれば、旋回性能は落ちない。テコの原理から考えれば、フロントの跳ねを抑えるならできるだけ前寄りに、リアの跳ねを抑えるならできるだけ後寄りに配置した方が制震効果が高いはずだが、このような配置はコーナーリング速度を落としてしまう。とはいえフロントの跳ねは抑えたいので、重心よりも少し前の辺りに置くのがベスト。という事のようだ。もちろんここだと低い位置に配置できるというメリットもあるだろうけど。

    [日記拍手]
    > ワンフェスレポ面白い。ボーメの作品で忍びのとうな格好をした作品があったんです。わかりますか。

    すいません。拍手に気づかずレスが遅れました。残念ながらボーメ作品は一部しか知らないのです。古い作品で知ってるのはアニスファームくらいですかね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月5日(日) - ARの遅さの理由 - 

    ARが遅い理由、分かってきた。

    1つはバンパーが固いのでスラスト効きすぎる事。なのでS2やVSよりもスラストを浅めにする必要がある。2つめは駆動系の抵抗が大きい事。だから抵抗抜きをする必要がある。

    どうも色々調べたんだけど、やっぱりクラウンギアの部分に問題があるようだ。プロペラシャフトを外した状態でスピードチェッカーに載せてみるとARとS2に違いは無いから、ここ以外の駆動部分は他のシャーシに劣る物ではないと思う。

    プロペラシャフトをセット、カウンターギアを外してタイヤを手で弾いてみると、前後のタイヤが連動してシャーッと慣性でしばらく回るんだけど、ARシャーシはここでなんか引っかかって止まることがある。前のクラウンギアを外して同じことをしても引っかかることが無いから、前のクラウンギア部分に問題があるって事が分かる。

    何が引っかかっているのかというと、プロペラシャフトのギアとクラウンギアがかみ合わせに失敗することがあるようだ。これがなぜか進行方向と逆にタイヤを回すと、引っかからずにスムーズに回る。ここのクラウンギアは互いの軸が同一平面上で交わらない設計になっているので、ギアの歯が斜めに切ってあるから、回転方向によってかみ合いやすさが違うのだが、その影響が出ているのだと思う。ARがFM化すると速くなる理由はここにあるんじゃないか。

    この部分をS2とARで比較してみると、S2はクラウンギアがほとんど余裕がなくピッタリ収まっているのに対し、ARは隙間が大きい。なので、クラウンギアをプロペラシャフト側へピッタリくっつけることが必要なんだろう。

    つまるところ、クラウンギアと軸受ベアリングの間に小ワッシャーを入れて調整すればいい。枚数はベアリングの種類によるみたいで、620なら3枚、キット付属のPOMなら2枚だった。これでひっかかりは無くなり、スピードチェッカーでの速度もS2と互角になった。これで戦えるARになるんじゃないかなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月4日(土) - スペワ - 

    スペースワールドに行って来た。

    昨年の今頃、九州でEF81 303を子供と見に行った時、前を通った事で知った遊園地。九州では有名な大型遊園地らしいが、それまで全く知らなかった。その時入ってみたら割と面白かったんだけど、これが今年で閉演になるというニュースを知ってなんとかもう一度行ってみたいと思っていた。料金節約のため、子供が小学生に上がる前に行っておいた。

    昭和製遊園地が好きな私としては、TDLやUSJなんかよりも楽しいわけだが。よく調べたら、平成2年にオープンなんだってね。TDLより新しいじゃないか。新しいわりに垢抜けてないという微妙な存在感かも。

    実物大のスペースシャトルとかはどうなるのかなぁ。私は子供の頃がスペースシャトル計画が始まった当初だったので、夢の乗り物ってイメージが強いんだけど、今の子供にはどう見えるのかな。この遊園地、宇宙開発や天体に関する展示もあるので、そういう科学館的要素も無くなるのは惜しいところ。

    スペースシャトル繋がりでなんとなく帰り道にこんな動画を見てみたりした。
    https://youtu.be/d_Pkncww7eQ

    宇宙に行くのって難しいんですよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月3日(金) - 抜いてみた - 

    そんなわけでARシャーシの剛性抜きをやってみた。どこをどれくらいやればいいのかは分からないが、他の人がやってるのを見様見真似。確かにねじれやすくなった。

    で、シャーシ以外のパーツをすべて移植して試走してみると…。タイムは大して変わらない。少なくとも遅くはならないようだが。

    でも、壁に立てかけて使っている振動検知式のラップタイマーが検知しそこなう事が起こるようになった。剛性を抜いてコーナーリングの衝撃が少なくなっている事は確かなようだ。別のマシンのMSフレキなんかは、壁への衝撃が少ないマシンなんだけど、これなんか店舗コースや5レーンのコースでは速いので、状況によっては、この特性がタイムに繋がることもあるのかもしれない。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月2日(木) - 突き止めてやる - 

    ARシャーシの剛性抜きの効果についてはいまだに懐疑的なんだけど。というのは、以前電池フタを外して走行してみた時、むしろ遅くなったという自らの実験結果があるんだよね。一方で、電圧が低くなった電池ではS2はARより遅くなるという現象も確認できていて、高速域でのシャーシのねじれが速度に影響している可能性は否定できないなぁとも思っている。

    ARで速くセッティングできたって書いている人もいるけど。特定の条件でないとその速さは見えない物なのか。それとも「速い」って言ってるは主観的な感覚でしかないのか。そもそも自分の持っているシャーシがハズレなのか。そろそろこの沼から抜け出したい。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2017年3月1日(水) - 改めて自分のマシンを測る - 

    ミニ四駆のタミヤ公式レース。2017SPRINGは大阪大会がある事が分かって、早速エントリーしておいた。

    早速対策を考える。すでに熊本大会が実施済みなので動画を見て見ると、大きくジャンプする場所が無い高速コースみたいなので、スピード重視ですな。

    どのマシンで行くか。現在ウチにあるマシンを改めてオーバルコースでタイム計測すると、上位は全てS2のマシンだった。新型のシャーシよりもVSやS2の方がトップスピードが出るってのは疑いようがない事実のようだ。ARは相変わらず最も遅くて残念な結果に。

    ラップタイムとか走行音で分かってくるのが、S2のマシンはコーナーリングでスピードが落ちにくいようで、周を重ねるにつれてスピードが上がっていく感じ。MAなんかはすぐにトップスピードに到達するが、それ以上は伸びない感じ。

    バンパーの形状とかローラーセッティングとかの違いもあるんじゃないかと思ったが、バンパーレスであるFMS2も同じなので、バンパーは関係ないと思う。重量についても、いろいろグレードアップパーツを付けまくった結果、S2がそれ以外のマシンより軽いわけではない。こうなると、やはりシャーシ自体の剛性の違いとしか考えられない。

    ストレートからカーブに突入した時、バンパーから受ける衝撃をシャーシがねじれる事でうまく逃がしているのではないか。それなら他のシャーシでも、スライドダンパーやピボットバンパーを使えば速くなりそうな物だが、多分S2は、シャーシがねじれる事でスラスト角を浅くする効果があって、それで速度を殺さずにカーブを曲がっている可能性があると思う。

    個人的にはARが好きなので、結局剛性を抜く方が有利という理屈は、認めたくなかったんだけどなぁ…。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    ※:日記の拍手はJavaScriptを使用しています。
    TOPへ