戻る
最近 いわた さん
2002 12
2003 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2022 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 最近

Twitter  Google+  フィギュアの写真  ミニ四駆うんちく  ミニ四駆ARシャーシ

拍手のお約束
  • メッセージの文字数は最大160(半角320)です。
  • 文字数の足らない場合は何回かに分けて送って頂ければ、こちらで結合してレスします。
  • 改行は出来ません。
  • 名前の入力の必要はありませんが、書いて頂けると嬉しさ倍増です。
  • レスには、名前は出しません。

  • 2023年1月29日(日) - カーペット反省会 - 

    さすがに昨日はヘコんだのでいろいろ考えた。

    久しぶりとは言え、3年前はここでタミチャレにも参加している。自分自身もあのころよりも上手くなっているつもりなのだが、なんでこうもグダグダになってしまったのだろうか。

    まずはボディの差があると思う。当時もGT-Rを使っていたが、BRZは全長が短く、旋回しやすく安定性が低いタイプだと思う。あと、最近はホイールにオフセット+2を使っているのだが、この方が扱いやすく速いという結果があってのこと。TamTamでBRZでもこの結果だった。ホイールハブも6mmでサスアームはロングリバサスなので、TT-02 TYPE-Sではもっともトレッドが広いセッティングとなる。

    で、これだとBRZだとボディとホイールがほぼ一致するくらいのギリギリのトレッド。で、BRZはオーバーハング部分が短いので、クラッシュ時にボディが前サスを保護してくれる効果がほとんど得られないんだよね。Cハブとその他が壊れまくった原因はここにあると思う。

    そしてタイヤ。いろいろ調べたが、ラジアルがカーペットで食うという話は暖かい時期の事で、どうやら真冬はダメらしい。真冬にスーパーラジコンで走らせた時のメモを読み返してみたら、やはり巻きやすいと書いてた。その時は前のリバウンドを減らす、ボールデフを使うと良くなったと書いてあった。そしてこの頃はTYPE-SRが出る前なので、リヤトーは3.0度だったはず。それを昨日は2.0度で走り出していたわけだ。

    で、いろいろ調べるとTRF前住さんもカーペットではリヤグリップを得られにくいのでトーは3.0度から始めるって言ってる。ボールデフが使えるなら使った方がいいとも言ってるね。オイルとバネは前を1段柔らかくした方がいいとか。

    ガガの高橋さんはカーペットで食わないときはリバウンドを減らした方がいいと言っている。バネは硬め、オイルは柔らかめにした方がいいとも言っているね。

    どうやら、カーペットはフロントグリップが高くなって、その分リヤがグリップが足らなくなるという傾向だと言うことらしい。

    自分の過去のオートメッセでの記録では、Cタイヤはハンドリングがクイックで前勝ちで、リヤが軽すぎるので前リバウンドを減らすとかしてる。有識者のアドバイスに近いことをやってたわ。

    要は自分はTamTamのコースでそこそこ走れるようになったので、上手くなった気になっていたが、それがカーペットで通用する物になっていなかったという事だ。走りのイメージを変えないとダメなのだ。

    で、冬場はラジアルではつらいのは間違いないので、昨日C2タイヤを買って帰ったのだが、どうやらC2も冬は食わないらしいと今日知って落胆中。今日のタミヤライブではミディアム良いって言ってた。真冬だとソフトも選択肢に入ってくるのかなぁ。でもこのファイバーモールドシリーズは寿命が短いから買いたくないしどうしようかな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月28日(土) - 久々カーペット - 

    スーパーラジコンに行って来た。再来週はオートメッセでのタミグラなのだが、長らくカーペット路面で走っていないのでタイヤの選択と練習をしておきたいというのが目的。それに今日は寒いし屋外でのラジコンは辛い。

    コロナの緊急事態になって以降、TamTam神戸以外のサーキットには行っていない。店内の独特の匂いに懐かしさを感じる。(比喩ではない)

    TT-02 TYPE-S

    ツーリングGPX2023のレギュで走行。手持ちでボディで使えるのはBRZだけなのでこれで行く。タイヤはTYPE-Cが使えない現在、何が良いのか分からないのだが、TYPE-C2はクソで、ラジアルはそこそこ食うという話。タイヤ径の大きいラジアルが有利と聞いたので、これで行く事にした。

    先週のまま前ボールデフのまま走らせたが曲がりすぎるというかふらついてしまう。スプールに変更したらコーナー進入は落ち着いたが、加速時にリヤが滑ってしまう感じ。リヤトー角を2.0だったので2.5度に変更。少し運転しやすくなったので、タイムを出そうとしたらコーナーでインにぶつけてCハブ折損、アップライトのネジ穴が逝って、皿ビス紛失。久しぶりの大破だ。

    前デフを30万にしたらある程度運転しやすくなった。でもグリップ感のなさは改善されない。車高落としたりしたがあまり効果なし。リバウンドストロークを減らしたらふらつきが減って来た。しかしここで再びCハブ折損。直して走行したらまたCハブ折損。

    リヤトーを3度に増やしたが、真っすぐ走らない。マシンをチェックしたら、LTステアリングブリッジが曲がってた。マジかー。LTステアリングは効果のあるオプションなのだが、ブリッジ部分が曲がりやすい事でも有名。しかもこのオプションが5000円もする。後から考えられたオプションなので構造上無理があるのは分かるが、曲がりやすいブリッジ部分だけ単独で売ってくれませんかね。

    店でLTステアリングセットを購入して修理。そして以前BRZを使っていた時は、大径スプリングよりも通常サイズのバネの方が好印象だったのを思い出し、その時良いと思った組み合わせ、前が金、後が黄にしてみた。これは割といい感じ。…と思って少しタイムを出そうとしたらまたCハブ折れた。心も折れて泣きながら帰った。

    M-08 S寸

    タミグラはアルピーヌA110で行くぜ。タイヤはカーペットはMグリップが良いって聞いたので、試してみた。インナーはハード。さっきのTT-02とは大違い、しっかりグリップする。安定性もあってもっと小さく曲がれる気がしてステアリングのD/Lを増やしたりした。

    次にカーペットとの相性がいいというソフトタイヤ。さっきより食う。食い過ぎてステアをガバ切りするとイン側が浮くし、失速気味になるので、手前で減速して小さく曲がる運転を心がけると速く走れる感じだ。ちなみに1回ハイサイドした程度なので、そこまで気を使うわけでもない。

    ハードタイヤ。これは溝がすでに無くなりかけているが参考までに。グリップは薄いが、その分ハンドリングはマイルドで、適度にリヤグリップが低いからコーナーリングもスムーズ。慣れると運転は楽でラップタイムは安定する。でも調子に乗ってたらぶつけてしまって、フロントアップライトからピロボールがネジ山つぶしてもげた。

    一発のタイムが速いのはソフト。アベレージが速いのはハードだ。Mグリップはその中間って感じかな。3種どれもそれぞれ良いと思う。それにしても、夏、冬、カーペットどれも問題が無いハードタイヤはスゲーなと思った。

    M500GT2R

    タミグラと関係ないが、これはカーペットで走らせたいと思ったので持ってきた。タイヤはツーリング用スポンジタイヤ。

    スポンジタイヤとカーペットとの組み合わせは超ハイグリップ。小さいコーナーもブレーキすればちゃんと曲がれる。水を得た魚のように走ってた。

    フロントバネを柔らかいのを使っていたので、キット標準に戻してみる。多少小さいコーナーの曲がりが悪くなった気がするが、まぁ問題ない。

    もう一つ気になっていたこととして、以前から気になっているボディがガタガタ揺れるのはカーペットではどうなのかという点。これはフロントバネを硬くしたら現れた。現状はバネを柔らかくした方が良いようだ。

    そんな感じ。最近マシンを壊すほどのクラッシュをしていなかったのでいきなり壊しまくって、なんかいろいろ意気消沈。反省は明日する。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月27日(金) - えきねっとの使い勝手 - 

    月曜日出張なので切符を買ったのだが。みどりの窓口が混んでてうんざりですな。

    ここ数日の雪で払い戻しやらなんやらで人が多いのかと思いきや、やり取りを聞いてると定期やら旅行の高額切符やらの対応が多いようで。

    要はほとんどの事が自動発券機でできるようになったから有人窓口が減ってる。という事なんだろうと思うんだけど。そう思うと、窓口に並ぶのは自動発券機を使いこなせない情弱になったような気がしてなんか敗北感があるのは自分だけだろうか。

    今回の私の場合、JR西日本の駅でJR東日本の特急券を買う。という事が発券機で出来なかったんだよな。窓口の負担を減らすためにもこれ出来るようにならないですかね?

    …と思って帰ってから良く調べると、JR東日本の特急券はチケットレスになってて、ICカードが特急券代わりにできるのか。関東の人にとっては常識なんだろう。やっぱり窓口に並んだ自分は情弱だったらしい。

    まぁでも関東の在来特急なんてあまり使う機会が無いので、そのためにえきねっとに登録するのもヤダなというのもある。アカウント持つだけの事にデメリットは無いように思うが。最近頻繁にえきねっとを解約したっていう詐欺メールが届くのがうんざりなんだよね。アカウント持ってなきゃ読むまでも無く嘘メールって分かるのだが、持ってると本物かどうかいちいち確認しなきゃいけなくなる。

    このメールがお金をだまし取る事じゃなくて、JR東日本への嫌がらせが目的なのだとしたら、多分成功していると思う。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月26日(木) - 結局この位置がベストなのね - 

    引き続きM-08のメカ積み結構悩み中。

    ESCの重量が50g近くあるのに対し、ポンダーの重量は22g程度なので、やっぱりESCが左サイドにあった方が低重心だろうなと思った。

    そのためには配線が届かないため電線を伸ばす必要がある。しかしこの04SR、電線を付けなおすことは想定していない設計になっていて、まずケースを開くための爪がかなりガッチリはまっており、下手すると爪を破壊してしまいそうだ。実際分解した人の映像も見たが、開いた後もケースと基板が簡単には外れないようで、電線を付け替えるのはかなり難易度が高い事が分かった。

    よって電線の付け替えではなくて、継ぎ足しで延長するのが現実的なようだ。それだったらギボシ端子で延長するわ。と思ったが、すでに他のシャーシの乗せたときにブラシレスの端子に付け替えちゃってるのよねぇ。またギボシに戻すのもナンセンス。

    ということで、結局中央にESCを載せるという結論に至ったのだが。これはこれでいろいろと厄介だけどね。シャーシ上面がフラットではないので両面テープを6枚くらい重ねる必要があったり、スイッチをどこに置くのかとか悩みまくり。まぁ何とか形にはなったけど。

    ポンダーは左サイドに配置。XV-01についてたポンダーステーを流用した。

    このシャーシに限ったことではないが、タミヤのセンサーコード、もっと柔軟性高くなりませんかね。そのくせ付属のセンサーコードが長すぎ。附属品を短くして、別売りで長いのを打ってくれよって思うよな。そのくせセンサーコードは社外品禁止で加工も禁止。このあたりはほんとタミグラやっててイヤになるポイントだったりする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月25日(水) - M-08タミグラ仕様を考える - 

    2月のオートメッセでのタミグラ、金曜日で申し込みしておいた。土曜はすでに定員に達したようだ。みんなクラシックバギーやるのかな。

    で、Mシャーシはでは初めてのタミグラとなる。現状はタミチャレのブラシモーター仕様になっているので、タミグラレギュレーションのブラシレスモーターとESCにしなければならない。

    M-08は説明書ではESCは左サイドに立てて貼り付ける方法となっているが、それだとモーターとESCの距離が離れるので、バッテリー上の中央部にESCを載せる人が多いみたい。TRFの前住さんや河野さんもそのやり方。清和さんは説明書通りに置くらしいけど。

    私としては、シャーシは低い方がカッコいいという価値観なので、サイドに置きたいんだよなぁ。ESCの選択肢としては実質04SRか03Sの2択になるが、RWDは繊細なスロットルワークが必要なので04SRを使いたいところ。

    ところがこれがデカくて乗せにくい。S寸だと縦長になる向きにしか置けない。これだとシャーシ上面よりもESCが飛び出てイマイチ。かといって横長の向きに置こうとすると、シャーシの一部を削らないと無理だし。これはあんまりやりたくない。小さい03Sなら…と思ったが、これもファンが干渉するのでシャーシの加工無しでは低くは置けないようだ。

    ブラシレスだと配線も増えるのでESCとモーターが対角になると配線の存在感も大きくなる。ギボシ端子を使わずに直接モーター接続しようとすると配線が届かないので、ESCを分解しての電線交換作業も必要。ちなみにESCを右サイドに置く方法もあるが、これもS寸だとサーボのリンケージと干渉するからダメ。

    ここで思ったのは、Mシャーシでタミヤ指定のブラシレスを使うのってタミグラだけなんだよな。で、タミグラという事は電池内蔵の大型ポンダーを付けなければならないわけで。これが説明書通りだとバッテリー上にくる。せっかく頑張ってESCを低い位置に配置しても、ここに重量物を配置するのではメカ配置を頑張る価値がない。

    となるとやはり、中央にESCを置いて、ポンダーを低い位置に配置できるステーを作るってのがスマートな気はするな。それに電線が短い方が軽量化になるしね。

    なんてことを今日は悩んでいた。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月24日(火) - V.R.まだまだ燃える - 

    Vitua Racingようやく1位の背中が見えてきた。あと少しだー。

    このゲーム、最初は上級では完走する事すら難しかったが、いつの間にか大きなミスをしない限り完走は普通にできるようになってる自分に驚く。やりこむほどに上手くなるのを実感できる。こんなにも面白いゲームだったとはね。さすがSEGAだと思う。

    ラインぎりぎりを攻める緊張感は、減速するタイミングを少しずつ変えてタイムへの影響を探っていく感じ。ラジコンと一緒だったりする。

    さらに上級では他車に接触するとウイングが曲がる。走りには影響がないんだろうが、見た目がカッコ悪くなるので、極力ぶつけないように走りたくなる。これもラジコンと一緒だ。

    現実のサーキットよりも道幅が広く、実際に乗車していないドライバーから見てもストレスなく走りやすいコースになっている。これもラジコンと一緒だ。

    …というね。平日のラジコンできないストレスをこれで解消できてる気がする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月23日(月) - でもって表現 - 

    前から気になってたんだけど、DIYとかキャンプの用品の広告を見ると「女性でも簡単」みたいな表現を見るけど、これって女性の目から見たらどう思うのかな。

    実際この手の用品を扱う事に苦手意識を持っている女性であれば、素直に受け取れると思うけど、受け取り方によっては女性とはそういう物という決めつけであるわけで、今の時代だと噛みつかれたりしないのかな。

    と思ったら、それを調べた記事があった。
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001262.000005069.html
    違和感を覚えるという人は女性全体の半分くらいなのかな。

    男性視点からしても違和感を感じるんだよね。女性ってこういう事ができないのかな?って思ってしまう。

    逆に「男性でも」って書かれている製品は無いよな。例えば「男性でも食べやすいケーキ」とか。多分作っても売れないし、それ以前に別に男性には買っていただかなくて結構って感じだろう。

    なので別に変に女性に買ってもらおうとしなくてもいいんじゃないかなって思うけどな。そんなこと言わなくても良い物は売れると思う。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月22日(日) - タイヤを新しく - 

    TamTam神戸来た。今日は気温は低いが風が無いのでむしろ暖かく感じる。

    タミグラの開催が決定したので、そのセッティングで走っている人が多いようだが、ここはカーペット路面じゃないので練習にならないと思うんだよなぁ。

    TT-02 TYPE-S

    まだ試していない事があった。XV-02用のボールデフとスプールはジョイントカップの形状が2種から選ぶ形になっていて、ドライブシャフトにプロテクターを付ける事が出来る。しかしプロテクターを付けるには、ドライブシャフトを短くする必要がある。TT-02 TYPE-Sのシャフトサイズは42なので、1つ短い39のダブルカルダンシャフトを用意した。

    ただ現在使っている42サイズのダブルカルダンシャフトは軽量タイプ。この軽量タイプの効果は大きいことは過去に比較して分かっているのだが、39サイズのダブルカルダンシャフトには軽量タイプが無い。

    実際試してみると、やっぱり曲がらなくなった。軽量シャフトの方が小さくクルっと向きを変えてくれる。というわけで元に戻した。

    ちなみにTT-02 TYPE-Sに420足を付ける場合、ドライブシャフトは39サイズ、プロテクターを付けると37サイズのはず。軽量シャフトを付ける事が出来ないのだが、今後出るんですかね。出ないのだとしたらTYPE-SRXは要らねーっす。

    M500GT2R

    路面温度が20℃以下になる真冬ではスポンジタイヤを使う事としていたのだが、ついに使っていたYURUGIXのツーリング用スポンジタイヤの径が60mm未満にまで減ってしまったので、新調した。

    ところで、もともとこのシャーシの作例では、バッテリーはフルサイズの角リポを使っていて、以前フルサイズを載せてみたら、割としっとりとした挙動でガタガタ音も少なかったのだが、ショートリポでもフルサイズを積んだ時と同じくらいの重量になるように、本来フルサイズのバッテリーが載る空きスペースに80g分バッテリーを積んでみた。

    結果は、う〜ん。ガタガタはあんまり変わらないかなぁ。動きは旋回中心が前寄りになって、コーナー進入時はちょっとアンダーになり、コーナー脱出時のアンダーが消える感じになった。慣れればこれでも扱えるが、自分はフロントがクイックに動く前の方が良かったかなといった感じ。なので元に戻した。

    FirstF1V2

    Virtua Racingやってたら、なんかF1走らせたくなって久しぶりに走行。なんか、デフが緩くて加速しないので締めたり。そしたら今度はクイックすぎるので緩めたり。あとTバーも緩めたりして。ボールデフとTバーは、ネジの締め具合での調整なので、セッティングに再現性が無いのが難点よねぇ。

    上手く走らせられるように調整したが、なんか遅い…。こいつもスポンジタイヤがかなり減ってて、最初の頃よりだいぶん指数が減ってるような気がする。

    XQ2S

    前回RiDEのカットスリックが破れたので新調した。同じタイヤね。このグリップしすぎない感じがちょうどいいんだよねぇ。

    ちなみに、バッテリーは5600mAhの角リポと、3000mAhのラウンドタイプを使っているのだけど、5600mAhはパワーが落ちない安心感はある物の、3000mAhの方が動きが軽いし気持ちいいかも。ちなみに私はいまだに、どのシャーシにおいても左右の重量アンバランスがあってもその影響を走りで実感できないんだよな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月21日(土) - グリップの使用感 - 

    大阪に出かけたので、昨日買ったスマホグリップを使って写真を撮ってみた。

    大阪知ってる人ならこの写真がどの場所から撮ったのかは分かると思うけど。電車の乗り換え用連絡橋上で人通りが激しく、立ち止まると迷惑になるような場所。この特徴的な形状の排気口は現在の大阪駅の姿にリニューアルされる前の時代の痕跡を残すために敢えて残しているんじゃないかなぁと思う。面白い被写体だと思ってはいたが、ここで立ち止まってカメラを構えることができないでいた物だ。

    なので、歩きながら撮った。通常のスマホでの撮影だと、歩きながらスナップショットをするのは難しいが、このグリップがあれば簡単。シャッターボタンのペアリングは3秒長押しするだけなので、カバンからカメラを出すのとスピード感はそれほど変わらない気がした。背景処理がイマイチなのはスナップなので仕方がない。

    また、グリップは付けたままでもスマホとしての使用感にあまり難がないのも意外だった。もう、このグリップ付きスマホケースってのがあっても良いんじゃないかって思うくらい。グリップ部分がスマホスタンドになって立てて置くこともできるので、普通に便利だったり。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月20日(日) - 結局買ってしまう - 

    結局、スマホに付けるグリップ。気になって買ってしまった。

    Ulanzi Cap Grip ってやつ。
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0863LB8GF/

    これはIIっていう新型も出てるんだけど、とりあえず最低限の小型の方が良いかなと思って旧型を買ってみた。

    やっぱりホールド感が凄い。一眼レフ風のグリップなので、コンデジよりも安定する。一度ペアリングしたら、次は電源を入れるだけなので装着から起動まではそれほどストレスは無いね。

    首から紐でぶら下げるタイプのスマホケースと組み合わせたら、スナップショットを楽しめそうな気もする。…まぁそういう事をするつもりで出かけるなら本当のカメラ持ってくけどな。

    気になるのは、タイムラグがある事。直接画面をタッチするよりも少し遅れるようだ。動いている物を捉えるのは無理があるなぁ。とは思ったが、そんなもんはLive Photoでどうにかするのが今どきなのかも。

    あと、画面に手が接触しているとシャッターが切れないときがある。しっかりしっかり握ろうとすると、親指の付け根辺りがスマホの表側にも回りこむので、無意識に触ってしまう。ここぞというタイミングでシャッターが切れないトラブルは起こりそうな気がする。IIでグリップが大きくなったのは、これの対策もあったのかもしれない。

    こう考えると、握り棒が下に突き出てていて、親指が画面内の撮影ボタンの位置に来るタイプの方が、誤作動もタイムラグも無くて良いような気がする。
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07JP6KCFV/

    でも多分、このCapGripのコンセプトは、実用性よりも一眼レフを握っている感じの演出にあるような気がするね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月19日(金) - オートメッセあるらしい - 

    オートメッセのタミグラ、去年と一昨年は無かったが、今年はやるみたいだ。日程がワンフェスと被るし、連日参加するのは体力的にどうかと思っていたが、3日間のうち1日しか参加できないという縛りが設けられたようだ。しかも土曜はクラシックバギー、日曜は親子以外は1カテゴリしか出られないという制限付き。

    オートメッセは屋内、人口密度高い、隣が食事コーナーなのでマスク外して話す人多いという環境だからなぁ。結構厳しめの参加制限を設けたんだろうね。ツーリングとMの2カテゴリに出たいという人が一番多いはずだが、そこはオートメッセ自体の参加者が少ない平日にやるという事だな。

    私もこれだと金曜に出るしかなさそうだ。今から休みを確保しておこう。

    でも会社休んでまで参加しようとするガチ勢ばかりだろうから厳しい戦いになりそうだな。

    それにしても最近カーペット路面を走ってないな。タイヤって何が良いんですかね。Cタイプ持ってるけど禁止らしいが、C2がベストなのか?

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月18日(水) - 今どきのドラゴンボールゲー - 

    息子がドラゴンボールブレイカーズというゲームを始めた。最近流行りの時間とともに行動エリアが狭くなるFPS的なネット対戦ゲーム。悪側1人+正義側7人というルールはなかなか面白い。

    正義側のプレイヤーは一般人で、Z戦士の力を借りて戦うという設定。なので、お気に入りのZ戦士そのものを扱うわけじゃないんだよな。それに対して悪側は、フリーザ、セル、魔人ブウといった悪役そのものになれる。むしろ悪側が主人公のゲームかもしれない。息子も、レイダー(悪側)として勝った時の方が気持ちいいって言ってた。

    しかしまぁ、これだけ昔のアニメのゲームが世代を超えて今も作られ続けているなんて、ドラゴンボールもガンダムと同じくらい偉大なコンテンツだなーと改めて思うわ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月17日(火) - やっぱイランかも - 

    昨日書いた、ダイヤルで操作ができるスマホグリップは、すでにあるようだ。
    https://www.msc-overseas.jp/brand/miggo/miggopictarone.html

    WiFiもBluetoothも使わずに超音波を使ってカメラをコントロールって意味が分からないのだが。なんにしろ最新のiOSにはすでに対応していないらしく、もう使えない物らしい。評判もあんまりよくない。

    まぁ冷静に考えれば、今すぐ写真を撮りたいと思って、スマホにグリップを付けてペアリングしてから操作なんてやってられないわな。1枚だけ撮るだけだったら普通にスマホのまま操作すると思うし、がっつり何枚も撮るつもりだったらカメラ持ってくしなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月16日(月) - お手軽デジカメ - 

    デジカメが調子悪くなった。

    CASIOのEXILIM EX-ZR50なんだけど、常にカバンに入れているヤツだ。時々SDカードが認識しないことがあるんだけど、それに加えて、方向キーの上ボタンの接触が悪くなってて、昨日は強く押しても上ボタンが効かない状態になった。なんか今日は復活しているけど。

    普段の持ち歩きカメラとしての用途なんてスマホで事足りる時代ではあるが、どうしてもスマホだと写真を撮った気がしないので、カメラを持ち歩いている。買い替えたいところではあるが、現状デジカメを買うのはスマホ以上の高画質を求める層のみなので、高級モデルしか売っていない。まぁこういうのも欲しいカメラではあるが、もっと気軽に使えるやつが良いんだけどね。

    と思ったら、こういう物が存在するのか。
    https://www.just-mobile.jp/jm70024/
    スマホにグリップを取付けて、Bluetoothでシャッターを切るという仕組み。なるほど、これなら写真を撮ってる感覚に近いかもしれない。

    ただなぁ。半押しでフォーカスと露出を固定するのはさすがに無理だよな?これもアプリで実現できればいいんだけど、このスイッチはボリュームボタンとして認識するようなのでまぁ無理だよな。

    ていうか絞りやシャッタースピードを設定するダイヤルが付いてて、スマホを取付けると自動的にアプリが立ち上がって、フィルムカメラみたいな操作系で写真が撮れる。なんてガジェットが出たら面白いと思うけどなぁ。

    まぁでも確かセキュリティ上、アプリから直接カメラは操作できない仕様になっていたはずなので、そういうのは作れないんだろうな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月15日(日) - 俺たちの行先はどこだ - 

    お受験2日目終了。待ち時間中はスマホでゲームだ。

    後は結果を待つばかり。それにしてもヤレヤレだ。勉強うんぬんよりも、絶対にコロナにかかってはいけない縛りがようやく弛んだ気がする。ここまで家族誰もコロナにかからなかった幸運に感謝だよ。

    息子はと言うと、この受験という一連のイベントは楽しかったとのこと。あんまり緊張しないタイプだと自分で言っていた。それなら人生を楽しめそうだ。

    最近は息子とどこかに出かけるという事もしていなくて、受験関連のイベントでしか一緒に外出することがなかったなぁ。

    ところで昨日、大阪の地下鉄に乗ったのだが、駅で鳴るメロディが天に召される感じだと息子に言われて、そうか?って思った。大阪の地下鉄のメロディなんて聞きなれていて何とも思ってなかったんだけど、確かに幻想的なアレンジと言えばそうだ。

    調べてみたら、長堀鶴見緑地線だけは他の路線と音が違うらしい。何度か乗っているはずだが、言われるまで気づかなかった。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月14日(土) - お受験当日 - 

    息子の受験に同伴。1日に2校受けるとか大変ですな。

    学校によって、受験中に保護者の待機場所を用意してくれている所とそうでないところがあったりして。時間の潰し方が難しい。というか、時間を潰すという表現は嫌いなので、何か有効に使いたい物だ。

    Nitendo Switchで遊びたいなと思ったりしたが、子供が試験中に校内でゲームする保護者とかさすがに非常識な感じなので自粛したり。でもスマホで動画見てるのとSwitchで遊ぶのって同レベルだと思うのだよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月13日(金) - 屋根が黒いのは - 

    Good Speedって言うYoutubeチャンネルがあって、時々見てるんだけど。

    どの動画だったか忘れたのだけど、車のルーフ部分が黒いモデルがあるが、あれには何か意味があるのかという質問があった。これの回答は、質問その物がおかしいみたいな感じの内容になってたのだが、私が思うに意味はあると思う。

    多分、車を低く見せるためのデザインでしょ。特にスポーツカーは窓周りから上が全部黒になっている物が多いけど、車高が低い方がカッコ良いという価値観が強いからだろうね。要はデザイン上の意味。

    ファミリーカーみたいなモデルで、ルーフ部分だけ黒い物があるのも、同じような理由では無いかな。

    でまぁ、この低く見えるというのは、車を横から見た時しか効果がない。車を上から見ると、真ん中が黒いだけだからね。なので、上から見ることが多いラジコンにおいてはイマイチカッコ良く見えないなぁと自分は思ったりするんだよな。そこで、あぁそうかこれは低い位置から見た時にカッコ良く見えるようにデザインされているのかと気づいた次第。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月12日(木) - ヴァーチャルからリアル - 

    Virtua Racingはアーケードのゲームなので、自車のカラーリングをカスタマイズできないんだよなぁ。ライバル車は実在のマシンを思わせるようなカラーリングになっているので、選べたらいいのにって思うけど。

    ライバル車でトップを走っているのはいつのウィリアムズっぽいカラーで、自車はマクラーレンのマルボロカラーっぽい感じ。ゲームが出たのが1992年だとすると、自分がセナで、ポールポジションはマンセルってことなんだろうな。

    それに対してフェラーリっぽい赤のヤツはいつも周回遅れマシンとして登場しているのはどういうことかと。1992年のフェラーリはイマイチだったとはいえひどい扱いだ。

    で、F1のゲームやってると、再びF1のラジコンも走らせたくなってくるよな。

    なんか、ZENがMP4/4っぽいデザインのボディを再販するらしい。絶対マルボロカラーに塗るヤツだ。これは欲しい。http://www.rc-zen.com/z0002L.html

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月11日(水) - Virta Racingその後 - 

    先日買ったSwitch版 Virtua Racing 面白いわ。

    上級で1位がいまだに取れないけど。やっぱMTじゃないと無理かなぁ。ATとMTが選べるけど、ギヤダウンしなければいけない箇所は限られているから、MTでも全然難しくないんだよね。むしろ最高速の遅いATの方が難しく、わずかなミスも許されないのでむしろこっちの方が挑戦し甲斐があるように思っている。

    当時の実車はATは遅く、速度を求めるならMTって価値観だったけど、今はF1でもATの時代だから、AT=カッコ悪いって印象は無くなったなぁ。

    ところで、このゲームはハンドルはアナログスティックを使うわけだが、スロットルもアナログスティックに割り当てる事が可能。ジャイロでハンドル操作も可能だけど、中央に戻る力がないジャイロは自分には無理。スロットルはボタンでも可能ではあるが、高速コーナーなどでは、少しスロットルを緩めた位置で保持したいときがあるんだよなぁ。

    で、左スティック=ハンドル、右スティック=スロットルに設定できるんだけど、これで操作したら無意識的に左スティックを前に倒している自分がいた。要は右をハンドル、左をスロットルにしたい。なぜなら、ラジコンがそうだから。ボタン操作でスロットルをしている時はゲームパッドとして左がハンドルでも違和感がないが、左右ともスティックになると自分の脳はラジコンのプロポと認識してしまうらしい。なので左右逆に設定できればいいんだけど、残念ながらこのゲームはそれができない。ん?でもJoyConの左右を逆に持てばいいのか。まぁでもJoyConのアナログスティックは小さすぎるのでプロコンじゃないと無理だ。

    PS4だったら、R2ボタンがアナログ入力になっているので、R2にアクセルを割り当てるレースゲームが多いよな。個人的にはこっちに移植して欲しかったかも。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月10日(火) - 良い充電器とは - 

    充電器の善し悪しが分かった気がする。

    先日、200Wの安定化電源を買って、iSDT Q6 Liteで4セルのリポバッテリーを6.5Aで充電とかやってるんだけど。なんかエラーで止まってしまうことが多い。ここ最近は何度やってもエラーになってしまうくらいだ。

    良く分からなかったのだが、バランス充電をしなければ普通に進行する。また、別の充電器でバランス充電すると特に問題なく充電できることから、iSDT Q6 Liteのバランス能力が低い事が原因のようだ。

    高性能な充電器は、劣化が進んだバッテリーでもバランス充電できるという話を聞いたことがあるが、そういう事か。この4セルバッテリーはAmazonで買った安物なので、多分すでに劣化が始まってきているのかもしれない。

    iSDTのQシリーズは高出力なのに超小型で低価格という素晴らしいイメージがあったのだが、ちょっとイメージダウンした。まぁエントリーモデル的な位置づけなので、iSDTの他の高級モデルなら多分大丈夫…なのかな。

    メイン出力の大きさはスペックで示されても、バランス充電能力は数値化できないんだろう。バランス充電の最大電流値が書かれていることもあるが、多分電流の大きさじゃなくてバランスが崩れた時の追従性の良さとかそういう部分なんじゃないかなぁ。

    …もしくはiSDTの方が安全設計になってて、エラーの閾値が低いとかそういう事だったりして。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月9日(月) - そして次のレースゲーム - 

    一昨日F-ZEROが当時飛躍的進歩を感じたゲームだと書いたが、その後また大きな進歩を感じたのがVirtua Racingですな。最初にこれを見た時は衝撃だった。今見るとカックカクのローポリゴンだが、当時はこれにリアリティを感じたものだよ。

    ただ、ゲームセンターの大型筐体だったので、それほどプレイはしていない。後に友達がメガドライブ版だったかな?をやらせてくれたので、それでそこそこやったが、なんか移植度が低くてそれほど楽しめなかった感じ。

    で、色々調べら、Nintendo Switchで完全移植版が出ているらしいと知ったので、やってみた。いや結構面白い。完全移植どころか、アーケードでは30fpsだったのがSwitchでは60fpsにグレードアップしており、解像度も増している。立体的な路面を駆け抜ける時に車が暴れる感じは、低フレームレートでは体感できなかった感覚だ。どうしても車に重量感が無いが、軽量ハイパワーなフォーミュラマシンとはもしかしてこういう感じなのかなと思わせてくれる。

    この後登場するレースゲームではドリフト走行が流行っていくわけだが、このゲームはグリップ走行としてちゃんと走らないとタイムを削れないようになっていて、ゲーム性の作り込みも凄いな思う。

    車は常時アンダーステアになるようになっていて強引な走り方では完走できない。アンダーステアを出さないように走ることがタイムを削るテクニックになっている。なので出来るだけハンドルを切らずに曲がる事が重要。曲がり切れないところは、ハンドルを出来るだけ切らずに減速をする方が、結果的に速い。いわゆるスロットルで曲げるという事。

    ラジコンと一緒なんだよね。実際に車に乗っている訳ではないので、Gを感じないという点でもラジコンを一緒なので、なんかすごく共通するものを感じる。

    ただなぁ。アナログスティックの感度を調整できるようにしてほしかったな。Switch特有の機能としてコントローラーを傾けることでハンドルが切れるジャイロ機能があるが、これもイマイチ使いこなせなかった。ハンドルが中央に戻る力ないからね。

    3コースしかないし、マシンも選べないのでボリュームは少ないが、これくらいお手軽なゲームの方がむしろありがたい。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月8日(日) - なんか迷走した - 

    TamTam神戸。今日は少し暖かめ。路面温度は16〜18℃くらいまで上昇してた。

    TT-02 TYPE-S

    フロントボールデフ仕様のままだが、なんか今日は運転しづらい。温度が上がったのでグリップが変わったのだろうか。ダンパー位置をいろいろ変更したが、どうも奇麗に曲がりにくい感じ。やっぱりグリップが上がってきたら前デフは硬い方が良いんですかねと思って30万番のにしたら全然曲がらなくなってしまった。それでベストラップはあまり変わらないんだけどね。コーナーリングは遅いが加速は良いので差し引きゼロと言ったところか。

    そういえばリヤトー角が2.5度だった。もっと減らすか…と思ったが、曲がらない前デフのためにリヤトーを減らしたり、ダブルカルダンを入れたりするってのは以前やってた方法であって、それに戻るだけだよなと思い直した。とりあえずトーは2.0度で様子見。

    ボールデフに戻して、デフを締めるか…と思って前サスを少しバラしたら、Cハブが割れてるのに気付いた。前にもあったが、バラすまで気づかないんだよね。もしかしてCハブって下側だけで走れるんじゃないかとか思ったり。

    ボールデフ締めたら、今度はめっちゃアンダー。これじゃオイルデフと変わらない。やっぱりスルスルでないとボールデフの意味がないか。それでいて加速時はしっかり抵抗力を発揮しないといけないのだから、グリスの性能が重要になってくるってわけか。やっぱ魁のグリス欲しいぜ。

    デフを緩めて、夕暮れ時になったらなんか扱いやすくなった。やっぱり路面温度が下がると良い感じになる。そういえば、タミチャレクライマックスでTT-02 TYPE-Sで上位だった人のセッティングでは、車高を7mm近くにしている人が多かった印象があったので、ちょっと試してみた。すると結構グリップ感が増して走りが安定。タイムも今日の中では一番速かった。敢えて高くすることも重要なのね。

    なんか今日はTT-02で時間取られて他はあまり走ってない。

    XQ2S

    フルサイズ角リポで走った後、ヨコモのラウンド型の300mAhで走ってみた。やっぱり重量が軽い分だけ、動きが軽くなった感じはするね。ただ、やっぱり5分もたたないうちに速度が落ちていくのが分かる。まぁ速度が下がると運転しやすくて楽ではあるが、もちろんタイムは遅い。3分とかのレースだったら敢えて小さいバッテリーを使うというのもありなのかなと思った。

    M500GT2R

    フロントバネを柔らかくしてみた。以前タミヤの銀とか試してみたが、あんまり効果なかったので、ZENのF1用の黒。ミディアムでも結構柔らかい。走ってみると結構いいかもしれない。サスペンションが仕事してる感じがする。ガタガタも少し減ったかも。

    M-08

    冬でも問題なく快適。でも加速は悪いので、失速させずにコーナーを曲げる必要がある。奇麗なラインを描けばタイムが上がるので、やってて楽しい。でもMRだから加速は良いはずはないのか。これじゃFFの走り方ではないかと思ったり。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月7日(土) - リニューアルして欲しいレトロゲーム - 

    Nintendo Switchでファミコンやスーファミのゲームができるので、ついついやってしまうんだけど、その中で一番何度もやってしまうゲームがF-ZEROですな。

    レースゲームってのはテレビゲームの初期のころからあったジャンルで、技術の進化とともに変わっていったわけだが、一番飛躍的進歩を感じたゲームといえばF-ZEROだね。スーパーファミコンの回転縮小機能の使い方のお手本みたいなゲームだったが、今やっても全然面白い。

    リアリティ追求ではなく、あくまでゲームとして面白い世界観やスピード感になっているので、遊びやすい。この浮遊する車のレースってのは他にもいろいろ出たし、F-ZERO自身の続編も出たりしたが、初代のシンプルさがちょうど良いように思う。

    ゲームボーイアドバンスでもほぼ似たような仕様で続編が出ているが、どうにも画面が狭いんだよ。レースゲームは大きい画面でないと面白くないって。

    ただ、ちょっとだけ改善を施したリニューアル版が出てくれればなと思う。

    まず1つは、敵の動きが理不尽過ぎる事。ライバルと争っているというより、妨害用のトラップと思うしかストレスを緩和する方法が無い。この辺、ちゃんとライバル車を仮想プレイヤーとしてAIが運転するように作り直してほしい。今ならネット対戦とかもいいんじゃないかな。

    アナログスティックによる入力。十字キーのON/OFFだけの操作なので、微妙性が難しい。まぁそれも含めてこのゲームだと思えばそれまでだが、これが出来るだけで奥深さが増すんじゃないかなぁなんて思う。

    昔の名作ゲームで、今の技術でちょっとだけ改良するだけですごく面白くなるゲームっていろいろあるんじゃないかって思うんだけど、どうでしょうかね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月6日(金) - 突然の死 - 

    ESCのバッテリーケーブルの配線長を直したりしてたら、接続しても電源が入らず焦った。

    良く調べたら、バッテリーのプラス側の端子が接触不良になってた。斜めに強く押し付けると導通する。

    さてどうした物か。ハードケースを分解して断線を直すか?ただ、一度分解してしまうと廃棄するときに回収してもらえない可能性があるからなぁ。ハードケースは接着してあるので、分解すると元通りには戻らんし。あと、この手の構造だと内部に電線は無く、ラミネートフィルムと筒状端子が直接つながっていると思われるので、直せるかどうかも分からない。

    というわけで、処分するしかないという結論に至るわけだが。正しい処分方法って何かね。調べると、塩水につけるとか、完全放電させるとかいう情報が出てくるが、これらは間違いだそうで、端子にテープを貼って店舗で回収してもらう。が正解らしい。ちなみに私の経験上、回収BOXは店頭に置いてあることは無く、サービスカウンターに出すと回収してくれる。多分絶縁処理をせずにBOXに放り込まれると火災の危険があるからだろう。

    とはいえラジコン用バッテリーが家電量販店で引き取ってもらえるかどうかは微妙かもね。断られたらどうするのか?あと、膨らんでしまったバッテリーや分解や破損した物は引き取れないらしいが、そうなってしまった物はどう処分すればいいんだろうね。

    この場合は、塩水につけて、普通のゴミとして出すという選択になるのだろう。可燃ごみでもいいのかどうかは自治体によるらしいが、自治体に塩水につけたラジコン用バッテリーを可燃ごみとしていいか、と聞いてまともな答えが返ってくるとは思えない。こうなると良くは無いと思うが、他のゴミに紛れ込ませてこっそり捨てるという選択以外無くなるんだろうな。

    それにしてもバッテリーとしてはまだ能力があるのに断線という症状で廃棄しなければならないのは残念で仕方ない。タミヤみたいに修理してくれればいいのにね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月5日(木) - 皆さんいろいろ - 

    今更ながら先日のクリスマスに配信されたタミヤライブを見終えた。1本2時間とか長すぎて見るのも大変だ。見るけど。

    各クラスの上位3位のマシンをまとめてみた。

    クラスA TA07,TA08,TT-02S
    クラス1 TA08,TT-02S,TB-05
    クラス2 TT-02S,TA07,TA08
    クラス3 TT-02S,TA08,TA08
    future TC-01,TT-02S,TA07
    女子 TT-02S,TT-02S,TA07

    TA08が意外と少ない。一番多いのがTT-02 TYPE-Sってのも興味深い。ギヤ比重視かと思ったが、TA07を選んでいる人なんかはギヤ比以外の理由で選んでいるはずで、それぞれいろんな思いがあってシャーシを選んでいるんだろう。

    見事にばらけているのが面白い。TT-02がこんだけ勝ってるのがうれしい。

    クラスA GTR,GR86,AMG GT3
    クラス1 BRZ,BRZ,NSX
    クラス2 GTR,BRZ,BRZ
    クラス3 GTR,Supra,GTR
    future NSX,GTR,GTR
    女子 GTR,BRZ,BRZ

    BRZとGTR多いな。どのBRZとGT-Rなのかは分からんが、多分R&DとMOTUL AUTECHだろう。運動性を重視した人はBRZ、安定性を重視した人はGTRだったのかなぁ。ライキリが使えなくなったらこんな感じなのね。

    TOM'S GR Supraとかセナは人気出るかと思ったらそうでもない。やっぱりみんな使い慣れているやつが良かったのかなぁ。まぁ私もいろいろ使ったけど結局GT-Rに戻ってきちゃったもんな。

    ていうかボディこそばらけた方が見た目にも面白いんだが。トヨタ車が少ないのはなんか寂しいっすな。ラリーでいっぱい使われてるからいいのか。

    [日記拍手]
    > PBといえば銀杏のかおり。

    これよく言われるんだけど、私はあんまり臭いは気にならなかったかなぁ。ていうか私の買ったスイスグリップのヤツは無臭なんだそうで。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月4日(水) - またドライバーを買ってみた - 

    先日六角ドライバーの話をしたけど、さらに気になる事があって、また1本買ってみた。

    ヨコモは最近商品のラインナップを一新したようだが、工具もリニューアルしたようだ。で、その初心者向け工具が価格の割にクオリティが高いと某YouTuberが紹介していたので、ちょっと気になったので1本だけ買ってみた。

    手元にあるのはWera,PB,SPICE,ヨコモの4本になった。

    SPICEのヤツは六角の頂点が尖っていて、ネジを傷つけやすいと思ったので、Weraに替えたという経緯があるが、SPICEとヨコモは一緒だった。やっぱりラジコン用って全部こういう作りで、皆さんこれで満足して使っているんですかね。

    SPICE,ヨコモのヤツは、ネジからドライバーが外れにくいので、締めこんだ後に少し戻し、ネジに対して平行にそっと引き抜かないといけない。これが私にとってはストレス。ただし、逆にネジを外すときには、ドライバーにネジかくっついた状態で持ち上がるので便利ではある。が、そのためにわざわざドライバーを使い分けるほどではないかな。

    Weraはしっかりネジを回せるのにもかかわらず、抜き差しはスムーズ。PBは締めこんだ後に少し戻す必要があるが、その後は簡単に抜ける。ただ、WeraもPBもグリップが細いので、強い力で回すときは手が疲れる。その点ヨコモのグリップは太くて滑らないのが良いんだよなぁ。



    Weraの先端部分をヨコモのグリップに取り付けられないかなぁ。なんて思ってしまった。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月3日(火) - 色々と向き合う - 

    TamTam神戸行ってきた。皆さんいつもよりも遅いなと思ったら、14,15日に掛川でタミグラがあるらしく、そのレギュレーションで練習していたみたい。今日は風邪も少なく日差しもあるので昼頃は暖かく感じた。でも日が傾いてくるとやっぱり寒い。

    TT-02 TYPE-S

    フロントボールデフ仕様でストレスなしだが、加速力をリヤ側で得られない物かと思い、後デフを3000番から5000番へ変更。多少コーナーでもたつく感じになったが、ちゃんと減速してリヤ荷重を抜けば扱える。夏場でも割と速めと思うくらいのタイムが出た。これは凄い。

    と思ったのだが、夕暮れ時にもう一度これで走ったら、曲がらないし走りづらいしで全然ダメ。やっぱりさっきは日が照っていてある程度路面温度が上がっていたのだろう。やっぱり後デフは3000番に戻した。運転しやすくなったものの、この時間帯だとこれでも遅くて、うまくライン取りできても全くタイムが伸びなかった。

    XQ2S

    今一番向き合っているのがコレ。RiDEのカットスリックタイヤ、17.5Tって感じで走っている。BWOAHボディの軽快な走りが楽しいが、コーナーリングた多少もたつく感じがするのが課題。

    リヤのキャンバーを1.5度から1度くらいに変更。大きな変化はないが、さっきより小さく曲がる感じになったような気がする。タイムはさっきとあまり変わらない。

    小さく曲がるためには、リヤのドライブシャフトをアルミにすると良いかも。XPRESSのヤツは買ってないが、とりあえずタミヤの青色のヤツで試してみる。が、デフ側のプロテクターのサイズが一致しなくて、ちょっとブカブカな状態。試しにこれで走ってみたが、帰ってきたら、プロテクターが外れかかっていた。でもスムーズに曲がるようにも感じた。加速時のアンダーも少なくなったと思う。しかし加速は遅くなったように思う。タイムも0.1秒遅くなった。ジョイントでシャフトが暴れて駆動ロスが発生していたのだろうか。

    それなら、以前買ったダブルカルダンをリヤに入れてみようと思ったのだけど、シャフトが長すぎてデフに突き当たってしまうことが判明。このダブルカルダンはスプール専用のようで、ギヤデフには付けられないようだ。ということは現在ギヤデフにしている前側にもこれは付かないって事だと思われる。

    リヤシャフトをノーマルに戻して、アッパーデッキのビス8本全部をアルミに変更してみた。これで剛性が変わってなんかよくなるかもと期待した。大きな違いは無いが、小さく曲がるときにフワッとなってグリップする感じがさっきよりあるように感じる。アンダーも少なくなった気がする。そしてタイム更新。9月からこのRiDEタイヤを使っているが、冬にベストラップを更新してしまった。

    色々と発見があるね。タミヤのマシンだったら、不満があるとすぐにオプションパーツの投入を考えてしまうんだけど、XPRESSはキットは安いがオプションは高く、簡単に買えないことから、気軽にオプション投入できない。そのおかげで、オプションに頼らず不満を解消する方法を考えることが出来た。

    M500GT2R

    先週のままでまずは走行。スポンジタイヤ仕様で楽ちん。

    そろそろデフのグリスが切れてきた気がするので、デフを塗り直してみた。そしたら加速が鈍くて、スピンした。ちょっと緩すぎたか。締め直して再走行したが、さっきより動きか軽い。ベストラップもちょっと落ちたので、もう少し強く締めても良かったかも。この辺の再現性が無いあたりがボールデフが嫌われるところなんだよねぇ。

    ボールデフは滑らないギリギリの所でスルスルにするのが良しとされているけど、これも使うグリスやボールの数とか、いろんな要素で決まるみたいで、ちょっと抵抗感がある程度がベストって事もあるのが難しいところ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月2日(月) - また1つ進化した - 

    自作の読み上げストップウォッチのプログラムを変えてみた。

    何気にPICをICSPで書き込みするのは初めてだったりする。ソケットを設けるだけの厚みが取れなかったので、直接はんだ付けしちゃってるから、一応この状態で書き込みできるように考慮はしていたのだが、いざやるとなるとちょっとドキドキ。

    何を改良したかというと、ラップタイムのキャンセルができるようにした。サーキット走行は、自分以外にもいろんな速度の車が走っているので、いつもきれいなラップタイムが測れるわけではない。まぁそれで遅くなる分にはいいんだけど、遅い車を抜くためにコーをショートカットした時は、普通よりも速いタイムが出てしまうわけで、それがベストラップになってしまう。なので、そのラップはスイッチを押さずにもう1周したところでスイッチを押すようにしているのだが、1周分タイム計測する機会を失うのがもったいないと思うわけね。

    なので、計測のスイッチは押すが、今のは記録しないという「今の無し」が出来ればいいなと思うのだが、物理スイッチを増やすのは面倒だし、操縦しながら複数のボタンを使い分けるのは割と難しい。なので、記録スイッチをダブルクリックすると記録せずに、そこからラップタイムを測り直すという機能を追加してみた。

    これでまた一つ便利になった。コース側で自動計測する物でも、プロポで手動計測する物でも、ここまで便利なものは無いだろう。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2023年1月1日(日) - 正月やったことは - 

    あけおめ。今年の我が家は特に正月的イベントは無し。

    なんとなくXQ2Sの気になる所を調整した。ダンパーの下側のボールジョイントが固い。上側はスルスルだけどね。こういう時はボールエンドリーマーという道具が売っているので、これで樹脂パーツの内側を削ることで調整する。

    XPRESSのダンパーは、少し大きめのボールジョイント。見た目φ5.8mmのボールジョイントだと思ったので、これまで持っていなかった5.8mmのボールエンドリーマーを買って来て対処した。TopLineのヤツね。

    ボールエンドリーマーはネジで径を微調整できるが、今回はネジを抜いて一番小さい状態で使っても、樹脂の内側ががっつり削れた。やっぱきつめに作ってあったのねぇと思いながら、ボールジョイントにはめたら、スルッスル。なんか少し遊びが大きめなくらいになった。ちょっと違和感を感じながらも、こんなもんかなと思った。

    その後調べてみたら、XPRESSのボールジョイントは5.5mmとのこと。ノギスで測ってみたら、確かに5.5mmだった。使用した5.8mmのリーマーは、調整ネジを抜いた状態では5.7mmになるようで、0.2mmも余裕がある状態で削ってしまったようだ。

    まぁ、渋いよりはガタがある方が良いので、施工前より良くなったと思うけど。5.5mmのボールエンドリーマーなんて売ってないよ。どうすれば良かったというのだ。

    ちなみにラジコンで使われるボールジョイントは、4.3mm,4.8mm,5.8mmが一般的。ボールエンドリーマーもこの3種しか売られていない。

    一番よくつかわれるのは4.8mm。タミヤでは5mmと言われているが、実際測ると4.8mm。

    5.8mmってやつはハイエンドで使われている。タミヤでは6mmと言われていて、これも実際測ると5.8mmになっている。

    4.3mmってヤツは、ドリフト用で使われる事が多い。タミヤにはこのサイズは無いと思う。

    あとタミヤで4mmっていうヤツがあるんだけど、これは実際測ると3.9mm。針金みたいな細いステアリングロッドのヤツに使われるけど、これはオプション投入で5mmボールエンドに交換してしまうことが多いので、リーマーで調整することはない。

    これだけでも多いと思うが、ここにきて5.5mmなんて物があると知ってちょっと驚いた。どうもXRAYがこのタイプを使っているようで、XRAYを手本にしているXPRESSもこれに倣ったものと思われる。なんか、ハイエンドバギーでも5.5mmが使われているとかいう情報もあったのだが、海外では良く使われているんだろうか。

    このボールエンドリーマーっていう工具は国内のメーカーしか出していないので、5.5mmは出ないんだろうね。海外の人はボールエンドリーマー使わないのかな。さて、どうした物か。まぁ当面はこのまま使うけど、気になるならボールジョイントを5.8mmに変更してしまうって方法しかないだろうな。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月31日(土) - 今年の成果を見る - 

    今年作った模型関連の物を見てみよう。買ったけど作ってない物は含めてない。

    GRK GS2 EVO(シャーシ)

    2駆ドリを始めた。TT-01をRWDにする動画を見て、TT-02でもできるんじゃないかと自作してみたが、うまく走れず。まずは基本を理解しないといけないと思って、ドリフト専用シャーシを購入した。

    いろいろやってなんとかサーキットで周回できるようにはなった。このジャンルでは足回りのスムーズさがいかに重要。そしてアッカーマンと重量バランスがほぼ支配的であり、他はロマンだと理解したがどうだろうか。

    ちなみにTT-01のRWD改造キットが発売されたが、続いてTT-02のRWDの改造キットが最近発売になってるので、今後試してみたいとは思っている。

    M500GT2R(シャーシ)

    ツーリングカーボディを使用するダイレクトドライブシャーシとしてF103GTがあるが、これがどうにもイマイチなので、専用シャーシを購入。昔の製品だが、再版されたので買ってみた。

    ダイレクトドライブなのでどこでも良く走るというわけにはいかないが、F1よりマイルドな感じが割と気に入っている。

    ZooRacing BWOAH(ボディ)

    低いボディカッコエエ。ということで、XQ2Sに載るのか不安だったが載せることが出来た。というかXQ2Sはこいつを載せてから楽しくて仕方ない。

    タミヤ カルマンギヤ(ボディ)

    M-08はS寸で始めたものの、レースを視野に入れるとさすがにS寸じゃ厳しい気がしたのでL寸ボディ用として購入。クラシカルな見た目に反して結構速かった。

    D-LIKE TOYOTA 86(ボディ)

    ドリ車はトレッドが広いので、フェンダー付きでデザインされたドリフト用ボディでないと構成できないと知って買った。

    タミヤ 新型BRZ(ボディ)

    タミグラでの86/BRZワンメイク用として。今後のツーリング用メインとして使うつもりだったが、全長が短く、クイック過ぎて結構難しいボディだとわかり、使うのをやめてしまった。しかしタミチャレGTでは使いにくい物の、もっと遅い速度域では可能性はあるボディと思うので、今後使う機会があるかもしれない。

    BittyDesign Seven20(ボディ)

    M500GT2R用として買った。ツーリングとは言えダイレクトドライブなので、できるだけ低いボディが良い。マクラーレン720Sのデザインは最初は好きではなかったが、今はなんか好きになった。塗装は実在するレーシングチームのカラーリングの再現。カッコイイ。

    タミヤ アルピーヌA110 イェーガーマイスター(ボディ)

    Mシャーシで使ってみたいボディの筆頭だったのだけど、カラーリングを新しくして再販となった。M-08に載せると、バッテリーがボディと微妙に干渉するという問題があるし、下からはみ出して見えるバッテリーがイマイチではあるが、M-08に投入したオプション類の効果と相まってS寸でありながら扱いやすいボディとなった。

    その他買った物

    G-FORCE PS200

    サーキットでの親電源として使用している4セルリポ充電を1C充電できるほどの充電器が無かった。いや正確には能力のある充電器はあるがDC電源が無い。そこで一般的な安定化電源を買ってみたものの、接続を間違えてぶっ壊してしまうミスを犯してしまい、改めてラジコン用の安定化電源を買った。まぁこれ出なくても良かったのだが、200Wでこの大きさというロマン。

    ELECOM LBT-TWS13

    自作読み上げストップウォッチ用として使っていた片耳ワイヤレスイヤホンが耳から落ちやすいので、店頭で自分の耳にフィットするものを選んで購入。iPhone用としても使っている。音質はそれほど良くは無いが、実用レベル。

    figma ダビデ像

    芸術作品で遊ぼう。股間のイチモツがステキ。

    figma RONIN

    衝動予約して忘れていたころに届いたやつ。なんかシルエットがゼイラムっぽくて良い。

    充電型エアブラシ SOUL POWER

    ポリカ用塗料をハンドピースで吹きたいが、匂いがキツイので外で出来ないか考えた上に買った。しかし単色塗なら良いが、グラデーション塗装は難しい事が分かった。

    TOMIX 485系 きりしま

    以前宮崎で写真を撮った緑のきりしまがNゲージで発売されたので購入。買ったけどステッカー貼ってないし、走らせてない。

    来年はどんなステキなものに巡り合えるか楽しみですな!

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月30日(金) - 休みなので走るか - 

    TamTam神戸行った。今日は人少なめ。皆さん今日が今年最後って雰囲気になってた。私もそうだが。

    今日は特に試すような新しいパーツとかは無いのだが走ってみる。

    TT-02 TYPE-S

    フロントボールデフ仕様のまま。やっぱり運転が楽。フロントが固いデフだと、曲がるためにはリヤ荷重を抜く必要があるため、コーナー進入で強めの減速をする必要がある。この際のコーナリングの半径は毎回安定しないので運転が難しい。対してボールデフだと簡単に小さく曲がれるので、最短距離を繋いでいくことができて、結果的に速い感じ。

    それでも他のマシンを操縦した後にこれを扱うと、アクセルをスパッとオフしないと曲がらない印象なんだよな。TTの特性なのか、セッティングの関係なのか。

    XQ2S

    今日一番走ったのはコレ。コーナーの頂点でどうしても曲がるのを待つ感じが残るんだよなぁ。いろいろ対策を考えた。

    リヤのリバウンドを減らした。コーナー進入がちょっと速くなった気がするが、基本的な動きは変わらない。

    フロントに10g分のオモリを付けてみた。これはYouTubeで、XQ2Sにフロントにオモリを付けたら良くなったっていうのを見たから。コーナーの進入は変わらないが、加速時にリヤが滑りやすくなった気がする。ベストラップは変わらなかったが、運転が難しくなったので、オモリを撤去した。

    後ろのダンパーを立てた。中位置から外へ。動きが鋭くなったが、やっぱりコーナー頂点で止まる感じはあるね。で、この時はうまく扱えていたのだが、他のマシンを扱った後にこれを運転したら、ストレートでふらつくようになってしまった。リヤグリップを抜きすぎたかも。

    M500GT2R

    先週からスポンジタイヤにしているが、もう快適過ぎて言う事が無い。ゴムタイヤよりもガタガタ跳ねるけどもうそんなのどうでもいいくらい気持ちいい。跳ねの対策として、フロントのリバウンドをほぼ0にまで減らしてみたりしたが、大して変化はなかった。

    ちなみに日没近くの暗い状況でも、かなり速く走れた。路面温度に左右されず、ドライバーへの負担が少ない証拠だと思う。うーん。ダイレクトドライブでゴムタイヤって使い方を目指して買ったこのマシンだけど、やっぱりスポンジタイヤにはかなわないな。

    M-08

    もうやることが無い感じ。あと試していないオプションとしてスタビライザーがあるんだけど、要らないなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月29日(木) - 仕事納め次の日 - 

    仕事納めの次の日は年賀状を書く。と言っても最近は年賀状の枚数も10枚にも満たない程度しか出さなった。年賀状というは今の時代、もはや必要ない物だと思う。ただ、郵便局の大事な収入源が無くなると、他のサービス(簡保とか)に影響が出るだろうなとは思うがね。

    ただ、あまり連絡を取らなくなった友人とかは、年賀状が途切れると縁が切れてしまうのではないかという不安もある。昔の親友で年賀状を出し合っていなかった人なんかは、今思えば出しておけば良かったなと思う事もあるかなぁ。

    ちなみに最近はWebから印刷済み年賀状を注文するようになった。カラープリンタって維持するのが面倒なのと、使わないと調子が悪くなるからね。ラジコンのステッカーづくりに使えればとは思うんだけど、どうもどれもコレジャナイ感じなんだよね。

    そういえばテプラを持ってるけど、これを駆使して年賀状を作るというのも面白いかなと思ったりした。いや、脅迫状みたいになってダメか。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月28日(水) - 終わった気がしないが - 

    仕事納めだった。いつも思うが、何でもかんでも締め切りを年末に設定するなと言いたい。いろいろとしんどい。

    明日から休みだが特に予定は無い。息子が受験なので家族での外出は無し。引きこもってなんかする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月27日(火) - XQ2Sとの付き合い - 

    私の持ってるXPRESS XQ2Sだが、時々トー角を変えたいと思うことがあるのだけど、サスマウントがプラ製なので変更できない。これをやろうとすると、アルミのマウントとブッシュを買わなきゃいけないのだが、一式そろえるとリヤだけで6800円かかる。まぁラジコンパーツとしてはこんなもんなのかもしれないけど、元のシャーシが2500円だとするとやっぱ躊躇するわ。

    XQ2Sはハイエンドと同じ構造で安いって事がウリなので、そこに中途半端にお金をつぎ込むんだったら、上位のハイエンドを買い直した方がマシって思ってしまう。

    しかし考えてみればTT-02 TYPE-Sも同じくらいの価格で、5000円近くのオプションパーツなんてザラにあるんだけど、これにお金をつぎ込むのに何の躊躇もない自分。入門向けマシンにお金をつぎ込んで速くするロマンがあるからか。

    それに対してXQ2Sはハイエンドの構造のまま安い事がアイデンティティな気がする。まぁ個人の勝手な思い込みだけども。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月26日(月) - WeraとPBとラジコン - 

    2mmの六角ドライバーはラジコンで最もよく使うツールだろう。私はネジを傷つけない工具としてWeraを使っている。Hex-Plusというただの六角形ではない先端形状で、ネジを傷めないってやつね。

    でもボールポイントではWeraは舐めやすくてイマイチなので、こっちはもう1つ有名工具メーカーのPBのヤツを使っているのだが、ストレートタイプのPBの方も以前から気にはなっていたのでちょっと買ってみた。

    PBは形状について特にアピールとかはしていないのだが、単純な六角形ではなくて、角は少し丸くなっているし、先端は円になるように加工してある。おかげで差し込みやすく、傷つけにくくなっている。



    で、実際使ってみた感想は。差し込みやすいがWeraよりも抜けにくい。ネジを締め終わって、ドライバーを抜くときに、Weraは何も考えずにそのまま抜けるが、PBは少し反時計回りに戻さないと抜けない感じ。しっかりネジを掴むのに抜くときは抵抗感が無いWeraの方が私には使いやすい。

    でも、グリップはPBの方が良い。Weraの特徴でもあるこの凸凹した形状のグリップ。粘土を握った時の形状とされているが、2mmドライバーの物は小さすぎて手の幅にあわない。なので先端がWeraでグリップがPBだったらいいのになぁなんて思う。

    ただ、WeraもPBもメンテ時は良いんだけど、キットを組むときはネジ穴が固いので、この細いグリップだとちょっと手が疲れる。ラジコンメーカーのドライバーだと、グリップが太いので、楽に力を入れてねじ込んでいくことが出来る。

    多分この六角ドライバーというのはあまり一般的な工具ではないようで、普通は六角穴を持つ相手にはL字型のレンチを使う。1.5mmや2mmの六角ドライバーで力をかけて回すという事がそもそも一般工具では想定されていないのではないかと思う。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月25日(日) - まぁまぁ寒い日 - 

    今日の気温は10℃と暖かくはないが、風は少なく日差しもあるのでまぁまぁ過ごしやすい。先週とは大違いだ。全国的には大雪で大変なことになってるが、瀬戸内海に面したここでは雪なんて降らないようだ。

    TT-02 TYPE-S

    最近注目されている前ボールデフ後3000番。先週良い感じだったのでね。うん、運転しやすい。小さく曲がれるし、修正舵もしやすい。正確にラインをトレースできる。本日初走行としてはまぁまぁなタイムだったが、やっぱボールデフじゃ加速が遅くなってるんじゃないかと不安になる。

    前デフを30万番、10万番と試したが、いずれも遅かった。曲がんない。その後ボールデフに戻したらやっぱり速い。うーん、やっぱりボールデフ強いな。ただ、グリップの低い冬だからこそだと思うので、夏になったら多分違う結果になりそうな気がする。

    M500GT2R

    本日の路面温度は12℃。ゴムタイヤDDはタイヤウォーマーが無いと無理。というわけであっさり諦め、スポンジタイヤで走ってみる。使うのはF103GTにも使っていた、YURUGIXのエンジンカー用の貼完タイヤ。ちなみにフロントは4mmハブを使っているのだが、これのホイールだと干渉してしまうので1mmスペーサを足した。

    もちろんこの寒さでもリヤがすっぽ抜けてスピンするなんてことは無いが、なんかリヤグリップが足らなくて常に空回りしている感じ。なのでバッテリーを横置きにして重心をリヤ寄りに変更。こんなことがすぐにできるのがこのシャーシのいいところ。

    横置きにしたらちょっとアンダー気味になって運転しやすくなった。なかなか楽しい。これで夕方にもう一度走らせたが、グリップ感は変わらないのがスポンジタイヤのいいところ。そして走行後もタイヤは冷たいまま。温度に左右されないっていいよな。

    ちなみにスポンジタイヤだと常時ガタガタ揺れてる。ゴムタイヤの時はアンダーが出た時だけガタガタ跳ねてたが、スポンジタイヤだと常時ガタガタ鳴ってる。スポンジタイヤはアンダーで跳ねる事は無いが、タイヤが固いので路面の凹凸を吸収できずに常時揺れてる感じだ。

    M-08

    先週と同じく、ハードタイヤならこの寒さでも問題なし。素晴らしいぞ。ちなみにAタイヤでも走れるかなと思って試してみたら、最初はストレートでふらつくくらいにリヤグリップが無かったが、ある程度経ったら普通に走れた。でもタイムはハードよりも0.9秒も落ちる。スピンはしないが小さく曲がれないので、どうしてもタイムが削れない。

    XQ2S

    RiDEのカットスリック。先週は曲がれないなーと思ったが、なんか曲げ方が分かった気がする。ちゃんとブレーキして曲げる、向きを変えてから加速するを徹底したら速く走れた。

    でも夕方だと温度が下がって再び走れなくなった。こいつにもボールデフ使いたいが、無いからなぁ。低グリップを想定していないシャーシなのか。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月24日(土) - 非接触温度計導入 - 

    天気めっちゃいいけど、寒いので今日はラジコン止め。特に風が強いので辛いと思う。明日はまだマシのようなのでそうする。

    ところで先週から路面温度を測り始めた。四駆だとグリップしなくても走れちゃうからあまり気にしてなかったのだが、ダイレクトドライブを運用するにはタイヤが管理できてないとどう頑張っても無理だからね。

    非接触の温度計ってヤツはいろいろ売ってるんだけど、良く調べないとダメだった。よく見ると用途が決まっているようで。

    体温を測るためのヤツ。これはコロナで需要が一気に高まったはずで、たくさん売られているのだが、もちろん人間の皮膚に最適化されているので35度前後でしか使えない。

    調理に使うことを想定してるヤツ。マイナス数十度から数百度まで測れるので良さそうに見えるのだけど、測定距離が3cmくらいであることが多く、路面温度を測るには向いていない。

    工業用のヤツ。高精度で離れていても正確に温度を測れる。しかし高額で大きい。

    今回の用途としては、精度は数℃程度ズレてても問題は無い。測定距離に関しては、D:Sの比率が書いてある物なら使い方で対処できるだろう。これは距離と測定する範囲の直径の比率で、狭いほど狙ったところをピンポイントで測れるということ。あと、サーキットに持っていくことを考えると、かさばらない物が良い。

    で、買ったのがコレ。AD-5617。
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00468XCPM

    ペンタイプで、見たからにいかにも安物っぽいが、携帯性は抜群。D:S比や精度など、スペックはちゃんと示している。それに大きさの割には他の製品に比べて安いというわけではないようで、外観部分のコストを抑えた分、中身はまじめに作ってあるのではないかと思う。

    製造会社のA&Dってのは計測機器を作っている国内のメーカーのようで、サイトを見る限り産業や医療機器も扱っているかなりまともな会社のようだ。

    実際使ってみた感想は、計測するたびにズレが発生するが、測定半径が大きめなのでこれくらいの誤差はでるだろう。動かさずに何度か測ると毎回同じ値が出てくるので、使い方次第だと思う。実際には見たい範囲を何回か測って、あたりを付けるしかない。

    今日も日中家の前の路面温度を測ってみたが、15℃くらい。気温は10℃を下回っているが、日向であればこれくらいの温度になるらしい。ラジコンのゴムタイヤについては、15℃以下となるとタイヤウォーマー必須領域らしいから、なるほど今日なんかは走行は難しそうだな。

    今後も気温と路面温度を測るようにして行けば、経験上天候から路面温度が予想できるようになるかなーなんて思ってたりする。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月23日(金) - M-08静かになった - 

    先週M-08をメンテしたら、ギヤノイズが前より大きくなった。M-08は最初に組んだ時からギヤの音がうるさいなという印象があったのだが、もっと酷くなった感じだ。

    M-08はモーターからデフまではギヤトレインで繋がっていて、またの加速時にトラクションがかかるようにモーター向きを左右反転するにもギヤの数が多いから、こんなもんなのかなーと思っていた。

    よく見るとギヤがすり減っているのが確認できたので、ギヤを新品に交換してみた。ピニオンとデフのギヤも含めて全部ね。ギヤの摩耗は目視ではわかりにくいが、こんな感じ。



    いや写真だと全然分からんな。目視だと分かるんだが。

    ギヤの山の形が左右で少しでも違う箇所が1つでも確認出来たら、寿命だと思う。でもほとんどの場合、目視で分からないレベルでも異音を出すんだよな。

    まぁ、ギヤノイズに関しては、ギヤの摩耗が原因であることがほとんどなのだけど。このM-08については、新品を組んだ時よりも静かになったのだが、その理由は分からない。たまたまキットに付属していたギヤ関係のパーツの精度が低かったのだろうか。摩耗の度合いが全周で一定でないということは、ギヤの中心が出ていなかったんだろうな。

    あと、ギヤを全交換したので、ついでにグリスをモリブデンからセラグリスに換えた。M-08の説明書だとギヤにはモリブデンを塗れってなってたのでその通りにしてたんだけど、自分としてはギヤのグリスはセラグリスなんだよねぇ。白いギヤにグレーのグリスだとなんか汚い感じになるのも嫌だし。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月22日(木) - 売れているらしい - 

    XPRESSのAT1Sが出荷されたらしいが、たくさん売れているらしいっすよ。

    このシャーシ、興味あるけど買うならハイエンド版のAT1を買わないと意味ないんじゃって気がするのよね。AT1は今どきシャフトのハイエンドってのが話題性だったわけで、それの廉価モデルって位置づけなんだよね。でもなーシャフトで廉価モデルならTT-02 TYPE-Sでいいじゃないかって気がしちゃう。

    まぁあのフローティングギヤボックスの構造を安価に体験できる事に価値があるんだろうけど。FRPで固いシャーシだとその意味が薄れる気がする。やっぱり買うならAT1だろ。いやこの価格ならEvo.8が買えるし。

    まぁ、どれも買わないんだけどね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月21日(水) - 続かない線路 - 

    九州に出張した。まぁ今更九州を語ることはないのだが。

    博多の線路終端標識がデカすぎてなんかじわじわ来る。

    調べたら、どうやらJR九州ではこのような大きさイズを使っているようですな。これはたぶんアレだな。標識が良く見えなくて突っ込んだ事故とかが過去にあったとかじゃないですかね。

    この終端標識も全国にはいろいろバリエーションがあるようで、電気で光るやつもありますよね。Nゲージでも光るようになってたりしてね。レールの最後にはちょこんとたたずむこの標識がかわいらしいのではあるが、JR九州のこれは威圧感ありすぎだろ。そのうちこれも模型化されたするんだろうか。

    線路は続くよどこまでも。いや環状線でもない限りどこまでも続くわけがない。必ず終わりがある。そして終わりにはコイツが居る。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月20日(火) - ボールデフのあの動画 - 

    Mighty NokkeyさんがTA08のフロントをボールデフにしたらめっちゃ速くなったっていう動画を上げたら、結構それに反応した人が多いみたいね。

    某YouTuberは、そんなはずはない。セッティングを変えればスプールが速いことに変わりはないと主張。またあるYouTuberは、Nokkeyさんの動画を見て、低グリップの路面で前に柔らかいギヤデフを使ったら見事に優勝したと報告。現在ツーリングではフロントスプールが当たり前なので、やっぱり多くの人があの動画には衝撃を受けたんだろうね。実際私も先日試したし。

    そもそもなんでボールデフが廃れたのかと言えば、ハイパワー化によりボールデフの摩擦力では滑ってしまうようになったから。じゃなかったのかね。Nokkeyさんは魁プロジェクトのグリスが凄いっていう言い方をしてたので、優れたグリスが登場した事で、デフの勢力図が変わるのではないかという話だった。

    要はあのグリスを試さないといけないのだが、早速売り切れだそうで。動画の影響力スゲー。じゃぁ他社のグリスはどうなのかってのが気になるよな。各社のグリス比較なんていう動画はたぶん誰も作ってくれないだろうし、この辺は試した人だけが知る世界か…。それにしても、タミヤ系レースではグリスはタミヤ製じゃなくて良いのかって疑問があるけど。タミヤも新型のグリスを開発してくれると嬉しいが。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月19日(月) - 暴れん坊 - 

    なんかYouTubeで暴れん坊将軍の1話が出てきたので、軽い気持ちでクリックしたら最後まで見てしまった。

    懐かしいなぁと思ったが、私の子供の頃の記憶にあるのはIIIの頃で、最初は1978年だったのか。といってもリアルタイムで見ていたわけではなく、何となくテレビを付けたらやっていた再放送で見たのがほとんどだと思う。第1話は今回初めて見たのだが、ちゃんと将軍に就任するところから始まっているのね。

    そして第1話から面白かったわ。こっから同じパターンで800回以上も良くお話が作れるよなって思ってしまう。松平健がまだ若者って感じだが、この時点でもう役者としても完成している感じがするね。ただ、今見ると、これが後にマツケンサンバを披露することになるという未来がちらついて仕方ないが。

    それにしても、テレビで時代劇が見られなくなったのは寂しいね。悪は必ず成敗される世の中であってほしい。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月18日(日) - 寒すぎM-08 - 

    昨日雨だったので今日TamTam神戸。寒い。最高気温6度。12月としては寒い。しかも風が強い。外でラジコンなんてやりたくない日だが、昨日できなかったのでやるしかない。

    TT-02 TYPE-S

    先週のベストラップよりも0.4秒も遅い。先週に比べて寒すぎてタイヤのやる気が無くなってる感じだ。路面温度は日陰だと6℃くらい。

    そういえば某YouTuberがフロントにボールデフ使うといいぞみたいなこと言ってたので試してみる。多分アレ、グリップが低い状況での話だと思うんだけど、今日はグリップが低いのでな。

    ほぉ…さっきよりも0.2秒ほど速くなった。小さく曲がるようになってコーナーが楽。

    で、夕方に走り直したら日陰面積が増えたからか1.7秒遅くなった。そこで前後ボールデフにしてみた。コーナーが楽でラインが安定する。けどタイムが変わらない。という事は、加速が弱くなってるんだろうな。そこでフロントをスプールにした。加速感が出てきたが、タイムは変わらなかった。

    デフの設定って、グリップを左右に使うか前後に使うかっていう配分のような気がする。曲がりを良くすれば加速が悪くなる。加速を良くすれば曲がりにくくなる。タイヤはグリップ以上の仕事はしない。

    M-08

    冬の極寒でハードタイヤで走ってみる。特に問題なし。一度もスピンせず。前住パイセンが行っていた通り、気温がマイナスでもない限りハードで良いと思う。年中使える万能タイヤだなこれは。

    ここでここまで入れていなかったオプションを投入。あまり効果は無さそうに見えたので後回しにしてたやつだ。

    アルミサスマウント。スキッドの付いてないやつね。さらに低摩擦サスボールも一緒に使ってみた。



    サスの動きが良くなるのかと思ったが、手で動かした感じでは特に違いがあるようには思えない。とりあえず走行してみるか。

    マジかっ。動きが変わった。コーナーが小さく曲がるようになった。かといって巻くようなことも無く、素早く向きを変えられるので運転は楽。ベストラップは変わらなかったが、これは寒さで手がかじかんできたせいもあると思う。

    アルミモーターブリッジ。これも効果が謎だったパーツ。標準の樹脂製でも十分固いし、今は強化樹脂になっているのでさらに固い。目立つパーツなので、青色の面積を増やすだけのドレスアップパーツじゃないのかね。



    ピッチング剛性は樹脂でも十分だったが、アルミになってねじり剛性が強くなった感じかな。これがどう影響するだろうか。

    うっわ。曲がる。さっきよりさらに小さく曲がる。特に加速時のアンダーが軽減されたのか、高速コーナーでの曲がりが良くなってステアの切る量が小さくなった。

    なんというか、RWDは急激なアクセル操作をするとスピンしてしまうのだが、これだともうアクセルオフでガバッとステアを切っても曲がれちゃう。小さくも大きくも曲がれる圧倒的自由度。これは凄い。

    やっぱM-08スゲーわ。オプションを入れるたびにちゃんと効果が出る。そしてこの極寒の路面でゴムタイヤで走れてる事がびっくりだ。このハードタイヤが凄いのかもしれないが。

    M500GT2R

    リヤタイヤKM20だが、さすがに今日くらい寒いと厳しい。すぐスピンしてしまう。フロントタイヤはKM24。一つグリップを落とそうとしてKM32にしたら、今度は超アンダーで走れない。この中間は無いのか…。

    M-08は走れたが、さすがにこの寒さでダイレクトドライブゴムタイヤは無理か。タイヤウォーマーを使う、スポンジタイヤで楽しむ方が良いのかなぁ。

    XQ2S

    RiDEのカットスリック。やっぱ寒すぎて曲がらんわー。走ってもタイヤが温まらない。

    現在フロントのバネがタミヤの大径ショート緑で、リヤはキット付属だったが、大径ショート赤にした。小さく曲がりやすくなったが、タイムは変わらず。でも変更前のリヤ固めの方のスパルタンな動きも楽しかったかなーと思ったり。


    途中で嫌になって帰ろうと思ったくらい寒かった。きょう使ったマシンではM-08だけが走ってて楽しかった。調子に乗ってリポに乗せ換えて遊んだくらい。M-08バンザイ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月17日(土) - 青色使用料 - 

    昨日のフォートナイトの問題は、ある程度の友達は復帰したようだ。親に頼んで認証した人、年齢を詐称した人など様々。認証後は、フレンドを申請されてて許諾待ち状態になるようで、それで依頼即フレンドとなる…という事らしい。ふーん。

    ところで、M-08のネジをキット付属のプラスビスから六角ビスへと交換した。動機としては、先日ダンパーをTRFダンパーにしたことで青い部分が増えたので、もう少し青い部分をちりばめて全体の見た目のバランスを取りたいと思ったから。でも青のアルミビスは六角タイプなので、青くしない部分も六角にしないとなんか統一感出ないので、全部変えていく。

    あと、オプションを加えていくと、それに付属するネジが六角ネジ。同一シャーシの中で六角とプラスが混在して使いにくくなるってのもあるんだけどね。…といいながら、よく考えたらM-08はサーボ固定用のビスだけ最初から六角ビスなのだが、これはなぜなんだろう。まいいか。

    あとはどこを青くするのかってのがあるのだけど。青ネジは高いというのもあって、ちょっとしたアクセント的に使っていきたいところですな。できるところを全部青にするってのはなんかくどいからね。

    それにしてもタミヤのチタンは5本で400円だが、アルミは5本で480円。チタンよりアルミの方が高いんだよなー。アルマイト処理はチタンの材料費以上に高いって事か?ていうかやはり青ネジはタミヤへの忠誠心を示すアイテムなのか。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月16日(金) - 子供締め出しフォートナイト - 

    息子とやってるフォートナイトだが。ここ数日でペアレントコントロールが必要になっていろいろ混乱中。

    起動したら生年月日を入れろと言われて、そこから子供だと判断されると保護者の認証手続きを取らないと、ゲーム内でのチャットや課金が出来なくなるという仕組みだ。ペアレントコントロールってヤツね。これ自体はNintendoSwitchでも同様の仕組みがあったので問題ないのだが、なんかいろいろと困惑する内容がある。

    まず保護者のメールアドレスを入力して、保護者へメールが届く。メールからリンク先にアクセスすればいいのだが、これがHTMLのメール表示をしないと飛べない。私は安全のためにHTML表示をオフにしているので、これに気づくのに結構時間がかかった。

    認証したら、その保護者が成人であるかどうかの確認をする必要があるのだが、顔の撮影、クレジットカード番号の入力、免許書などの本人証明書の提出のいずれかを迫られる。海外のゲーム会社に対して、こんなのいずれも送りたくないです。クレジットカード番号に関しては、これまで課金はAmazon経由だったのでEPIC GAMESには直接送ってなかったからな。

    とは言えこれをやらないと1ヶ月以内にアカウントが消滅するみたいなことを言われ、私としてもそれは避けたいので、嫌ではあったがクレジットカード番号を入力した。私は息子と一緒にフォートナイトをやっているので理解があるが、絶対ダメだという親御さんは多いんじゃないかと思うなぁ。

    で、ようやく認証が終わったら、ゲーム内でのフレンドが全員消えてた。これはどういう事なのか不明。フレンドは主に学校の友達なので、同じくペアレントコントロールが出来ていないのだろうか。

    と思ったらどうもおかしい。私のアカウントでも同じく起動したら生年月日の入力画面が来た。ちなみに私はPS4だが、生年月日を入力した後に次に進むためのボタンがパットだとどうしてもクリックできず、マウスを繋げないと押せなかった。作りが雑過ぎるだろ。で、私の場合は成人なのでそのままゲームが起動したのだが、フレンドであるはずの息子が消えてた。フレンドを再登録するために息子の名前を検索しても出てこない。

    息子のアカウントから私は検索できたようで、フレンド申請をしようとしたら、ここで保護者の暗証番号みたいなのを入れろという画面が出てきた。そんな暗証番号設定した記憶が無いぞ?と思ったら、ペアレントコントロールの認証が済んだ後にメールが届いていて、そこに暗証番号が書かれていた。これもHTML表示じゃないと見えない。

    で、息子が私にフレンド申請をしたら、私の方は承諾をしていないのにフレンド登録された。これも謎の挙動…。いろいろとおかしい。バグなんじゃないのか。

    後問題は、息子のフレンドが全部解除になっている事。再登録すればいいと思うかもしれないが、友人のアカウント名が分からないとの事。ゲーム内ではこっちで名前を書き替えて表示させてたので思い出せないとか。まぁリアルの友達なので、後日アカウント名を聞き直せば良いのだが、この中には転校している友達がいて、現在はフォートナイト内のチャットでしかつながっていないらしい。電話番号も知らないので、もう連絡を取る手段が無くなったと嘆いていた。なんと悲しい事よ。

    小学生はスマホでLINEとかはしてないが、ゲーム内でのボイスチャットが、これの代わりをしていたのだ。だからこそペアレントコントロールが必要だったと言えなくもないが、フレンドが消えるのは、子供たちに大きなショックを与えるに違いない。息子としても運営側への不信感が芽生えたようで、もうフォートナイトはオワコンかもねと言っていた。

    私としては、息子の友達と一緒のパーティでプレイする機会が多かったことで、息子が友達同士でどんな会話をしているのか知るいい機会だったので、非常に有意義だったが…。友達の親御さんは認証するだろうか?

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月15日(木) - そういえばこのポスター - 

    そういえば大阪駅に貼られた「咲-Saki」の広告が性的だと国会議員が避難した件、ありましたね。今更だけど。https://www.bengo4.com/c_18/n_15331/

    これについて、表現の自由がどうのこのうっていう意見が飛び交っているけど、私は、場をわきまえるべきだったのでは?と思うけどな。

    性的だと言われたイラストってのはバニーガールの衣装で大きく足を露出させている物であるが、オタク畑の人間からすると、もっと過激なイラストを見慣れすぎてしまっているせいで、何と思わないレベルなのだが。自分の感覚が一般的感覚とズレているのか、国会議員の感覚が一般感覚とズレているのかどっちだ?と思ってしまった。

    ただ、例えばこれが秋葉原の駅に貼られていたら、違和感を感じないと思うんだよね。大阪駅なんていう場所に貼るのは確かに、ちょっとミスマッチな感じはある。広告主としては新たな市場開拓のために敢えてそういうのを狙ったところはあるんだろうとは思うけど、残念ながら噛みつかれちゃった感じよね。

    オタク系市場の表現手法には、性的に過激な部類もあるが、女性でもそういうのを楽しんでいる人たちもいるわけで。自分たちの楽しみを非難されないためには、ある程度の市場規模内でとどめておくという注意も必要かもね。なんて思ったりした。

    以前日経新聞に「月曜日のたわわ」の広告を出して非難されたこともあったけど、あれも同じことかと。ある程度の反響を想定してやったんだろうが、それによってグレーゾーンを白く塗りつぶされることになって業界全体が迷惑をこうむる事になるというリスクも考えた方が良いんじゃないかね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月14日(水) - 気を付けたい通販の罠 - 

    先日11月24日にラジコン関係の通販サイトについて触れたが。その中でJoshinを紹介していたが、ちょっとうむむと思うことがあったので書いておく。

    スーパーラジコンで買おうと思った物が売り切れになってて、Joshinにはあったので注文したのだが。送料を無料にするために、別に今すぐほしいわけでもない別の物も追加して一緒に注文した。そしたらその追加注文した物が「在庫あり」だったのに、実は在庫がないのでメーカー取り寄せします。発送が遅れます。だって。

    通販サイトではこういうことが起こり得る事は理解している。特に一般店舗と在庫を共有している所なんかは、同時期に店頭で買われたりする事もあるからね。

    でもJoshinは、こういうことが1度や2度じゃなかった。明らかに他のサイトよりもよく起こるので、在庫管理がいい加減かもしれないという評価にならざるを得ない。

    こういう時に、在庫のある商品だけを先に送ってくれたり、入荷待ちになった物だけをキャンセルするという選択ができる通販サイトもあるのだけど、Joshinはそれができない。1点でも入荷待ちなったら、全商品揃うまで送ってくれないし、変更もできない。

    一応全品キャンセルはできるので、キャンセルした上で再び注文すれば対処できるような気がするんだけど。以前にも同じことがあって、全品キャンセルしたら、そのキャンセルした物が元の在庫に即戻るわけではなく、本来欲しかった物が売り切れ状態になって、結局欲しい日までに入手は不可能になったという事があった。

    という、Joshinの注意点でした。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月13日(火) - 一般発売して欲しい奴ら - 

    タミヤのラジコンパーツには、カタログに載ってないアフターパーツっていう、19から始まる品番が振られている部品がある。

    これはキットに採用されている物の、店頭ではバラ売りされておらず、タミヤのカスタマーサービスに直接注文しないと手に入らないヤツだ。まぁタミヤカードの会員だとWebから注文するだけで送られてくるが、会員じゃないと注文から支払いまで結構手間がかかるんじゃないかな。私も会員になる前は面倒なので洛西モデルで買ってた。

    それにしても、そのキット特有の部品じゃなくて汎用部品だと思うようなものはスペアパーツとして店頭扱いにしてほしいのだが。例えば以下の部品。

    ホロ―ビス。TRFダンパーの強化V部品を使う場合、ピロボールナットでダンパーを取付けるのだが、その場合にサスアームにはホロ―ビスを使う事になる。既存のマシンをダンパーを強化V部品にアップグレードする際、ホロ―ビスだけが店頭で買えない。

    フランジパイプ。Cハブの所に使うヤツ。Cハブと言えばクラッシュ時に一番壊れやすいパーツなのだが、その際にフランジパイプも紛失することが多い。なのに紛失したのでその店で買うという対処ができない。

    5x9mmピロボール。Cハブの上に使うヤツ。これもツーリングなら標準的に使う部品なのにアフター扱い。紛失はしにくいけど、5x8mmじゃ微妙に長さが足らないところに使いたいと思うときがあるのにね。

    1280ベアリング。TT-02のデフに使うベアリング。他のベアリングとセットでは店頭にあるが、ピンポイントでこれだけ交換したいときに売ってない。最近はラバーシールのタイプが出てこれなら店頭にあるが、ノーマルは売ってない。

    3x48.5mmシャフト。TT-02 TYPE-Sのサスシャフト。特にリヤ側は曲がりやすく、大クラッシュの記憶がなくても曲がってることがある。TT-02 TYPE-Sを運用する場合には予備を持っていないと安心できないくらい。カスタマーでも結構な注文が入ってるんじゃないかと思うがどうなんだろう。

    スチールビス類。六角のネジは販売しているのに、キット付属のプラスネジのヤツはなぜかスペアパーツとして売ってない。上級者はプラスネジなんて使わないから問題にならないんだろうけど、キット付属ビスに予備がないので、欲しい時もあるんだよな。ネジ1本でもタミヤ製じゃないとレギュ違反なんだから初心者でも買いやすくして欲しいよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月12日(月) - 送風ロマン - 

    充電はロマン。そして放電もロマン。

    HiTECから新しい充電器が出るらしい。https://hitecrcd.co.jp/products/x2v1000/

    ACで450Wはたぶん史上最強。こんな出力何に使うんだよって感じ。でもって注目すべきはオプションの放電器。なんと350W。G-FORCEの放電器を上回ってきた。ラジコン用としては史上最強かな。お値段も最強クラスだが。

    ところで、ラジコンやって後片付けって時に、マシンについた汚れを取るのにブロアで吹くわけだが。大きいサーキットになると、コンプレッサが置いてあるんだけど、それがないところでは、自前で用意するしかない。現在はPC用の電動ブロアを使っていて、毎度充電して持っていくわけだが、これこそラジコン用バッテリーを使えないのだろうかと思ってしまう。

    リポバッテリーは空になるまで使っちゃいけないわけだが、走行で公称電圧まで使う事なんてなくて、大体帰ってからストレージ電圧まで放電を行う事になる。めんどくせーっすわ。だったら、ラジコンバッテリーで動くブロアを作れば、最後に掃除と放電を兼ねる事ができるんじゃないかと思うんだがどうだろうか。どっかのラジコン用品メーカーが作ってくれないかな。

    手持ちの電動ブロアを分解してモーターに直に8.4V突っ込んだら回らないかなー。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月11日(日) - なんかしたい - 

    M-08。何かしたい。

    何かってなんだよ。いや昨日の段階で不満無しの状態になったのだけど。M-08に至っては、オプションを入れれば入れるほど良くなっていく楽しさがあるので、なんか限界を求めたくなってきた。

    コーナーリングに不満がないなら、ストレートスピードを上げるしかない。とはいえブラシモーターのメンテとか嫌いなので…。ベアリングを高級品に変えるとかかなぁ。

    あとボールデフグリスを変えると速くなるとか聞いたことあるのだが。グリスってタミヤ製じゃなくてもタミグラレギュ違反ではないと言っている人がいるのだが、本当だろうか。少なくともオイルはタミヤ製じゃないとダメらしいが、それだったらグリスもダメじゃないかって気がする。ただ、違反のチェックのしようがないから黙認ってだけじゃないのかなぁ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月10日(土) - M-08の進化を確認 - 

    TamTam神戸来た。

    TT-02 TYPE-S

    先週ハードシャーシにしたのだが、やっぱりノーマルシャーシに戻した。やっぱりハードよりはステアリングの反応は鈍いかもしれない。フルスロットルでコーナー曲がる所ではやはりアンダー気味になる。これはハードシャーシだとステアを少し切るだけで曲がってくれる感じはあった。まぁ好みの範囲だと思うが。

    ところで、後ろにリバウンドストッパー付けてなかったので付けた。なんで今までつけてなかったかというと、以前TA07やTRF420の足を付けた時に、ストッパーが邪魔で外したんだよね。それからリバサスに戻したけど、そのまま外したままになってた。一応ダンパー内にOリング入れてて多少ストロークを抑えているけど、スプリングが伸びきったあともまだ少し伸びる。とりあえずスプリングが伸びきる以上は伸びないようにリバウンドを調整した。走ったらビックリ全然違うわ。ステアリングの初期反応が速い。リバウンドってこんなにも影響があるのね。以前いろいろいじった事があるのだけどすっかり忘れていた。

    前側もダンパー角度とかリバウンドをいろいろ調整。前のリバウンドを減らすと、ステアリングの初期反応はマイルドになるね。

    TT-02 TYPE-Sでは、前後ともスプリングは大径緑にしている人が多い。私はいろいろやってるうちに後ろは大径ミディアムになってる。多分間違ってる気がしたので緑にした。そしたらコーナーが小さく曲がるようになった。これでかなり運転しやすくなって、タイムも上がった。ただし、コーナー後半からの加速ではリヤが滑りやすくなった感じ。

    夕暮れ時。気温も下がり、路面が日陰になるとタイムは大幅に落ちた。立ち上がりでリヤが滑るので、リヤトーを2.0度から2.5度に。これで滑らなくなり、ガンガンアクセルを入れて行けるようになり、タイムは少し改善。先々週は2.5度だと曲がりにくかった気がするが、リバウンドの調整のおかげでコーナー進入時にリヤグリップが抜けやすくなったのだろうか。

    M500GT2R

    先週で良いバランスになったと思う。完全にガタガタなるのが無くなったわけではないけど、まぁ許容範囲。逆にガタガタさせずに周回できたときは嬉しい。

    フロントタイヤのグリップを落としたらガタガタがもっと減るかなーと思ったで、RUSHの36X、タミチャレタイヤなんかを前に付けてみたのだけど、これだとガタガタは減るのだが全くグリップしないので超アンダーでまともに走れなかった。う〜む。

    KM24に戻した(後はKM20)。バッテリーとサーボの間に20gのオモリを載せているが、これを外してみた。これだとステアがクイック過ぎて難しい。ガタガタも増えた。

    結局またオモリを付けた。これが一番良いようだ。

    M-08

    一昨日CVAダンパーをTRFダンパーに変更した。あとボールデフもメンテしておいた。タイヤはハード。M-08Rと同じオイルとバネ構成。どんな感じになるだろうか。

    おおっ。これはステアの初期反応が良い。すべてのコーナーでブレーキ不要。あまり減速をかけなくて良いので、リヤが抜ける事が無く常時安定している感じだ。これはいいぞ。

    スピンの危険は無さそうなので、バッテリー下に付けてた25gの真鍮板を外す。これはレギュレーションの最低重量クリアのためでもあったのだけど、アルピーヌA110のボディは重いし、ダンパーもアルミになって重量増になったので、ウエイトを外しても1250g以上になる。さっきよりさらに軽快になった。最初は戸惑ったが慣れれば扱える。インギリギリを寄せていく楽しさがある。とはいえウエイトありの方が運転は楽だけどね。レースの時はウエイトありの方が良いかも。

    さて、ここで昨日貼ったソフトタイヤを使ってみる。気温は10度以上はあると思うがどうだろうか。グリップしすぎてピクピクなのを想像してたのだが、走ってびっくり。アンダーだわ。コーナーリング中にタイヤが横滑りしてザザーって音が聞こえる。タイヤが柔らかすぎるんだろうね。トラックレーシングみたいなフニャフニャした感じ。インナーはハードだが、スーパーハードにしないとダメだったかも。で、やっぱ噂通り1パックでアウト側のタイヤにはブリスター出るね。

    ていうか絶対ハードの方がグリップ高い。このタイヤの存在意義が分からないぞ。

    Aタイヤも使ってみた。グリップ低くてクッソ遅い。でもアンダーになるだけで、スピンする気配はない。以前はスピンしそうになっていたことを考えると、現在のTRFダンパーとその設定がいかに優秀かがわかる。TRF河野さんが考えたセッティングさすがだわ。

    XQ2S

    RiDEのカットスリックタイヤはグリップは高くないのだが、リポバッテリーだとパワーがありすぎて空転するタイヤで無理矢理進んでいく。そんな感じだ。まぁでも、BWOAHのモデルになっているバルキリーは1140PSのバケモノマシンなので、そんな力任せの走りもそれらしいと思ってしまう。走ってて楽しいです。

    XQ2Sはかなり固いシャーシなのだけど、以前アッパーデッキを取り付けるネジに1mmスペーサを付けることで剛性を落とすと良いなんて聞いたので、そうしていたのだけど。外してみた。なんかステアリングとスロットルのダイレクト感が増したような気がした。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月9日(金) - ソフトを買ったのだが - 

    M-08が先日遅かったのは温度のせいもあるかもねという事で、冬用タイヤを用意。春、夏、秋はBタイヤで十分だと思っていて、本気出す時だけハードタイヤって感じだと思うが、それに対してAタイヤは気温に関係なくグリップは低いイメージよね。

    先日はハードタイヤでも速くなかったので、そろそろソフトタイヤの季節ですかねーと思ってソフトタイヤを初めて買った。あんまり評判は良くないようだけど。

    スペック上は路面温度8〜25℃って書いてますけど。なんとなく過去のタミヤライブのMシャーシ特集を見ていたら、パイセンが言うには、気温がマイナスでもない限りハードタイヤで大丈夫だって。ソフトタイヤはカーペット向きだとか。カーペットはMグリップじゃないのか…。

    ネットの評判では減りが早いらしく、あっという間に溝が無くなるとか。そうなると使うのは2月くらいの一番寒い時期に、短期間使うのが正解かもしれん。

    まぁなんせ、ツーリングなら少々タイヤのグリップが低くてもそれなりに走れちゃうのだが、RWDは前後グリップのバランスが悪ければまともに走れないですからね。Mシャーシが初心者にお勧めできない理由の一つに、タイヤが割高ってのがあるよねー。

    大体、タイヤ1セット2500円くらいかかるでしょ。これが10パック程度しか持たないとなると、1パック250円かかってる計算になる。1パック10分も走らないのだから1分25円。2秒で1円くらいかかってる。ゲーセンで遊ぶのとあんまり変わらないくらいのお金減り方だ。そう考えると高いのか安いのか…。いやこれとは別にサーキット利用料とかもかかってるわけで…。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月8日(木) - MだけどTRFにした - 

    昨日いろいろ書いたけど、M-08をTRFダンパーにした。ダンパーステーはTRF用を買いなおした。

    現状、ダンパーステーはTRFダンパー用ではない方のカーボンダンパーステーを付けていた。これはノーマルの樹脂製と同じ穴位置。いずれMシャーシ用アルミダンパーを付けるつもりでいたので、先にカーボン化していたのだが、M用ダンパーが全く手に入らない状況がこうも長く続くとは思わなかった。

    で、手元に余っているTRFダンパーを付けることにしたのだが、キット標準のCVAダンパーはTRFダンパーと同じサイズなのでこのまま取付けても問題ないのではと思ったがそうもいかなかった。CVAで高さ調整用スペーサーなしの状態より、TRFダンパーのアジャスターを一番上まで上げた状態の方がバネ長が短いので、TRFダンパーだとキット付属のバネを使うと車高を5mmまで低くできなくなる。まぁ、ダウンリテーナを使うとかいろいろ対策方法はあるかもしれないが、素直にTRFダンパー用ステーに変更した。

    やっぱCVAとは動きの滑らかさが全然違うね。これは走りそうだ。番手は前が3穴200、後ろが3穴400で、後だけダイヤフラム上にスポンジを置いた。要はM-08Rと同じにした。M-08Rはビッグボアだけどね。

    青さが急激に増したなぁ。M用ビッグボアはキャップの色が黒。M-08Rに付属の物は青になっててちょっとしたプレミアム感が演出されていたが、TRFダンパーなら元から青。あとM用ダンパーはアジャスターにゴムが入っていないので意図せず動いてしまいやすいという問題があって、アジャスターだけTRFダンパーの物に替えている人が良くいるのだけど、アジャスターが青になるとキャップも青にしないとなんだか統一感ないと思ってた。その面でもTRFの方が良いよね。

    それにしても、ステアリングやらタイロッドを青くしているので、M-08R以上に青面積が多くなった。ここまでくるとネジも青くしたくなってくるという課金への誘惑が…。

    ダンパーステーはTRF用にすると、少し高くなってカッコ悪くなるかもと思ったりしていたが、ダンパーの存在感が増してむしろカッコイイかもしれない。ちょっと気に入ったわ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月7日(水) - Mもアルミにしたい - 

    M-08。A110で先日走った時遅かったのでなんかしたい。

    ところで私のM-08、いろいろオプションを入れているが、いまだにM-08Rに劣る部分がある。ダンパーがCVAのまま。

    CVAダンパーって作った時は良いんだけど、しばらくするとすぐに劣化して、動きが渋くなるイメージがある。アルミダンパーだとしばらくメンテしていなくても、ある程度性能が維持されると思う。CVAはOリングを2重に使うので、劣化の影響を受けやすいのかなぁ。

    M-08RだとMシャーシ用ビッグボアプラスなので、これを買おうとずっと思っているのだけど、全く入荷しないんだよな。とか言ってるうちにTT-02 TYPE-Sのダンパーをビッグボアに変更したので、手元にTRFダンパーが1セット余ってる。これをM-08につけるってのが良いんじゃないかなぁなんて思うわけだが。

    一応M-08のカーボンダンパーステーは、TRFダンパー用と言うのが売られている。でも私はM用のカーボンダンパーステーをすでに付けちゃってるんだよなぁ。でも、M用はノーマルの樹脂と同じ穴位置なんだけど、ノーマルはツーリングサイズのCVAダンパーなわけで、別にこれにTRFダンパー付けても問題ないよな。

    とかいろいろ思ったり。とにかくダンパーを早く出荷してくださいよタミヤさん。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月6日(火) - 結局戻す - 

    TT-02 TYPE-Sのメインシャーシを先日ハードにしたが、ノーマルに戻した。

    TT-02に試せるオプションは全部試しているし、せっかく買ったオプションを使わないのはもったいないので、付けて悪化しないかぎりはそれを使う。メインシャーシのハード化はフィーリングが変わが、速くはならないという結果だが、なんかこれを使い続ける気にならなかったのである。

    一番大きいのはネジ穴が固くてメンテしにくいってことかな。固いことは逆にネジ山をつぶしにくいメリットと考える人もいるだろうが、私はそうじゃないなぁ。ハードシャーシだとネジがスルスルと入っていかないので手が疲れる。電動ドライバーを使っている人ならハードの方が良いと感じるのかもしれないが。

    いろいろ考えたのだが、グリップが高いほど、シャーシの剛性がフィーリングに影響を与えると思うんだよね。タミチャレタイヤだとグリップが低いから、剛性の影響を受けにくいって事なんじゃないかなぁ。TA08の剛性が低いのは、タミチャレ専用マシンとして考えた場合、剛性を下げてでも軽量化をした方がメリットがあると考えた結果なのではないかと思ったり。

    ついでにサスアームを新しくして、ガタを取った。サスシャフトが通る穴は使っていくうちに徐々に広がっていくので交換が必要。リバサスについてはもともと穴が大きめらしく新品でも多少ガタがある。その後出たTRF418やTRF420のサスアームは穴の精度が高くてガタがほとんどないので、この辺りが走りに影響を与えているのではないかと思ったりしている。リバサスでも、穴の内側に瞬着を塗って、3.02mmのドリルを通してガタを無くせばガタは消えますよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月5日(月) - キャンバー再考察 - 

    昨日書いたM500GT2Rにおけるキャンバーの話、もう少し突き詰める。

    ネガティブキャンバーが大きいとロールしやすくなる。ツーリングだとロールしすぎると横転するわけだが、ダイレクトドライブはリヤ側はロールせず、重心が低くて、フロント荷重が少ないので、フロントの跳ねという現象になると考えらえる。なのでネガティブキャンバーを減らした方がフロントグリップが抜けてガタガタなりにくい。というのが昨日の考察だった。

    でも、一昨日の現象では、アッパーアームのシャフトの傾き(迎角)を10度から5度に変更したらガタガタが収まっている。この傾きが大きい方がサスが沈み込んだ時にキャスター角が減る=ネガティブキャンバー角が減るということになるのだが、逆のことが起こっている。

    気になったので実物をよく見たら分かった。仰角を変えるというのは、マウントの取付に使うネジ穴を変えるという事だが、これをすると同時にアッパーアームの位置も前後に動いてしまうわけだ。測ってみると、仰角10度の時はキャスター7度だったのが、仰角5度の時はキャスター5度くらいになってた。同じキャスター角で仰角のみを変更するなら、同時にキャスター角の調整も行わないと行けなかったようだ。

    なるほどね。やっぱりキャスターを減らしたことで、コーナーリング時のキャンバーが減ってガタガタが減っていたらしい。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月4日(日) - グリップとキャンバーで考えた - 

    なんか体の調子が悪くてめちゃくちゃだるい。今日フォートナイトのワンタイムイベントのために妙な時間に起きたのと、寒いってことが原因が。呼吸器系に異常がないのでコロナとは関係ないだろう。

    寝ながら昨日のM500GT2Rでの挙動について考えた。ガタガタとスピン。

    私の結論は、おそらく前タイヤのグリップが高い事が原因。現在後ろがKM20、前がKM24だが、前はもうワンランク固いタイヤにしてもいいのかもしれない。

    ポイントはキャンバー角だと思う。タイヤ、というかホイールが路面に対して垂直な状態になっている時が一番接地面積が大きくなるのでグリップが上がるのだが、車はコーナーリング中はロールする(遠心力で傾く)ので、その時ホイールが垂直を維持することができなくなる事をどう調整するかと言うのがキャンバーの話だと思う。

    昨日やった事を思い出す。

    まずリバウンドを減らすと、ロールしにくくなる。イン側が上がらないので、その分早くアウト側が沈み込んで強くお路面を押さえつけるので、グリップが上がったと考えられる。

    キャスター角はステアを切った時にキャンバー角を変化させる。左に切れば、左右両輪とも右に対してネガティブキャンバーを増やす方向に傾く。これによって、車がロールしても路面に対してホイールが垂直になることができる。

    アッパーアームのシャフトを前に傾けるセッティング。これはサスが沈みこんだ時にキャスター角を減らすことになる。ステアを切るとキャスター角によって、ネガティブキャンバーが増えるが、そこからサスが沈むとネガティブキャンバーを減らすことになる。これは前グリップを落とすことに作用する。

    キャンバー角を増やすセッティング。これはガティブキャンバーをつけると、車がロールしやすくなり、ロールするほどグリップが上がることになる。ロールしてキャンバー角が0度に近づくほどグリップが上がり、更にロールして外側に傾けばグリップが落ちる。

    ダイレクトドライブ車の場合、前タイヤにはブレーキが働かないので、コーナーリング時は前タイヤは100%横グリップに使われる。その上、前か軽くてタイヤを路面に押し付ける力が弱い。ネガティブキャンバー状態であれば、遠心力を受けるほどグリップが上がり、グリップの限界を超えたら、跳ねてロールが戻る。そして再びロールしてグリップが上がり跳ねるというのを繰り返す。

    その跳ねが起こる前に、キャンバーがポジティブ側に振れるようにすれば、ロールするほどグリップが落ちることになって跳ねは収束方向になる。逆に跳ねが起こらないほどグリップが強いと、前グリップが強すぎてスピンしてしまう。そんな感じじゃないのかね。

    なので、跳ねない程度にグリップを落とし、スピンしない程度にグリップを落とし、アンダーに苦しまない程度にグリップを挙げればいいのだが、これが難しい。

    で、これはタイヤの種類によっても変わると思う。現在はモールドインナーを使っているけど、これがスポンジインナーだとキャンバーによる変化が鈍くなるので影響が小さい気がする。跳ねについても、もしかしたらスポンジインナーだと影響の出方が違うかもしれない。

    さらにスポンジタイヤだったら、キャンバー変化させない方が偏摩耗しないことから、キャスターよりもトレールでハンドリングを調整したりするんじゃないかね。

    あと、ツーリングだとアッパーアームの取付位置を変更することでロールしたときのキャンバー変化を味付けできることから、そこだけでコントロールできる可能性もある。あとコミカルバギーなんかは前タイヤがラウンド形状なので、キャンバーが変化してもタイヤの設定面積が変化しない。

    まぁそんなわけで、現在グリップの高いので、グリップを落とすようにセッティングすると良い方向になっていると言える。だが、そんなことをするより低いグリップのタイヤを使えばいいのではないか。そう思うわけね。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月3日(土) - キャンバーが効く - 

    TamTam神戸行った。先週と比べていきなり真冬モードになったのでいろいろ変わりますなー。

    TT-02 TYPE-S

    私のTT-02 TYPE-Sはフルオプションと言っていい状態だが、唯一オプション化していないところがある。メインシャーシだ。TYPE-SRも、もうすぐ出るTYPE-SRXもハードタイプのシャーシ。これらの商品は価格の制約のある中で有効なオプションを厳選しているはずで、その中でハードタイプシャーシを入れているという事は、効果的アイテムとメーカー判断が判断しているということなのか。

    私も以前ハードタイプは試したのだが、クラッシュして割れてノーマルに戻したのだが、その時はノーマルの方がフィーリングが良いような気がしたんだよね。サスアームについてはカーボン入りは明らかに動きが違うのだが、TT-02のメインシャーシはノーマルでも十分固いと思うので、ここからさらに固くする意味がどれだけあるのかよく分からんのよね。

    でもTT-02も相当走りこんでいるので今なら違いが分かるかもしれない。というわけで今日試す。今試す。とはいえ微妙な差を感じ取るには、同じ日に比較しないとダメなんじゃないかと思う。というわけで、現地でメインシャーシを交換する事に挑戦してみた。TT-02なら何とかなる…はず。

    まずはノーマルシャーシで走行。そしてそこからハードシャーシに変更した。シャーシには家で予めネジ山タップを切っておいたのだが、最初の5mm程度しか掘ってなくて、あとはネジ自身で切り込む予定をしてたが、ハードシャーシはネジが固いので難儀した。以前やった時はタッピングビスだったのでね。特にアルミビスのところは、ビス側の六角穴が舐めるんじゃないかと思うくらい固い。不安になったので、アルミビスを使う所だけ奥までタップを切り直したんだけど、1か所2重タップを切ってしまった。マイガッ!

    1時間10分で交換完了。早速走行した感想は…。なるほどステアリング操作がマシンにダイレクトに伝わるような感じはある。ラインの微調整はしやすいんじゃないかなぁ。これがクイックすぎるという意見もあるようだが、そこまでじゃないと思う。まぁ今使ってるタイヤが溝が終わっててグリップが無いからかもしれないが。

    初期反応だけじゃなくて、バックストレートへの立ち上げりでのアンダー感が無くなったというか。なので特に高速コーナーでイン寄せる修正がしやすく、この辺は気持ちよくなった。

    ただ、なぜかタイムは落ちた。コーナーリングもスパッと決まるし自分ではうまく走れている気がするんだけど、なぜか遅い。前半で勢いよく向きを変えた分、そこで失速しているという事だろうか。3パック程走らせたが、いずれもノーマルシャーシの今日のタイムを更新できなかった。

    ハードシャーシを前提にセッティングを煮詰めれば、伸びしろはあるのかなぁ。

    M500GT2R

    コーナリング中にガタガタ跳ねるのを何とかしたいので、また思いついた案をいくつか試した。

    フロントのリバウンドを減らす。現在のリバウンドは1.2mmくらい。これにナックルの下にスペーサーを入れて0.5mmくらいにしてみた。リバウンドを減らすとグリップが減るんじゃないかと予想してたが、逆にステアの初期反応が超クイックに。前グリップが上がった感じになった。曲がりすぎるのでコーナーでスピン気味に失速する事も。しかしグリップが上がった分、ステアを切る量を減らせるので、アンダーを出さずに走ることも可能なんじゃないかと頑張ってみたが、結構難しい。結局ガタガタは変わらない。その後元に戻した。

    アッパーアームのマウント部のシャフト。これの前寄りに入れている0.5mmのスペーサーを後ろ寄りの入れ替える。これでアッパーアームが0.5mm後ろにずれるので、キャスター角が増える。これは動きが滑らかになった感じ。滑るように曲がる感じになった。しかし、コーナー出口の立ち上がりでスピンしやすくなった気がする。その後元に戻した。

    アッパーアームのマウント部のシャフトは水平ではなく、斜めに付いているのだが、この角度は5度と10度で選択できる。説明書は10度だが、これを5度に変更。これは明らかにガタガタが減ったと思う。滑るように転がる。いい感じだ。

    キャンバーを変更。説明書通りだと1度くらいだが、2.5度まで増してみた。そしたらまともに走れず。すぐにスピンしてしまう。

    その後少しずつキャンバー角を変更したが、キャンバーを減らす(垂直に近づける)ほどアクセルオンの時のスピンを抑える方向になる事が判明。最終的にキャンバー0度になった。

    なんでこうなるのかは不明なので、今後考えてみる。

    XQ2S

    走行音がうるさいのを何とかしたいと思い、先日スパーギヤをカワダのスーパーEXに変更した。イイ!コレはイイ!先週までの加減速のたびにギュワンギュワン鳴ってた騒音が無くなり、シュルルルーッって感じのベルト車らしい走行音になった。

    素晴らしいぞカワダのスーパーEX。高精度ギヤの謳い文句は伊達じゃない。これは他の非タミヤ車もこれに換えたくなった。

    M-08

    先日完成したアルピーヌA110で走行した。これまでカルマンギヤだったのでL寸からS寸へ変更。すっかり冬なのでタイヤはAにしてみた。

    ストレートがふら付いてしまう。D/Lを下げたりして何とか対応。タイヤが温まってきたら何とか走れるようになった。やっぱS寸は難しいっすな。

    もう少しハイグリップにしたいのでラジアルハードに変更。パイセンおすすめのフロントだけソフトインナーにして走らせたらアンダー過ぎて絶望的だったので、前後ハードインナーにした。走れてるけど遅い…。過去のベストラップより0.5sほど遅いが、今までM-08って冬場走らせたことが無くて、この時期このタイヤでのタイムが速いのか遅いのかよく分からん。

    それにしてもこのアルピーヌA110。家で見ると割とカッコいいのだが、ここで走らせると印象違うなぁ。やっぱS寸って横から見た時すごく小さい。車高も低く設定したつもりだが、なんか腰高でディフォルメされたおもちゃ見たいに見える。なんか思ってたのと違う。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月2日(金) - 昔クリアできなかったゲーム - 

    風来のシレン。クリアするのに16年。

    元々シレンもトルネコも発売当初やったことは無い。ローグならパソコンでやったけど。2006年にNintendoDSでシレンが移植されて、その時買ったんだけど、結局クリアできなかったんだよな。最近通勤中にやる事が無いなと思ったので、手軽に何度も出来ていつでも中断可能なゲームをやろうと思って、初代シレンのスマホ版を購入した。

    でまぁ何とかクリアできたわ。実は息子がコレにハマってしまって、YouTubeで色々知識を得ており、上位階層では息子と相談しながら進めて行ったら出来たって感じ。親子2代にわたって目標を達成したような気がする。

    でも、最初のこばみ谷なんてこのシリーズじゃ序の口なわけで、この後2周目もあっさりいけた。このゲーム、漫画の主人公とか良く言う、あきらめなければ道は開けるとか、絶対に勝つという覚悟があれば勝利できるとか、そういうのが本当だと信じられる気がするね。負けたと思ったら負ける。不確実なことはしない。それを徹底する事の大事さよ。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    2022年12月1日(木) - Mr.スパイ - 

    先日、スパイファミリー流行ってるけど何ぞって書いたけど。

    嫁のママ友がスパイファミリーの漫画全巻持ってて貸してくれたらしく、現在我が家にある。とりあえず2巻まで読んだ。インクレディブルファミリーみたいなのを想像してたが大分違ったわ。いやインクレディブルファミリーも観てないけど。

    ところで嫁の別の友達もスパイファミリーは全巻読んだらしく、意外と浸透している事に驚き。息子もどんどん読み進めているので、面白いんだろうね。

    私はアーニャが入学できたあたりで興味が止まってしまったけどね。いや面白いと思いますよ。ただ最近マンガ読むのが疲れるんだけど老眼だからですかね。

    そういえばアニメ版のOPテーマを「ナッツアンドミルク」とか言ってボケてりしてたんだけど、「ミスターナッツ」って言いなおしたら、「ミックスナッツ」と息子に突っ込まれた。これはマジボケだった。

    拍手...
     ↓ついでに一言あればどうぞ (無くてもOK)
    by
    (レスには名前は出しません)

    ※:日記の拍手はJavaScriptを使用しています。
    TOPへ